momoちん、どうする?!
あんた、セレブやん!

いきなりセレブに大変身やん!
服まで着せられて・・・(笑)





DSC_0817




あまりの広さに驚き。
しかもすっごくキレイ・・・(うちとは大違い・・・)


階段も部屋も全部にカーペットが引いてあるし
配慮も素晴らしい




DSC_0809





ここが寝室・・・一緒に寝てもいいんだって
ここが寝室・・・一緒に寝てもいいんだって






犬用にリフォームしたことは聞いてましたが
まさかここまでとは。




部屋多過ぎ~~!
部屋多過ぎ~~!




余ってる部屋に住まして~、なんて口走ったほど(笑)



里親さんはうちの父と同い年くらいの方。
きっと年齢だけで断られたりする事も多いです。
聞くと、やはり他所で断られたようです。

確かに年齢だけだと不安もありますし
年配者がみな飼えるものでもないと思います

実際、飼い主が世話が出来なくなった、病気になった
死亡した、と言う理由で多くの犬が飼育放棄されている現実があるからです

だけども、年齢だけで判断するのではなく
その方の環境や取り巻くもので
その犬を飼い続けられるかどうか
バックアップする後ろ盾や
幸せな最後が送れるか

それがクリアー出来れば、高齢者だって飼える
そして、それは人にとっても犬にとっても幸せです。





DSC_0821





今回は大型犬ですので、それなりに色々クリアーしなければいけません


犬の年齢はもちろん、経験者かどうかとか、
今現在が健康で足が悪いとかでもなく散歩に行けるかどうか

抱けるかどうかは考えては居ませんでしたが
里親さん自身がmomoを抱けるかすぐに確認していました(素晴らしい)

そして病院の場所など自分で移動できる手段があるか
(車の運転が出来るかとか、これは大型犬を飼うのに必ず必要な手段)

もちろん、金銭的余裕は欠かせません。
病気になったときや急な事にも対処できるように
シッターさんに頼むとかホテルを利用するなどでも
お金はもっとかかってきます

9歳のmomo。
残された時間はあと4~6年。
その間、お互いが幸せなときを刻めるかどうか


とりあえずね、私の色々な不安を全て解消して下さる方でした


そして何より話をしてても
非常に気持ちもお若くて堅実で安心出来る方でした





庭、広~~~!!!
庭、広~~~!!!






どの部屋も自由に行き来していいんだって~~~!




DSC_0811




しかもすっごい親切^^
(すがと私、昼ご馳走になりました)




そして一番ビックリしたのが
譲渡した(お届けした日)その日のうちに
早速、健康診断に行ってくれたんです。

今までで、当日に行った方は初めてでした。


前の子を亡くした時、色々後悔されてて
そんな話をしてたから

血液検査だけではなく
エコーが大事だと教えてあげたんです。

すると、その日のうちに行ってエコー検査。

その後もmomoの健康を気遣い、少しでも異変があれば病院へ。
本当にこの方に譲渡できて良かったと心から安心出来ました




DSC_0822




2度捨てられたmomo。

飼い主が二度も変わり、預かり宅で暮らし、また違う人に・・・

momoの事を考えるとね
いくら本当の飼い主さんの元に行けるから、と思ってても

何度も世話人が変わることはきっと不安。
また移動して、心に傷を与えないか。
私自身もすごく不安でもあり、手放しで喜べなかった気持ちも少しありました




しかし・・・

市内みたいにゴチャゴチャしてないし
本当に伸び伸び出来る環境で

こんな大きなお庭もあり
トイレが外派のmomoにとったら嬉しい環境で
しかも、お父さんとず~~っと一緒に居られる


それにねお父さん自身も犬を亡くした悲しみで
激やせしてしまい、家に閉じこもるようになってしまい
ご近所さんが心配したほどで

何よりmomoが来る事を誰よりも心待ちにしてくれて
喜んでくれて・・・

心から愛して下さるのは目に見えている


そう思ったら本当に嬉しい思いでした




DSC_0824




新しい名前は「アニー」

momoはようやく9年間呼ばれていた名前を捨てました


うん、それでいい。
アニーという名で再出発や!


これが本当の「3度目の正直」や!





momoに家族が出来ました
momoに家族が出来ました





アニー、幸せになれ!
アニー、幸せになれ!




2014/4/26
momo Re:Start 卒業


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



お問い合わせ、希望はRe:Startまで

バナー







昨日、今日と、頭痛が一切起きなかった!

わ~い!!


起き上がった瞬間から、ぐわ~ん、という頭痛。
そんな目覚めが続き、1週間。


久々にさわやかな朝♪

頭痛が起きないってだけでこんなにも嬉しく
やっぱり健康ってありがたいんやなぁ・・・って思う。


以前に、体がSOS出してるのに
自分じゃ全然気づかなくってね

で、そのまま走りすぎて、心が事故ってしまったので
もう同じ過ちはしない。
ちゃんと体のサインに素直に従おうって学んだ。

で、今週はホントな~んにもしないでのんびりした。
それが良かったんだろうな。




わ~い、これで心置きなく
ビールが飲める(笑)

ちょうどRP8さんから陣中見舞いでワインも届いたし~♪



でも、昨日は2本でやめましたよ(ロング缶だけど)





さてさて、momoちゃんの事覚えてますか?

黒ラブmixではなく、黒ラブ雑種と呼んだmomoちゃんです。

落ち着いた大人の女の9歳のmomoちゃんです。








momo9








角度によってはラブにしか見えない。







実はね、保護して少ししてから
この子の放棄の詳細が明らかになりまして・・・




なんと、2度捨てられていたことが分かりました。



一度目はmomoちゃんが5歳くらいの時に飼えなくなり飼育放棄。


しかし、たまたま他の方が飼育してくれることになった。
それで最後まで飼ってくれてたら良かったのに


だけども、その4年後(今現在)
結局、収容施設に連れてこられた。



結局、違う人だけども、2度も捨てられた。

飼い主から2度も捨てられた・・・




唯一変わらなかったのは
MOMOと言う名前だけ・・・


やっと傷が癒えてきて、飼い主を好きになって・・・

それなのに・・・



その事を考えたら、ホントに切なくなるし胸が痛くなる。





それでも、人に対して何の敵意も示さず
受け止めてくれるmomoちゃん。


預かりさんが実家に帰ることになり1日家を空ける事になったので
ついこの間、シッターをしに行ったんです。(ご近所なんで)


家に着いたら、窓際にmomoちゃんの姿。
目が合い、笑顔で手を振る女。

吠えるかなぁ?って思ってたら全然吠えなかった。


そして見知らぬ女がカギ開けて家に入ってくる。

普通は吠えるんちゃうのん~。

一言も声ださず・・・
まぁ、そこのおうちの子も一切吠えなかったけどね。


泥棒入ってきてもウエルカムやん・・・


サークルの扉開けてあげると
普通に玄関で待ってる。


散歩連れてってもらえる事わかってた?

預かりさんが普段お仕事してるので
帰ってきたら即散歩なんで、それでだろうね。








DSC_0103









散歩中、何度も何度もあくび。

きっと知らない人の散歩だから緊張しているんだろうね。









DSC_0100









momoちゃんは、以前かなり太っていたんでしょう。
今は普通なんですが、急激に痩せたので
皮膚がたるんでいます。

たっぷんたっぷんしていて可愛いです♪










DSC_0099












DSC_0105











さぁ、家に入ってmomoちゃんとのくつろぎタイム~♪

人の家でたこやき食う女達(人の家で何してんだか(笑))










momo10









お弁当は平気だったのに、たこやきにはガン見。
おヨダたれてまっせ~~




でも、紫音みたいに奪い去ったりはしません。









ソファーでゆるりとくつろぐ。









momo3












momo2










撫でてあげると、喜びお腹を見せてくれた。

嬉しくって、つい甘噛みしようとするんだけれど
すぐに、あ、ダメだったごめんなさい、と言うかのように
ペロペロと手をなめる。


なんか、かわいい。








momo8









momoと一緒に居るとね
もうね、何ともいえない、穏やか~な風が流れる。



まった~りで、静かすぎるくらい
でも、ホッとする・・・。









momo1










顔をね、ペロッて舐めてくれるんだけど
愛想しているように感じた私。

嫌わないでね。優しくしてね。
悟天や紫音に舐められているような
愛を押し付けるような強引な舐め方ではなく

とっても優しい舐め方。


それが、なんとなく寂しい気がしたんだよね
(気のせいかもしれないけどね)









