取り急ぎ報告します。


琉生の手術が無事に終わりました!!

先ほど無事に手術が終わったと先生から連絡があったようです。


手術は一回でしかも麻酔の冷めも良かったようです。


よかった・・・・


大丈夫だとは信じていたけどね♪



でも、手術よりも術後の感染症や合併症の方が怖いらしいので、3日くらいまでが勝負!

でもでも、とりあえずは

一安心やよね。


うんうん、よかった。


心配してくれた皆さん、本当にありがとう!!


とにかく無事終えたこと、喜んでくださいね!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

バナー









今日は、と~ってもと~っても長文です。
なので乱文になってて読みづらいかも?

でも、私の思いやこれからの事を、今をここに記します。



保護をしたのは今から2ヶ月ちょっと前。

末期の肝臓ガンだといわれ捨てられた琉生。

腹立たしさの中、考えた。
看取るなんて、そんな強さ私にあるのか?
芽生の死でも辛かったのに、頑張れるのか?

最後まで悩んで、悩みまくって・・・看取る覚悟で保護を決めた。


だけど、診察で肝臓にガンはなく、未来が明るくなった。

しかし、その後の検査で
門脈シャントと言う病名宣告を受けた。

ガンでなかったにしろ重大な病気。

ただ、手を尽くす方法が無いガンではなく
助かる可能性のある病気。

だから、なおさら心に重くのしかかった。

こんな事を言えば酷いと思うかもしれないけど
ちょっとだけ本音を言えば・・・ガンって言われた方が気が楽だった気がする。


保護主だけど本当の親ではない。
家族ではない。

そんな私が決断し決めるものなのか?


私がしている事は、犬の命を救っているわけじゃない。

たくさんの子が居て、命を救うなんて
そんな大それた事をしてるなんて思ってもいないし実際していない。

だから見送ってきた子もたくさんいる。

私の役目は・・・少しでもチャンスがあるのなら
新たな人生を歩めるよう手を貸すだけ。
本当の家族へと繋げるだけ。

そんな橋渡しだけ。
ちっぽけな事。

だから、私が保護した子は未来へつなげないといけない。
家族を見つけることが私の役目。

命を救って終わりではない。


だけども、もうダメだと思う子でも
こんな冷たい場所で苦痛に逝くのなら
せめて暖かい場所でと思ったことも何度もある。

胸が張り裂けそうになった事もある。

でも、私にその勇気は無い。
自分を、家族を犠牲にしてまで、私は出来ない。
病院で・・・と思うほど、そんな強さも持ってない。


せめて救える子だけ。

だから私がしている事なんて高が知れているって
いつも思っていた。

だからね、頭が下がるとか、尊敬とか言われるのは苦手。
そんな偉そうな事していないから・・・


でも、それでも、保守的にならずに、安全な橋だけを渡っているのではなく
私なりに努力し、少しでも多くの子を未来へとつなげたい思いで
雑種だって、大きな子だって、シニアだって、病気の子だって、
少しでも可能性を見つけて
私なりに決断して保護してきた。

