2本連続で更新しております~




まずはつむぎの事から報告します



つむぎちゃん、3週間前に我が家からすでに巣立っています。


今は里親さんの元で幸せ生活満喫中です。







DSC_7768







28日が手術予定だったので
その日に我が家に一旦里帰りの予定でしたが

里親さんも、そしてつなぐも
その間でさえ離れがたくなってしまい(笑)

地元で手術をする事になりました









DSC_7755







そう、つむぎの新しい飼い主さんは

なつのパパとママです。





我が家にいたときのなつ



IMG_4159










IMG_4141







やっぱり似てるわ…







犬を迎えることを躊躇っていたお母さん。

だけども、つむぎを見た瞬間
なつにソックリだと驚き、気持ちが揺れた。

特に悩んでいたのはお父さんでした

年齢が10歳という事で
なつを譲渡したときよりも年老いている。

またすぐに悲しい思いをするのではないかと。
なつの死が相当こたえたようでした

男の人って本当に弱いですからね~


でも、最終的に

つむぎを迎えたい
この子の体に何があろうが
たとえ一緒に暮らせるのが1年でも半年でも
この子を!と強く望んでくれました。




そう、早々に名前を付けてくれたのは
実は、なつのママさんだったんです。

その時は決断された時ではなかったんですけど
お名前だけ頂きました








DSC_7794






でも私、実はこの子を見た瞬間から
ここのおうちの子になるんじゃないかって
そう思ってました。


穏やかで優しくて
ホントなつを思い出させるような子

なんとなく運命的なものを感じていました




でも、つむぎはつむぎ
なつとは違うけど、

なつのように
これからの犬生が幸せな物であるのは間違いない。


10歳で飼い主と離れた彼女の心は
本当に寂しくて仕方なかったと思います

だからこそ、私が態勢を変えただけでも
物音を立てただけでも
慌てて立ち上がり、置いて行かれない様に必死でした

里親さん宅でも同じようです。

きっとそのトラウマはなかなか消えないと思います


命が助かった、命の危険はない
だから安心、もう大丈夫

それでよかった・・・とは
私は思いません。


きっと今までに辛い思いや悲しい思いをしているはず
それでも過酷だとか辛いとか
思わないのが犬の素晴らしいところだけど

途中いろいろな事があっても
今までの犬生が酷く過酷なものだったとしても

せめて最後の犬生が幸せで穏やかで

大好きな人がいる事
愛されて逝く事

幸せな最後が迎えられることは
私にしたら、それがせめてもの救いです。




つむぎ、私に保護させてくれてありがとう
Iさんところの子になってくれてありがとう




つむぎまた会おうね。
出来れば、少しでも長生きしてね

同じ10歳同士
悟天と競争だからね




2013/8/17
つむぎ Re:Start 卒業




人気ブログランキングへ






バナー











彼女の名前は「つむぎ」
彼女の名前は「つむぎ」







優しさをつむぎだす
喜びを、希望をつむぎだす

そして幸せもつむぐ


素敵な名前です。


ある人が付けてくれました




つむぎと生活して6日。

6日間過ごして感じたこと。


悟天と同じ10歳ですが
同じ10歳には思えません。


普通に家庭犬として散歩し健康的な毎日を育ってきた犬とは
やはり違うと感じます。

うちの子以上に老いを感じます。


足、腰、目、そして床ずれなど色々痛みが目立ちます




足腰が非常に弱いです。

スムーズな立ち上がりはできません。

踏ん張っている、そういう歩き方。


見ていると痛々しいです。



それなのに私から離れません。

いつも見張られてます(汗)








DSC_7709








ティッシュ取るだけやから。
お茶飲むだけやねん…

それなのに少しの移動でもその場を立っただけでも
慌てて起き上がります。








DSC_7745







ソファーで座っている姿勢を変えただけでも
慌てます。



パソコンで足を組み替えただけでも起き上がります







ちょっと動いただけやって・・・
ちょっと動いただけやって・・・







足腰の筋肉がないので

立ち上がるにも大変そうで一生懸命で

非常に気を使います(汗)








ここ座ってるから大丈夫
ここ座ってるから大丈夫












ホンマ?どこにもいかへん??
ホンマ?どこにもいかへん??










