FC2ブログ

2011'07.23 (Sat)

大変身!



2度目の更新です


2頭目は・・・



マルチーズ、オス、推定5歳。




ハクです
ハクです




リボンも付いていて単なる迷子?と思ったんだけど・・・お迎えはナシ。



ただ、ちょっと癖のある子の様で・・・


某所では、噛まれる人多数。
で、単純に「噛む」からと処分対象に。


まだ若いマルチーズ、出来れば処分は免れたい。
私とすがちゃんとで、実際に触って適性検査をしてみた


やたらとお尻と右後ろ足を触られるのが嫌で
「やめて~!」と抵抗する。
本気で噛むと言うのではなく
噛んだらダメだと分かってるけど「やめてください」と忠告しているような
噛みかた?

たまに痛く感じるが大人な手なら怪我する程度ではない。
(私だから平気?)

怖がらせずゆっくり触っていると、多少慣れてくる。


まずは、痛みがあるから噛むかも?
色んな理由を考えて見る。

で、お尻や足に怪我がないか?と毛を掻き分けると・・・


ノミの糞が大量に!!



もしかすると、痛みや痒みで嫌がってた?


抱く事も出来るし、それ以外は普通の可愛い甘えん坊の犬。

覚悟を決めて保護決定!




目やにビッシリこびり付き~
目やにビッシリこびり付き~




リボンしてるが汚いぞ・・・
リボンしてるが汚いぞ・・・





診察中、怖がってパニックになりつつも、
狂犬へと変貌する事はなかった。

心臓も気になってた右足も



問題はナシ
問題はナシ










人和は犬が来て嬉しい~
人和は犬が来て嬉しい~




どうしても遊びたい
どうしても遊びたい





誘う人和^^
誘う人和^^





さぁ、その前に綺麗にしないとね。



シャンプー後
シャンプー後





ふっわふわの
ふっわふわ






そして顔をちょこっとカットしたら




可愛いマルチーズ誕生!
可愛いマルチーズ誕生!




見違えるぞ!!


毛玉は耳だけだったけど、
毛玉ほぐしている時に「ノミ」発見!

毛玉の中に住んでいたのか?!

っていうか、ノミ見たの初めてかも!?

駆除剤は出る時にされているのに・・・


うちの子も含めこの日は全頭フロントライン+。




好みの問題だろうけど、見ているとどうしても



刈りたい衝動に駆られる
刈りたい衝動に駆られる




短いのが好きなのよね( ̄∇ ̄*)ゞ



で・・・




刈ったった!
刈ったった!




足だけ残して・・・
足だけ残して・・・


嫌がって動き回るから中々一人では出来へんねんもん~~。



あ、そうそうトリミングの最中は嫌がりはするけど
噛む事は一切なし。
嫌がっても多少歯を当てる程度。

ひっくり返したり、嫌がることいっぱいしたけど
全然問題なくトリミングできましたよ。



夜には足担当に来てくれたたまごちゃん。




爪きり
爪きり



爪曲がってたもんねぇ。
これでバッチリ。




見つめあい
見つめあい





この日ハクを見ていた感想。

まずは

犬は苦手だが、近寄りすぎると「あっち行って!」とむっキー顔や唸るけど




犬は苦手
犬は苦手




それでも同じ空間で普通に過ごし、ベッドにもぐり
で、シートで(足上げて)おしっこし

これと言って気にする事は何もなかった。

あれほど嫌がっていたお尻や足を触っても
全く歯を当てる事も噛む事もしなくなっていた。
やっぱりノミが原因か?





ただ・・・・晩にそれは起こった。



そうきたか!
そうきたか!






にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

バナー




テーマ : ☆マルチーズ☆ - ジャンル : ペット

18:05  |  「ハク」マルチーズ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★どうきた!!

『きんた』に家族決定i-199
ワタシの周り“キンタ”ファン多かったんで確実に喜びますi-189

その人たちチチさんと
けっこうi-100typeかぶってるんですよねぇ~i-235
ニクさん | 2011年07月24日(日) 08:44 | URL | コメント編集

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年07月24日(日) 22:25 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://labgasuki.blog121.fc2.com/tb.php/1352-23f478b8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |