またまた更新できなくてすみません・・・



あずきの捜索ですが、目撃情報などは未だ定期的に連絡が入りますが、発見に至っていません。

皆も仕事や家庭があり以前より活発には出来ないけれど
時間に余裕がある際には目撃情報のあった近辺にポスターを入れたり定期的に折り込みチラシなどをする

お休みや出来る時にポスターなどはったり、古くなったものや剥がれているのを張り替えたりなど
1年、二年と長期的をかくごで進めていけたらと思っています


続きを読む




悟っちゃんね、やっぱり心臓そのものが悪くなったようです。

前回はいつものように触診、血液検査、腹部、心臓のエコー(超音波)
目の検査などを全てしてもらいました。







ボク、検査してん・・・
ボク、検査してん・・・







その際の心エコーの心臓の動きと心筋の数値(CPK)が悪すぎた!


エコーの動画見せてもらったら
「かろうじて心臓動いている??」ってなほどだった。


言われたのは「拡張型心筋症」

これは特に大型犬のオスに多く

特にボクサー、ドーベルマン・ピンシェル、コッカースパニエル、グレートデン
セント・バーナード、オールド・イングリッシュ・シープドッグ、ニューファンドランド、アイリッシユ・ウオルファンド等の
犬種は起こりやすい犬として知られています

コッカースパニエルを除いてほとんど大型犬に認められます
3~7歳くらいに分かる子が多いけど加齢に伴い発生率が高まってきます


悟っちゃんの場合は恐らく加齢によるものですね


心筋症はその原因により数種類(肥大型・拡張型・拘束型)に分類されるけど
悟天の場合は拡張型です


心筋が細く伸びてしまい、左心房と左心室の壁が薄くなって収縮力が低下し
十分な血液を送り出せなくなってしまった病態を言います

まぁ、簡単にいうと
心臓の壁が薄くなっていて肥大していて、収縮率が悪い。


心臓だけでなく、他の主要臓器にも影響を与えてしまう病気です


収縮率が悪かったら血液循環が弱まり、身体に十分な血液を運ぶことができないので
結果として、肝臓、腎臓、 肺などの主要臓器の正常な機能が大幅に損なわれていきます

症状としては

咳、食欲不振、不整脈による唐突な失神、呼吸困難

あと心臓が十分にポンプできないとき、犬のうっ血性心不全が発生して
胸水、腹水、肺水腫
そして突然死を起こすケースもあります。

もうなんか症状のオンパレード見たいやな~



ってな事なんで、その日から「動け心臓!!」ってな事で即、強心剤の投与。


そして3週間後、に再検査。

心臓のそのものが悪いのか、それとも他の病気により
心臓が悪くなっているのかを調べるため、血液特殊検査もすることに。



・甲状腺機能低下症の検査

のどにある甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンの不足により引き起こされる疾患
高齢犬に多く見られる。
比較的安価なお薬で適切な量を投与すれば予後は良好!




・心不全の検査(血中BNP検査)
N末端プロ脳性ナトリウム利尿ペプチド(NT-proBNP)の血中濃度を測定する。


この検査は心臓病マーカー・心不全リスクマーカーと言われ
心室筋の負荷や障害のマーカーとして一つの目安とされています


BNPは(B型ナトリウム利尿ペプチド)は
心室で生成されるホルモンで、心臓に負荷がかかると たくさん放出されます。
健康な子ではほとんど放出されないようです

(ちなみにANPは心房のモルモンの検査で(心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP))僧房弁不全などの
検査の場合は、こちらの方が目安となります


この上記二つの検査をしたんだけど

甲状腺が原因だった場合は、甲状腺のお薬でかなり心臓の状態も良くなるとの事だったんだけど・・・
数値は低いものの範囲内で除外。


で、BNPの結果はと言うと・・・かなり大きな数値が出ちゃいました


数値でいうと2315


正常値    0-900
軽度    900-1800
中等度  1800-2700
重症    2700以上


結構大きな数字やな・・・


全部の検査結果を踏まえると、
完全に心臓自体そのものから来ているのだと判断できました


心臓病の時に影響を受けやすい腎臓や肝臓など(BUN、Cre)
は、去年よりも数値が増えているけれどギリギリ一歩前だったので今はまだOKでした。


ピモベンタン(強心剤)を飲んだから収縮率(FS)があがるかなぁって思ってたけど
たったの3%しか上がってなかった。

まぁ、そこまで大幅に改善するわけはない様なので。

でも、かろうじてギリギリの20%にはなったので、まぁ良しとしようと思う。


心臓だけではなく、これからは特に腎不全にならないよう気も付けないといけない。


ただ、重い症状が出る前に発見することが出来たのが幸い。

でも、これは進行性の病気だから完治も無く悪くなっていく一方です。

いずれは上記に書いた
ありとあらゆる症状が出てくる可能性が高いという事です。



でも、早めに発見できれば症状の進行を遅らせることが出来るのと
治療により症状の軽減や突然死をある程度防ぐことができるから
定期検診などは、やはりかかせない物だと感じます