1分ぐらいたってようやくお座りする










そしてようやく横になる
そしてようやく横になる












それでも安心できないようでいつでも立てられる体勢・・・
それでも安心できないようでいつでも立てられる体勢・・・













ようやく足を崩してくれた
ようやく足を崩してくれた














やっと寝たかと思っても
やっと寝たかと思っても






私が椅子を鳴らしたり、カメラ持ったりと
少しの音でもすぐさま反応し



慌てて見る








!!
!!







・・・あ~気を使う・・・(汗)









もう寂しい思いをしたくない。

10年と言う月日を一緒に過ごした飼い主に
置いていかれた悲しみ

きっと深いんだろうな…






見ているとね、ホント切なくなるんです。






そして、目もあまりよくなさそうです。

左目の動向反射があまりよくなかったんですが
やはり、老いが目にもきているようです。


視野もせまいのか(?)
たまに私がどこに行ったのか分からないときもある

向こうの部屋に行ったのかと
戸の前で待っているときもある

水飲む間、横で立って待っててあげているのに
飲み終わると、違う方向を向き
私を探す。
(おいおい、横おったけど…)




違う部屋に行く時、さっさと歩いていって戸を閉めると
むちゃくちゃ吠えました。

彼女の視界からすぐさま私が消えるとダメなようです。

ゆっくり私が出て行く様や
ちょっと行くからね、戻ってくっるからね、と
少し時間を置いてゆっくりフェードアウトすれば
納得するのか吠えませんでした



いろいろなつむぎの行動が様子が
私を切なく、だけども愛おしい気持ちにさせる



全部受け止めてあげたくなる

たった5日でもそういう気持ちにさせる。
やっぱり好きな犬種のシニアを預かるのはダメだな



こういう子には早く出て行ってもらわないとな(汗)







床ずれ?だった所、血が出た…
床ずれ?だった所、血が出た…









そしてつむぎには乳腺腫瘍があります。

実際触って確認できたのが2つ。

きっと子宮の状態も余り良くないだろうとのことでした
癒着したり傷んだりしていそうだといわれました。



出来るだけ避妊去勢は早くして下さい。
女の子の乳腺腫瘍は多いです。
子宮の病気もホント多い。

デメリット、全くないとは言いませんが
ほとんどがメリットです。

この歳になって手術する方が危険度も増します。
しかし、腫瘍もあるので取り除かず放置することは出来ません。


マイボーム腺種もつむぎの場合は
まぶたの内側にあるので眼球に当たっているようで
傷は今の所なかったですが、涙もよく出るし
結膜も赤みがあるので

眼球に触れている場合だと傷になってくるし
慢性結膜炎にもなりかねないのでこれも取り除きます。








マイボーム腺種
マイボーム腺種







歯石も結構あるので、放置すれば
高い確率で歯周病を起こします

歯周炎、歯肉炎、歯槽膿漏・・・

歯周病が進むと歯の根っこが腐ってきて膿が出て…
感染が顎の骨を溶かしながら広がり
終いには皮膚を貫通してしまうことにもなります

そして比較的近い位置にある鼻や眼にも症状を出すこともあります

歯周病菌が毒素を出したり、菌そのものが体内に入り
血液の流れに乗って、それぞれの臓器で炎症を起こしたり
菌の巣を作ったりして肝炎・腎炎・心内膜炎などの原因にもなります



なのでつむぎには
避妊、乳腺腫瘍、マイボーム腺種除去、歯石取り


年齢を考えれば2回も3回も分けてするのはリスクがある。
なので1回の手術で全部行うことにしました


もっともっと若い頃に手術をし、
健康に気を使ってくれていたら…

この歳になり、することもなかったのにね。






DSC_7670






この先、つむぎが少しでも痛みや不安もなく
穏やかに暮らせるように



手術頑張ろうね!





