今日の昼間、仕事の途中で帰ってきた旦那と久々にラーメン屋に。


いつもの美味しいラーメン屋ではなく
近所に出来たラーメン屋に行って見ることに。


・・・暑い。

・・・・・・暑い。


店内なのに、とにかく


暑い~~~~!!!


汗が吹き出る。


ラーメン食べたら更に暑さが増し
早くこの店から出たいーーーーー!って気持ちになった。


しかも、美味しいとは思えない普通のラーメン。


最悪だった。


やっぱり夏にラーメン食べるなら涼しい店内じゃないとね。

もう2度と行くことはないだろう・・・




さぁ、水曜日に保護した、もう1頭のこの子。





DSCF7814





そう、見たまんまの
フレブルです♪





とっても人懐っこく
とっても人懐っこく





甘えん坊ちゃん♪
甘えん坊ちゃん♪









チャーミングなお顔がたまらん~♪
チャーミングなお顔がたまらん~♪






保護したばかりだけど・・・
だけども、すぐ行っちゃいました~~♪



え、どういうこと???と思いでしょうが・・・


実は、龍之介を保護するとき
中には結構たくさんの子達が居ました。

で、どんな子が居たとか
またまクルフィーの面会の時に同行したたまごちゃんと
何気なく車の中で話してたんだけど


すると・・・たまごちゃんが
そう言えば、同じトリマー学校に通っている仲間で
そっち系(?)のワンコがスキだって言う子が居る!って事で、
それとなく連絡を取ってくれたんです。

前々から、犬を飼うなら里親募集されている子で
と思ってくれていたようで、縁があればと・・・ずっと思っていたようです。

たまごちゃん自身も、彼女の人柄以外はあまり知らず
深い会話とかもしてなかったようなんですが
その事を機会にたくさん話すようになり・・・


彼女もたまごちゃんと同様一人暮らしの子でした。

でも、犬か飼いたくて、飼う準備として一人で一軒家を購入!
(すごい!)

自活していてその上でトリマー学校に通っていました。

でもね、よくよく聞くと本当はブヒ系ではなく
ブルテリアが好きだったようで、
それを何故かたまごちゃんが勘違いして記憶していたんですよね(笑)



迎えたいとは思って里親募集なんかも見ていたが
きっと一人暮らしには譲渡してもらえないだろうって思っていたことや
うちに来る子は寂しい思いをするんじゃないかとか、
色々考えてなかなか踏み切れずに居たようです


うちは一人暮らしでも、自活する能力。(金銭的な問題)
住居問題。
そして、近隣に家族が住んでいるなど、何かあれば助けてくれる
フォロ-をしてくれる人が居るかどうか(バックアップ問題)

そういうのを満たしていれば譲渡を考えます。


たくさんのいろいろを話していて、ブルテリアではないけれど
何かの縁を感じてくれた彼女。


その時、性別と、ある程度の性格は私自身触れ合っているので
分かってたんだけど、年齢聞くのを完全に忘れてて・・・

でも、オスでもメスでも何歳でも年寄りでも
病気があろうが無かろうが、構いません!って

キッパリと言ってくれてたんです。


で、結局当日まで年齢を聞くのを忘れてしまっていた私・・・(おいおい)

迎えたい意思はあってもやはり一度面会しないと不安だろうと
水曜日に見て、2日後に保護する予定だったんだけど・・・



すでにベッドを買ったりサークルを買ったり
犬を迎える準備万端で、家のチェックもしに来て欲しいとか
飼い方指導もして欲しいとぬかりありませんでした。

もうどんな子であろうが迎えるつもりだったんです。



初めて会う彼にすでにメロメロの彼女。

その時初めて知った。
彼が10歳だった事。(汗)


それでも、一切臆することなく迎える決心をしてくれ
もうこのまま連れて帰りたいと急遽その日保護決定。

獣医でフレブルを飼う時の注意点などたくさん質問し



そのままうちへ。




買ったばかりのおもちゃを出すと
買ったばかりのおもちゃを出すと







DSCF6874







喜んで、カミカミ
喜んで、カミカミ






DSCF6883






この子ね、シーと出来るんです。
我が家に一旦寄った時、座ってトイレしてたから
あ、この子トイレシートの認識あるはず。って思ってたんです。

そしたらやっぱり・・・







変なもん見せてすんません~
変なもん見せてすんません~





すでにお母さんに




懐きまくって甘えてる~
懐きまくって甘えてる~





DSCF6875






家に帰ってからも吠えないし、トイレで出来るし
こんな良い子本当に私でいいんですか?と彼女は言いました。


とんでもないですよね。
年齢も性別も病気も気にしないって言ってくれて
10歳だと言うのに、
少し皮膚も弱く、ガリガリで痩せていて
後ろ足も少しおかしいというのに

迎えてくれた。


それがどんなに嬉しくてありがたい事か。

そして私たちボランティを介さず、そのまま新しい家族の元へいけるなんて
なんてこの子は幸せで最高な事か。


若くて健康な子を欲しがる方はたくさん居ます。

しかし、シニアを迎えようとしてくれる方や
こういう人は一握り。


私たちこそ、本当に彼女には感謝しています。



もちろん彼女にトライアルなんていりません!


そして新しく名前を貰った「たま」 通称たまやん♪


「たま」は最高に幸せです!!







家族決定!
家族決定!





おめでとう~~!

最高に素敵な里親さんが見つかってホントよかったね。

また会いに行くからね~~♪



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村





バナー