内臓は目に見えて分からない。
いつものと変わりないからと知らずに、無理をさせてたりして
病気を悪化させてしまい、気づいたときには突然倒れる、手遅れ・・・

なんて事もある。

飼い主としても心の準備が出来ないままになってしまうし・・・


若い時でも1年に一度、10歳過ぎたら半年に一度くらいの検査はしてあげてくださいね。



本当なら半年の検査が今回は4カ月も送れてしまったけれど
それでも、まだ目だった症状が出始める前で良かったと思います。


もちろん今は目だった兆候はなくても
心不全は言いなり起こる事もあり、心臓に負荷がかかりすぎると
散歩中ばたっと倒れてしまう事にもなるようです。

でも、どの文献を見ても

一般的な拡張性心筋症の予後は、残念ですが、通常は治療しても6ヶ月から長くても2年以内に死亡します
とか
内科的な治療の反応がよければ、半年以上の生存する症例もあります。
が突然死が起こりうるので注意です


おいおい、どこもかしこも半年って・・・

まぁ、でもね、心臓病は治るという事はない。
どれだけ進行を遅くするかだけやから。

でも、1年は生き延びてもらうぞ!!
いや、1年半頑張って貰って15歳まで!^^

今後は月一度の検査、日々の状態や様子によって検査し
お薬が追加されたり治療方針も変わってきたリすると思います。


今日はとりあえず、悟天の病気の事について書きましたが
今後は日々の様子や私の気持ちやなんかも載せたいと思います。

まぁ、聞くだけでいいんで聞いてやってください^^

それと、今後は、他の人の参考にもなるように
老犬の事や、老犬の介護などについてもそうだし

これイイヨ、などのグッズや
私が経験した事などもも含め

以前のブログのように普段の日常生活も載せていければいいなと思います。

今後は保護犬だけではなく度々悟っちゃんが登場しますよ~




さて、その前に、あとリスっこ新入生2匹の紹介。

1匹は誰もが知ってると思う
太陽の次に入ってきた子やしね~

だから、次はマルチーズのバニラ。


っていうか、もう保護して3週間になるやんか~~!

はよ出さな。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村





お問い合わせ、希望はRe:Startまで

バナー






私にとっては、Re:Startをするきっかけとなった子であり
私の人生初の犬だから、この子なくしてはRe:Startはない。
だから、シッカリ報告しとかないとね。


悟っちゃんがね、ここ1か月くらいでドンドンどんどん老化が進んでいます。
こんなに一気に来るんだね。

そりゃそうだ。
大型犬だから1年で5.6歳年取るとしたら、人間に換算すれば2か月で1歳は
年取るんやもんね。







IMG_6530







まぁ、耳はデッカイ声でないと聞こえなくなった。

歩くスピードもかなりご高齢の方でも一緒に歩ける程度になり
足をあまり上げられないので爪を常に引きずり

途中ナックリングにもなり

わずかな段差で、つまずいたりよろけたり・・・

あんなにボール追っかけて遊んでいたのに急激に来ました。


まず最初は内階段の昇りで落ちかけてから、それ以来怖がるようになり
その後外階段で、昇るのがに時間と勢いがないと上がれなくなり

ここ1週間前くらいからは、階段降りるのが、足が踏ん張れず落ちそうになるので
怖がるようになり完全に降りれなくなりました。

なので毎度抱っこで降りています。



っていうか、抱っこ~~♪って待ってるし(笑)






IMG_6751





抱くことはかろうじて何とかできるけど
持ち上げる瞬間が、腰に負担がかかる・・・

下りはなんとか行けるが、流石に上りは足にかなりの重力が~~~
なので、まだ自力で上がれるうちは上がってもらっている




それと、心臓もかなり弱っていて、あまり力強く動いていません
エコーで私も確認したけど、「これ動いてるの??」な風でビックリした。


3週間ほど薬を飲み続けたので、来週さらに追加で
甲状腺機能の検査と血液検査、エコーの再検査をする予定ですが…


8ヵ月前に受けたドッグドッグでは何もなく健康だったのに・・・

急に言われてもね~




検査の間違い?
手違い?
人によって違うって言うしね。

前日、ボール遊びにして疲れたから・・・数値が変わる?