だから、諦めた事は無かった。


自分が信じた可能性を信じ、いつだって希望を抱いていた。


ただ・・・琉生の事は本当に悩んだし
病気が分かった時、私がしたことは本当によかったのかと迷ったりもした。


この子に里親は見つかるのか?
大きな病気が見つかり、命に関わるような病気で
きっと見つかるわけが無い、と殆ど諦めていた。

それに、琉生が犬達を怖がり、自分の家に置けず
自分が看取ろうと思った子を、それを他の人に預けてそれでいいのかと・・・


色々な葛藤や不安、悩み。


それでも、ほんのわずかな希望でも
もしかすると本当の家族が見つかるかも知れない。

無理だろうと思いつつも願いを込めて出した募集。




琉生
琉生





それが・・・

琉生に目を止めてくれた方が居た


他の子ではなく、健康な子ではなく、たくさんの問題を抱えた
病気のガウガウ犬の琉生に。


その瞬間、私の中に一筋の光が差しました。
それがだんだんと大きな光に変わっていって、心は躍っていた。



一度は他の子に希望を出した方。
それなのに、琉生が気になり、申し出を辞退。

わざわざ病気の子を選ばなくても・・・
手術にお金がかかる子を・・・
噛み付くややこしい子でなくても・・・

家族の意見、それが普通の反応。

でも、この子がいい。
琉生がいい。

琉生じゃないとダメ。

そう思ってくださったんです。


ご自分でも、何故だか分からないって言ってました。



運命的な出会い。





琉生は今でも笑っている





言葉にすればなんか陳腐だけど

でもね、私は今日お話してそう感じたんです。


きっとこの人は、運命の出会いをしたんだと。


嬉しいのは当たり前だけど、でもね

なんだか羨ましい思いを感じたんです。

そんな運命的な出会いをしたことを。

そこまで思える子に出会う。
私もいつかそういう出会いをしたい。

そんな風に思いました。



琉生の事を本当に愛してくれる飼い主が見つかった。

私たちよりも、もっともっと深い愛情で琉生を愛してくれる方が。


今日ね、一緒に居て気づきました。

里親様はもうすでに飼い主になっていました。

病気のせいで何度もマーキングをしてしまう琉生。
それを見て、何度も謝り、拭き掃除。

久々にガウガウして私に噛み付こうと(実際噛み付いた(汗))
その時にも謝った里親様。

それを見て思ったんです。

もう、うちの保護犬ではなくなっている。

完全に里親様の、「うちの琉生」になってるって。


私の言ってる事分かりますか??


それを聞いた時、とってもとっても嬉しかった!



里親様の腕にはすでに噛み跡があります。

それでも、笑ってるんですよ。

それでも可愛いって言ってくれるんです。

俺は琉生に噛まれてないから俺が好きなんやで~、と旦那様。
最初は怖がっていた長男君も、琉生は俺が好き、と

皆が琉生を愛し始めてくれました。




琉生は本当に幸せもんです!

いや、本当は私が幸せもんなのかもしれません。



優しい顔の琉生
優しい顔の琉生






そんな訳で、琉生が
今日を持ってリスタートを卒業しました。


本当の家族の下へ旅立ちました。





琉生に本当の家族が出来ました
琉生に本当の家族が出来ました




今日は病院へ行くので我が家に来てくださいました。

で、シッカリと正式譲渡も交わしました。

病院へも行き、治療や手術のお話もしてきました。


そしてRe:Startの琉生ではなく
あらたに○○琉生とカルテを作成。


それを見て、本当にこの人の子になったんだ・・・と実感する反面
まだ・・・なんだか夢を見ているような気分。


でも、これは事実なんですね。
まだ、ちょっと変な感じですが・・・




久々に次男と再会
久々に次男と再会





wan 13644





琉生の為に涙し、応援し、そして力をしてくれた方。

今まで本当にありがとうございました。

琉生に本当の家族が見つかりました!!



琉生の家族!





でも、これで私の役目は終わりではありません。

里親様が手術をしたい意向を申し出ました。


少しでも可能性があるのならと・・・
今の痩せた体、制限しないといけない食事、いつまで生きられるか分からず
弱っていく様を見続ける選択ではなく

手術をし元気になる選択を。

里親様は信じています。
成功し、元気になる事を。



wan 13636



里親様が決めた事です。

だから、私は応援します。
出来る限り手助けをし、一緒に戦い、見守る事を決めました。



家族は見つかったけど、これでゴールではありません。
これからが始まり。
そして、琉生の戦いもこれからです。


これからも琉生の報告はしていきます。
今後も応援よろしくお願いします!!




琉生、またね~





にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

バナー








とっても長い記事になってしまいますが
どうか最後まで読んでくれると嬉しいです。


この中だけでは全部を伝えられないけれど・・・


昨日、琉生は未来への一歩を踏み出しました!




実は、先日
1件のアンケートフォームが入ってきました。


誰に?と名前を見ると
そこには「ルイ」と。


驚きましたよ~~!


犬を飼いたくてパピヨンを探している時に
琉生に目が留まった事。

自分が犬飼い初心者な事。

病気の事。

お世話が出来るか不安な事。

手術の事。

費用の事。

すべてを含め、初心者のあたしがお世話をしていけるのだろうか?
一緒に暮らせるのだろうか?