momo4









MOMOが別のソファーに移動し、ゆっくりしようとしたら
モップ(預かりさんちのデカ犬)が遊ぼうとmomoを誘う。

最初は、遊べへんわ、と言いつつも(言ってるように見える)
最終的には挑発に乗ってしまうmomo。


そのやり取りが面白かった~。


momoはお姉さんやし
相手してあげてるんや、と思ってたけれど(2才と言う幼さ)

でも、momoもまんざらでなく楽しそうにしていた。


優しいmomo姉ちゃんしていました。


本当にゆっくり休みたいときは、たまに怒られているらしいけどね。
(そりゃそうだ、紫音姉さんなら確実に怒られてるで)


MOMOが遊んでいる様子が楽しそうだったから
少しホッとした。









momo5












momo6











もう、3度目は絶対にさせない。

momoが傷つくようなことはさせない。


MOMOも本当の家族が飼い主が欲しいよね。


MOMOが息を引き取るそのときまで
ずっとmomoの傍にいてくれる、本当の飼い主。



保護した時よりかは、随分穏やかな顔つきになっていたmomo。

それでも、どことなく寂しそうに見えたのは気のせいかな。


飼い主を好きになることを諦めないでね。

傷つくことを恐れないでね。


本当に、あなたの事を好きになってくれる人を見つけてあげるから。





MOMOは穏やかで静かな子です。
吠えはありません。
留守番も出来ます。
おしっこも外でするまでがまんしちゃうほど。

腕や足にたこがあります。
きっと、外飼いだったか土間飼いだったか・・・。

すごく頭のいい子だと思います。

ホントはハウスに入りたくなかっただろうけど
静かに入り、大人しくしています。

我侭は決して言いません。


これからは、この子に穏やかで安心した暮らしをさせてあげたい


年齢は9歳と少し高齢ですが
それでもこの先、
momoと一緒に暮らしていきたいと思ってくださる方が居れば嬉しいです









本日の私のお気に入り♪






DSC_0107







何故か何度も何度も
汽車の中に入りたがるMOMOちゃんでした








にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村







人気ブログランキングへ





お問い合わせ、希望はRe:Startまで


バナー










久々にコレを購入。





右は小型犬用
右は小型犬用









これは、イイヨ♪

ブログのサイド欄にも載せているけれど
本当にお勧めです。


ちょっとお高いけどね。

シッカリ噛む事は大事なこと。
遊びながらデンタルケアが出来て、しかも安心安全なおもちゃ。
(獣医師さんの意見を元に開発されたものだからね)

噛む事が好きだったり
遊ぶのが好きな子はきっと大好きになるはず。


ハーツデンタル


ほら、うちの子らは与えた瞬間からこんな風に。







DSC_9459
紫音ちゃんには大型犬用











はるちんも♪
はるちんも♪











でも、以前は遊んでた悟っちんだけど
何故か今回はあまり興味なし。



ピーピーボール命な悟天。
今までで購入した数は・・・数え切れない~~

でも、300以上は買っている。


悟天はボールをすっごく大事にしてピーピー鳴らして遊ぶ。


しかし!


紫音がすぐに破る。。
春馬もすぐに穴開ける。

ピーピー鳴らすのが好きな悟天ちん。
だけどいつも大好きなボールが破壊され
ピーピー言わなくなり遊べなくなる・・・


・・・悟天ちん
一人っ子やったら最高に幸せやったんやろうなぁ~










ボクはピーピーボールの方がすっきやねん・・・
ボクはピーピーボールの方がすっきやねん・・・











また一杯こうたるからな~




lclo00.gif







さて、同じ日に保護した子がもう1頭。


聞いていたのは「黒ラブmix」



でも私は会えて「黒ラブ雑種」と書いた。


mixってあくまでも2つの犬種が混じってると思われるよね。


でも、彼女はどう見てもmixちゃうやろ~~!
っていうか、雑種の方が濃いやろーー

と思う子だったからね(汗)