DSC_7673




にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村





バナー










去年より
むちゃくちゃ汗をかくようになった私

吹き出るだけではなく、流れ落ちる、落ちる…

もう、暑くて暑くてたまらない。

散歩中も死にそうになる(汗)



「それ、更年期やで」


と預かりさんが言う。



うそ~~!マジで~~~!!!と驚く。



老眼といい、更年期といい
私って、なんでも早すぎるんちゃうん?!



そうでない事を祈った日
新しいリスっ子を迎えました。



あそこは暑い。

みんな早く出してあげたい。

そう思った日。







本日リスっ子となった子達はこの子達です







新入生
新入生







でっかいのとちっこいの。







まずは、おっきい方から紹介します



見ての通り






イエローラブの女の子
イエローラブです







4年前の個人での保護以来(美波改め夏の時以来です)


イエローラブの女の子はリスタートではお初なんです。
(え~そうなんや、以外…って思うよね)









DSC_7496










人懐っこい
甘えん坊。
触って触って、撫でて撫でて・・・

がラブのイメージですが


そんな感じはありません


出したときも
全然甘えてもきませんし近寄ってもこなかった。


人の目も余り見ないで


ただただ外に出たい。
家に帰りたい。


なんか、そんな感じ。




まぁ、まだ信用されていないだろうし

きっと一刻も早くそこから出たかったんだろうな









DSC_7575








でも、いい子です。
(やっぱりラブはいい子が多い~~♪)










DSC_7502








外飼いかな?
玄関かな?

肘のハゲが少し大きかったのと
今の所、トイレシートの認識はありません。



体系は結構ぽっちゃりですが、後ろ足の筋肉が非常に少なく
出したときは、足がぷるぷるでした。

そして力のない歩き方です。

今後は歩いて筋力アップを目指します


顔のちっちゃな出来物は良性のものでした。

マイボーム線種もありますが、眼球に触れてはないものの
下まぶたにくっ付いています

除去するかどうかは今後の要相談で。


股関節も、関節も歳相応で、悪いものではありませんでした
(股関節が気になってたので)

目は赤みがあり、炎症起こしていましたが
点眼で大丈夫そうです。

検便、検尿も異常ナシで


それ以上、今の所は目だった悪いところがなく
とりあえず、ホッとしました。









でも、穏やかです
とっても、穏やかです









そんでもって







べっっぴんさんです
べっっぴんさんです












何をしても怒りません
何をしても怒りません









目薬、耳掃除
細胞針の検査の時は
むちゃくちゃ怖がり暴れてたけどね(汗)


そりゃ、何をされるかわからなければ怖いわな










くっさい体を洗いましょう
くっさい体を洗いましょう









汚れは少ないんだけど
センター臭がキツクなかなか取れません(汗)




4度洗いました(汗)








家に入ってからは、ベタベタはしませんが

何故か私の近くに居ました。


なにも要求などもしませんが
ただただ傍には居ます。




非常に落ち着いている子です





ま、そりゃそうだ。




だって10歳だから・・・



10歳って…

悟天ちんと一緒です。


もう、おばあちゃんです。


ホントやり切れません。



この歳になって捨てないでくれ。



大型犬の寿命は延びました。
だけども、これからは決して長い犬生ではありません。

2年かも、3年かも、、4年かも…


でも、望むのは

残りの未来が、この子にとって
安心出来て、キラキラで、優しい時間でありますように







DSC_7648








名前は、まだありません

明日まで我が家で滞在予定です

また決まったらお知らせしますね



ps…只今パソコン机の横で眠っています

イビキ書いて眠ってます♪




にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村





バナー