答えが出せないでいる事。

でも、だけでも琉生と過ごしたいと思っていること。

それはそれは正直に書いてありました。


正式な里親希望メールではなかったけれど、
それでも、琉生の里親になりたい、と願ってくれた人がいる、
その事だけで私は嬉しくて嬉しくて・・・


その方と電話でお話しました。
いっぱいいっぱい色々な事を話しました。


初めての犬飼いさんである上に、特に琉生は
簡単に誰でも扱えるという子ではありません。

少々ややこしい子です。

恐怖ゆえに口が出る子です。

その上に門脈シャントと言う病気もあり、軽度の前立腺肥大も持っていて
トイレも頻尿でマーキングをしてしまう上に
マナーベルトが怖くて出来ない子。

外すのは一瞬でいいですけど、巻くのは一人じゃどうしても無理。
見せてしまうと、怖くて何かされると思い噛もうとする。
マナーベルトを見せないで巻くには誰かの手が居る。

なので、トイレが大変な子です。

しかも病気で、食事や今後の治療や手術。

それだけのものを抱えた子を前に、初心者の彼女に
それでもすぐに結論を出してなんて言えませんでした。


でも、少しでも里親になりたい、琉生と共に生きて生きたいと
そう少しでも思う気持ちがあるのなら、まずは一緒に暮らしてみませんか?
と提案させてもらいました。

少しでも望みがあるのなら、それは意味のあるものになる、とそう信じて。


一緒に暮らして、それで自信が付いてからの返事でも私は構わないと思いました。
自分に出来る、扱える、やっていける、。
その自信が付き、ハッキリと自分に答えが出たときで構わないと。


言葉で表現するとしたら、期限を決めないトライアルかな。

気負わないでいい。
本当に自然に暮らしてみて欲しい。

それで決心が付いたらお返事ください、と。

もちろん、これからの病気の事も費用の事も一緒に考えていく、
里親になったからといって、そこで終わりにはしない。
それも伝えていました。


その後、琉生の扱いについて何度か話したけれど
琉生の扱いにくさを話しても、尻込みせず
反対にやる気満々になっていき、頑張ると意欲を見せてくれたりもしていました。



きっと、結論を急がないようにした事で
希望者様の気持ちが少し楽になったと思います。


そして今日お見合いへ向かう前に、もう一度彼女にちゃんと確認もしました。

一生懸命お世話してくれたぼんじぃちゃん。
もしかすると預かりとしての枠を超え本気で琉生を愛してくれているかもしれない。
迎えたいと思っているかもしれない。
そんな思いで居るのなら、このまま希望者様に託すわけには行かない。

今ならまだ間に合う。

以前にも確認したんだけどね(^-^;
で、もう一度出発前にも彼女の気持ちを確認。


それで、私の心も決心が出来ました。

可能性がセロならば、進む事はしなかった。
だけども、そうではない。
このまま居てるよりも、少しでも可能性があるのなら
それに望みを託したい!

未来への一歩として踏み出したい。

そう思い、希望者様の下へと出発しました。



私とぼんじぃは、まずはこのお見合いでダメになるかもしれない。

生の琉生を見て尻込みしたりして、想像して居るより酷かったりして
トライアルさえ入れないかもしれない。


まずは扱えなくては始まれない。
それが頭にあり、どうなるか予想も付かなかった。


だけど、帰るときには、半分以上が期待や希望に変わっていった。

だってね、すでに里親になる気満々で居てくれたから。


実際に会うお二人は、とってもゆったりしていて
明るく前向きなご夫婦でこの方達なら大丈夫!と希望を貰いました。



と、そんなこんなで、琉生は今、希望者様の元に居ます。

トライアル2日目です。



で・・・あのね・・・



ぼんじぃも私も写真一枚も撮ってません。
っていうか、忘れた・・・


車乗る瞬間に気づきました(^_^;)



いい訳になるけれど
だってね、二人ともそんな所ではなく必死。

琉生の事を少しでも詳しく伝える事や
扱い方や、いろいろな事を必死で話していて
写真を撮る・・・と言う頭は一切消えていた。


あはは…





帰ってきてから、すぐさまメールが届きました。



パジャマの上でねんね中
パジャマの上でねんね中




ベッドより、希望者様のパジャマの上でお休みしているそうです^^





今日も電話で話しました。

とっても人懐っこく、皆ところに寄って行ってるそうで
家族みんなが琉生に甘えられて嬉しいそうです。



すでにガウガウも経験された希望者様。
でも、笑ってました。




今、私は思います。

未来への一歩を踏み出した琉生。
一歩でもすごい事なのに
琉生はこのまま幸せへの道へ一直線へ進むのではないか。

琉生が幸せになる日は近いのではないかと・・・




だから希望を持って祈りたい。



私は祈る
琉生がどうか幸せになれるように





笑顔の似合う琉生
笑顔の似合う琉生




琉生がずっと笑顔でいられますようにと・・・



みなさんも応援してくださいね!