収容されてた時の彼女は
隅っこで寂しそうに諦めた顔で座っていた。



私に近寄ることさえもせず、じっとその場に留まっていた。





保護直前になって随分明るい顔を見せてくれるようになった

だけど、人が大好きで
甘えたくて・・・というような子ではない。

ラブのような明るさや甘えん坊さは全くない。





悟っちんと同じような白いひげ

黒いから白いひげがよく目立つ。
シニアなんだろうなと分かる。




何故かこの子は、玄関前の所を寝床に決めたみたいで
なので、そこにマットを引いてあげた。











何故か隅っこを寝床にした
そして、そこに寝転んだ














そこでいいんか?
そこでいいんか?










でもね、やっぱり少し寂しくなるのか










DSC_9399
こんな事になっていた















こっち来てもいいんやで?
こっち来てもいいんやで?










シャイな彼女はカメラを嫌った。










控えめでとってもいい子・・・
控えめでとってもいい子・・・










言っておきますが
悟っちんも、紫音も別部屋ですよ。

なので怖がってる訳ではありません。


遠慮してる?
そういう生活だった?



体を見る限り、外もしくは玄関で
飼われていたのではないかと思います


足の関節などにあちこちに座りダコがあり禿げていたり。

悟っちんは、少しあるけどほとんどありません
なので、きっと固い床や土や土間が多かったと思われます。




1週間くらいは我が家で様子を見ようと思ってたんだけどね

こんな良い子を紫音の餌食にしては可愛そう・・・(汗)
そう思い、早々に移動しました。

(紫音ちんはね、同じ大きさのメスには厳しいのです)








預かりさんちに移動。








硬い骨に夢中になっていました
硬い骨に夢中になっていました posted by (C)チチ












次の日に預かりさんがお留守番の間
朝におしっこもうんちもしなかったからと連絡貰い
様子を見に行きました





大人しくゲージ中で過ごしていました。













DSC_9452












吠えたりもせず
本当に落ち着いていて、穏やかでした




トイレをさせに散歩に出ました。










後ろから見れば、かろじて黒ラブ?!
後ろから見れば、かろじて黒ラブ?!











やっぱりトイレは外派なようです。










DSC_9434












DSC_9431











出すもの出し、この子の誘導するまま歩くと
着いたのが家の前!


えーーー!もう家覚えたん!!!










あんた、超天才!?
あんた、超天才!?















預かりさん帰ってくるまで待っててな・・・と家を後にした。





この子を見てると
なんとなく銀ちゃんや大空(そら)くんを思い出す。



どっちも家族に愛され幸せになってる。



だからきっと「もも」にも・・・



そう、彼女の名前は「もも」


実際、元々の名前です

過去なんか捨てて・・・と別の名前とも思いましたが

たまごちゃんが「笑顔」をきっと愛されていた、
と書いていましたが

きっとこの子も愛されていたと思います。

どちらもね、放棄理由が
「飼い主の病気」だったから・・・



9年間呼ばれ続けた名前。

きっと彼女も慣れ親しんだ名前の方がいい。

色々な環境が変わる中、せめて名前だけは・・と
「もも」の名を残しました


だけど私は、それだからと正当化出来ないと思っています。

そう言う事も全て含めて考える。
それが飼い主の責任。

それが出来ないのなら飼ってはいけない。

愛していたのならなおさら、処分施設になんて行かせないで欲しい・・・




ももは何をしても怒ることもありません。

犬にも関心はありませんが、笑顔と一緒に居れるほどで
犬に攻撃性もありません。

人に甘え、人に寄り添う事もしません。

大人しい聞き分けのいいももちゃんです


そんなももちゃんがどう変わっていくのか
そして本当の家族の下へ辿り着けるまで

応援してあげて下さいね








DSC_9456





もも、9歳、黒ラブ雑種
体重32キロ(ダイエット中)



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村







人気ブログランキングへ





お問い合わせ、希望はRe:Startまで


バナー