といろいろ考え、なかなか実感できないと言うか受け止められないというか。


とりあえず今は安静。
大好きなボール遊び禁止。
でもね、ボール出すと追いかけようとする(ボールキチガイだから)^^


予後は非常に悪く診断されてから1年生存する可能性は20%程度です。って
ネットは色々書くからね~。(鵜呑みにはしないぞ)


アホか!
絶対ちゃうわ。

1年は生き延びて見せる!

と、ムカついた私(笑)



とりあえず再検査の結果次第・・・来週受けてきます。
また検査結果報告しますね







IMG_6507






そして、3週間前の同じ日に喜生ちゃんも検査をしました。



首のリンパ付近に大きな塊(しこり)が出来たので、検査したんです。

今度は表皮上ではなく皮下。

一度目の検査では悪いものは出なかったんですが
二度目の検査で、以前と同じような細胞が出ました。

http://labgasuki.blog121.fc2.com/blog-entry-2333.html


手術で取り除くしか・・・と言われましたが

3度の手術をして、もう手術はしたくない、そう思っていました。
いや、ちょっと待てよと考えたら・・・
実は4度もしてたんだった・・・


だから、もし今度も手術するとなると『5度目』


なんで、こんなにも喜生ばかり次から次へと試練を与える・・・

保護する前からもずっと耐えてきて
保護してからも、すっごい頑張って痛みも苦痛も耐えてきて

これから・・・って思ってたのに
また苦痛を与えるなんて可哀想すぎる


やっとやっと耳の汁もほとんどなくなり綺麗な体で清潔になれて
安心して眠っているのに。




IMG_6572




とりあえず、表皮内なので、どのような状態なのか
どこまで浸潤しているのか?など
手術は可能か?!なども含め
今の状態を把握するためにも後日CTを撮る事になったのですが・・・


先週の水曜日、病院へ預けてCTという時


獣医から麻酔も途中で中止・・・という連絡が入った


最初の麻酔の段階で血圧?脈?が不安定で一向に安定せず
これ以上次に進むと危険・・・と判断され、中止にしたそうです。


麻酔から覚めなかったら・・・と不安になりましたが
このままであれば目が覚めるはずだと言われ、無事よしをは帰ってきました。


でもね、それから2.3日はフラフラでした。
食事も飲み込めないほどでした。



結果・・・
手術は不可能


そりゃそうだ、何度麻酔したか知れない。

年齢も実はもっと高齢じゃないかと思うほど足の震えなども見えたりする


きっと喜生ちゃん自身がもう手術は嫌だと、拒否をしたのかもしれない。
今まで何の不満も文句も言わなかった喜生ちゃんだけど
初めての主張なのかも。


ただ・・・複雑。


今後どうするか?は
事が起きてからでないと対処できない。

薬はずっと飲んでいるけど
最悪、腫瘍が破裂し表皮に飛びだして来る可能性もあるし
喉の付近だから食事や他の問題も色々出てくる可能性もある。

この腫瘍をやっつける方法は切除しかないようです。


でも、考えたってなるようになってからでないと何もできない

受け止めるだけしかできない。ない



喜生ちゃんがなにしたって言うねんなぁ。

人の声も聞こえない、誰の顔を見れない

臭い、痛い、をずっと味わい、4度の手術を乗り越えてきたのになぁ。

菩薩ちゃうか、って思うほどこんな穏やかな子に。




13123150_495424060647679_2047694248648170467_o





それでもね、
よしをちゃんは今幸せですよ。

安心して眠れる場所があって、ご飯もちゃんと食べられて
遊びとかも一切知らない子だけど
唯一の鼻で色々な匂いを嗅げる散歩が大好き!!





13268090_502487413274677_4687470614845028430_o





だから、もうこの小さな小さな幸せを取り上げないでほしい。
このまま寿命を迎えられるようにしてあげたい。

もう少しもう少しだけでも今の状態が続きますように。



http://labgasuki.blog121.fc2.com/blog-category-165.html

IMG_6573




※U様から頂いた素敵な手作りベッドでスヤスヤ寝ています。
FBでメッセージ送っているのですが・・・



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



お問い合わせ、希望はRe:Startまで

バナー




Re:Start BF








とりあえず、無事帰宅しました!!



診察室に入っていくと、ちぎれんばかりに尾っぽ振って、

体くねくねさせて・・・

「お!元気になったんんか?」

って思ったけど、

興奮して咳も出てるし・・・

「僕をおいてどこに行ってたんよ~~」と言わんばかりの顔してたわ


はしゃぎすぎて、その後、へたり込んで大人しくなってました


だけど、入院する前に比べたら、かなりマシ

炎症度の検査だけしたけど、16倍もあった炎症が9倍に下がってた

でも、先生曰く、9倍でもすごい数字やねんからね、と念をされ、とにかく、安静にとの事

でも、重篤な状態からは脱しました



肺炎は完全に直るのに時間かかるらしいので、とりあえずは、安静にお薬だけでゆっくり過ごしたいと思います

1週間後にまた病院へ行く事に。



昨日は、やっぱり帰ってきて、ず~~っとゲージに入ったまま出てきませんでした

だけど、呼吸が全然違う。苦しそうな呼吸じゃないです



そして、晩にご飯の用意し始めたら、ゲージから出てきました

食欲が出てきたみたいです!

「そ~か~、そ~か~、悟天ちんも食べるんか~」と言いながら出すと

すぐには食べず、顔を見た。

「いいよ、食べ」と言うと食べ始めたけど



・・・おっそ~~~~~!!( ̄∇ ̄;)



食欲がなくて、食べなかったのも初めて見たけど

こんなゆっくり食べる姿も、今まで見た事ないわ~~

でもね、むっちゃ、かわいいねん~~♪


少しずつ口に入れて、ゆっくりもぐもぐ噛んでたべてるねん


あまりにもかわいくて、動画撮ったわ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


そして、心配してくれてるみんなへ、悟天の姿見せる為にも・・・


悟天ちん、無事帰って来れました~~~!!!

まだ、元気はないけれど、とりあえず、無事に帰ってこれただけでOKです!


心配してくれた皆さん、心配かけてごめんね

そして、ありがとう~~






それでは、悟天の姿を見てください


帰ってきてず~~っとゲージの中の悟天
(あたしの呼びかけに目を開けようとするが・・・




無事帰宅後の悟天ちん posted by (C)チチ




ゆっくり食べる悟天ちん。超かわいい~♪

思わず時間計ったら、4分もかかりました!


ゆっくり食べます posted by (C)チチ











昨日、病院から帰宅後、何も手につかず

悪いように悪いように考え、胸が苦しく、しまいには体がしんどくなり・・・




話していると気がまぎれる

何もしていないと、辛くて壊れそうになるので

事務仕事をする。掃除をする。している間は気がまぎれる

そして、友達と電話で話す


悪い方へ考えるあたしのマイナス思考に渇を入れられ、笑い飛ばし、私も笑う

旦那にも「なんで悪いように考えるか分からんわ~」

「悟天が死ぬ時はボール追っかけてトラックにひかれて、ペッシャンこでひらひらと紙のようになるねん」
と訳分からん事言って笑い飛ばし、

「そんなんトラックなんかで死ねへんわ!」と「なんでやねん」と笑い

「悟天は大丈夫やねん」と何の根拠もないやろ、と思いながら

いいように考えるようにした

ふと我に返ると紫音の事がまったく頭になくて

考えてみたら、悟天が家にいる時から大人しかった

やっぱり、犬って飼い主の気持ちを察知するんだろうな

あたしが、いつもと違う事、心の中を読めるんだろうな、と思った

病院へ行く前に

義母が旅行に行ってたので、レナ(ヨーキー)を見てて、と言われた事を思い出し

上に連れてきた

いつものように、紫音がレナにあおる。レナがうなる

悟天がしんどいのにも関らず、ゲージの中からいつものように

「わん!」と仲裁の吠え。

あかん、無駄な体力使わせたら・・と紫音に

「優しくしてあげてや」

と促した

気がつけば紫音は寝転んでねてる

w(゜o゜)w オオー!

レナがいても、暴れまくることなく静かだった


遅めに帰宅した旦那に言われた後、気分転換にもなるし、紫音の事1日ほったらかしやったし

紫音と散歩行ってくるわ~

と、夜中に初めて紫音と二人っきりの散歩&ボール遊び

そしてノエママも呼んでおしゃべり

すごく前向きで明るい気持ちになって

ご飯も食べて、眠れました


ただ、9時ごろ病院へ電話するの忘れた~~!と後悔・・

大丈夫ですか~?と連絡したかったのに~~

ま、絶対大丈夫やもんな

連絡来ないってことは、大丈夫な証拠!

気持ち切り替えたらすっごく体が楽になって、元気がみなぎる

あ~、心ひとつでこんなにも違うなんて、殻だって正直に反応するねんなァ~


悟天チンが病院で頑張ってるねんから

ママも、凹んでんと、前向きな気持ちで頑張らんとな。

やっぱり、あたしは笑ってる方がにあってるもんな~(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


今日の夕方迎えに行くからね~

それまで、待っててね、悟天ちん♪