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

バナー








遅くなりましたが・・・

琉生の検査結果ですが
CTで更に詳しく調べて分かりました。

病名は門脈シャントでした。


肝機能不全になっている原因は門脈シャントだから
門脈シャントは手術をすれば完治する道も開ける可能性はあります。

しかし、簡単ではない手術です。

リスクがたくさんあります。


手術について・・・


○微妙な血管の手術なので、手術の難しさや成功率もタイプにより様々。
リスクを背負った一か八かの手術です

○元々肝臓の機能が低下している動物に麻酔をかけて手術を行うことはある程度の危険性が伴います。

○危険性は手術を受ける動物の年齢や状態によって様々で
手術が成功しても麻酔から覚めない場合や術中死も起りえます。


○術後に肝臓の血流が急激に正常に戻ることで腹痛,腸重積,腹水貯留などが激しくなり
再手術が必要になることもまれにあります。

○また,手術しても完全に肝臓の機能が回復しない例や、
一旦回復しても徐々に肝臓の機能が低下してしまう動物もまれですが存在します。
術後も肝臓の機能を定期検査で確認する必要があります。

○その上、病態により 1 回で完全に閉鎖できない場合は
1回目の手術である程度まで異常血管を細くして、
数ヵ月後に2回目の手術を行い完全に閉鎖します。

○手術後は様々な問題が起こります。

○手術してもまたシャントが出来る可能性がある。

○手術を行なうなら1歳未満なら完治率が高くなる。
2歳以降に行なうよりも治療成績は良い事がわかっています





琉生は4歳。もう5歳かもしれない
4歳の言えば若いと思いますが、4年間も肝臓がこの状態だと考えれば
手術するには遅い方になるらしく、危険性も高いとの事です。

しかも琉生の肝臓は数値で言えばかなり悪い方です。
この状態での麻酔は非常に怖い。

CTを撮る時に琉生は全身麻酔をしました。
肝臓がかなり悪くなっているので、目覚めないかもしれない。

それに、肝機能不全の子に体に害があるものを入れた場合
解毒、分解、出来ない。

そういうリスクもすべて承知させられました。

それだけでも怖かったです。

たかが10分程度の麻酔の量でも、1時間半も目覚めず
目覚めても意識もうろうとしていた琉生。

普通の子ならすぐに目覚めるらしいのです。


費用は1回ですべて順調にいって術後の検査や通院で30万以上。
これだけでも高額。

しかし2回の場合はさらに大きくなる。


手術をする・しない。
人それぞれ考えはあると思います。



里親さんになる方がどんな選択をするかはそれは分からない。
その時亡くなるリスクがあってもこれ以上悪くならない可能性があるのなら
手術をしたいと思う人も居る。
手術をせず出来る事をしつつ寿命まで付き合うと言う人も居る。

でも、今は私が保護主。
私が決めなければ・・・・

もし我が子だったらどうするか?

私だったら・・・

なってみないと分からないしその時の状況やいろいろな判断材料で違ってくると思う。

手術をしてそのまま目が覚めなかったら・・・そうなるのなら
それならたとえ1年でも2年でも一緒にいたい。

希望が開けるかもしれない手術だけど
それで死んでしまうのは嫌。

そうなったらきっと後悔する。

でも手術をしたらもっと生きられるかもしれない。


きっと悩みまくると思う。
簡単に答えなんて出せない・・・。


だからうちの子がそうなってしまってどうするか?なんて今は分からない。

色々考え悩んだ上、
私は手術をしない選択をしようと思っています。

私は琉生に外科的治療ではなく内科的治療を選ぼうと思っています。


食事療法、内服。
それで寿命まで付き合う道を。


今、琉生は元気です。

あえて危険な賭けに出るより、今を精一杯生きさせたい。

あの時、琉生を保護しなければ琉生の犬生は終わっていた。

もともとガンと言われ、それなら命あるまで付き合おう、と保護した。

そう考えるとね、こうして今生きていて
楽しそうに笑っている姿は奇跡だよね。


それにね、この子の生命力を信じたいんです。
手術をしなくても今9歳の子が居ると教えてくれた。

そう、病気だからって日に日に悪くなるわけじゃない。
症状が出ぬまま長く生きる子も居るし

それに短い犬生だったからって不幸なわけじゃない。

内科的治療もかなり成果があることも実証されています。

食事療法、これはかなりの方が実践し効果があるようです。
アミノ酸などのサプリも有効的だと聞きました。

それらで今と同じような生活を送れる可能性もかなり大きい。




それに賭けたい!


決断した今でも、たくさんの不安や問題はあります。

今後琉生をどうするか?

こんな状態で里親募集は出来るのか?
果たして里親さんは見つかるのか?

うちに戻すか、この事を踏まえての一時預かりさんを探すか?
里親探しは辞めて終生一時預かりにするのか?

考えないといけない事や決めないといけない事が多々ありますが
もう少し時間をかけて考えていこうと思います。



命ある限り精一杯生きよう!
命ある限り精一杯生きよう!




にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

バナー








人和の旅立ちに本当にたくさんの言葉ありがとうございます!

こんなにもたくさんのコメントが入るなんて・・・

人和君はやっぱりみんなの奇跡の子だったんですね。



笑顔で送り出したその日。
夜寝るときに、いつも横のベッドで寝てた人和が居ない。

それを見たときに初めて寂しくて寂しくて、思いがあふれてきました。

ちょこまかといつも私の後を付いて来ていたのに
後ろを振り返っても白い姿がない。

人和が居た時の残像がハッキリ残っていて、思い出したりもしてました。


ちっちゃいくせに大きな存在感を残していったんですね。

あたしの胸にたくさんの思い出をいっぱい刻んでいった。


にくい奴だな(*^▽^*)



でも、私の願いは唯一つ。

人和が幸せになる事だけ!

人和が幸せならそれでいい。
それが私の幸せだから。


本当に長い間応援してくださった皆様、ありがとうございます!

人和や芽生の為に物資や支援してくださった方ありがとうございました。

あたしの世話や愛情だけでなく、
皆の愛情そして皆が見守ってくださったおかげで
人和が幸せに旅立つ事が出来たんです。


本当に今までありがとうございました!


これからも人和だけでなく、
幸せを掴もうとしている子達の応援をよろしくお願いします。





もう少し感傷の日々を過ごすかなって思ったけど
そうも言ってられないんだぁ。

明日、また新しい子が2頭もやってくるからね。

でも、明日ってまた台風だけど大丈夫かな?
でもね、これ以上送らせてしまうと、また連休で来週に延びてしまうし
明日しかない。


子犬の陽菜だって、どんどん大きくなる時で
早く募集しないといけないのに何の準備も出来てない(^-^;




そして、今不安な事もあります。
実は22日は琉生の大きな検査があります。



そっちいってもいい?



実は前の肝臓の検査はとっくに出ています。
結果を報告がてら22日の検査の事もお話しようと思ってたのに
遅くなってしまいすみません。

食前食後の数値を調べる検査をしました。

ハッキリ言って検査の結果はよくありませんでした。
かなり悪い・・・

薬で治療・・・というレベルではないと言われました。


出された病名は「肝機能不全」


でも目視できるものと言えば痩せている事だけ。

黄疸も、腹水も、食欲減退も、下痢もない。

しかし病気には違いない。


ただ今の段階では、どこまで機能するのか?
どうすれば寿命を延ばせるのか?
他の手立てはないのか?
門脈シャントの疑いもある。
余命となればどのくらいか・・・

それらが詳しく分からない為に今回、CTを撮って検査をします。
細胞検査や他の検査もするかもしれません。



その事も今は気がかりですが
今、琉生は本当に元気です。


なんやかんや言っても憎めない


一杯食べてるし、いっぱい走り回ってます。
楽しい~~~♪って体全部であらわしています。


それに、今じゃぼんじぃの所でややこしい噛み付きっ子はかなりの変貌を遂げています。

我が家でも、普通に抱っこできるし随分とましにはなってたけれど
物への克服だけは対処していなかったからそのままに・・・。


きっと以前の琉生を知らない人は分からないと思うけど
物への恐怖はすごかったんです。

ブラッシングしてる動画、あれを見た私はすごくビックリしたもん。
手には攻撃しない琉生だけど、ブラシに対してすごい顔して噛み付いていってたんですよ。


今のルイルイの可愛い様子を見てあげてください


本当に変わりつつある琉生。

とっても穏やかになってきている。

こんなにも今を生きている。

まだ4歳。


検査を受けるまで
今は出来る事をしています。

フードを辞めて手作りの炭水化物中心(お野菜中心)の低蛋白ごはん。
添加物などは体に入れ込まない。

今の琉生は害のある物質を代謝、解毒、分解できないから。

ぼんじぃが手作り食頑張ってくれています。


また22日の検査が出次第、きちんとご報告しますね。




憎めない可愛い奴です♪




よし、まずは明日頑張るぞ!



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

バナー