FC2ブログ

2011'12.04 (Sun)

自問自答&うちの子だってボランティア




またまた今日も写真が一つも無い記事になってしまいますが・・・

今からリリィに会いに行ってきます。
また後から報告しますが、その前に・・・ちょっと報告。

保護活動の事。


うちはただの小さな個人ボラです。
なので、キャパ以上の保護は出来ないしいろいろな事を考えないといけない。
自分で出来る範囲。そう思ってきました。

人の力を当てにしたり人に頼って保護をするのは間違っているって思ってたし
(活動は頼りきっているけどね(汗))

自分でしたいと思ってはじめたボラ。
他力本願ではおかしい。
だから、自分のキャパを超えてはいけない。
ある程度冷静で非常にならないと、ずっと続けて行くことは出来ない。
そう思ってはいたけれど、実際活動して行くと
中々、そう簡単に割り切れないのが現実。

今でも他のボラさんに比べ「犬好き」の度合いは薄いと感じている。
そんな私なのに、あの目を見ていると救いたいと望む・・・

心の痛み。
でも、私の心が辛くても痛くても拒否をしても
保護主としてはもっと考えないといけない。

最後まで責任を持つと言う事に対してもっと真摯にならないと
勢いだけではいけない。


しかし、今考えると最近はその判断が甘くなっている気がします。
仲間が居る事、支えてくれる人が居る事で、
自分に対して甘えが出ている。

支えてくれていても最終的には自分自身が責任を取るということに対して鈍感になっていた気がします。


でも、そうは言ってもなかなか簡単に割り切れず・・・

ダメな保護主です。



正直言うと琉生の保護時から、正直赤字活動です。

実は以前琉生の手術をするという事を言ったとき
静岡県のUさんが30万という大金を送ってきてくださいました。

あまりの金額の大きさに正直驚きました。
いち個人の寄付金としては大きすぎてどうしても使えない・・・
そう思い返そうとしましたが、受け取る方ではありませんでした。

琉生の為だけではない、リスタートの保護犬の為に使って欲しい。
そう言われるUさん。

私の中で、琉生の手術費はバザーとかで何とか稼ぐ。
だから、このお金はどうしても金銭的に苦しくなった時
緊急などで大きな出費が必要になった時に使わせていただこう、
そう思い、その旨を伝えました。


しかし、琉生の検査、いずみの検査、そして仁の手術検査で
大きな金額が係り、どうしても苦しくなり
そのうちの10万円を使わせていただきました。

琉生の手術費はバザーでの寄付金とuさんのご寄付を使わせていただきます。

そして残りの12万をリリィに使わせていただく事になりそうです。
たまたまそういう子の保護が続いてしまい、本当に厳しかった。

だけど、Uさんのおかげで随分助かり乗り越えられました。
本当にありがとうございました。


しかし今後も苦しい状況は変わりません。
保護は終わらないんだから・・・

きっと今までが順調すぎて良い事ばかりだったんですよね。
今回は悪い事ばかりが重なった。

でも、保護を続けるという事はそういうこと。
家族に迷惑はかけられない、と思いつつもやはり無理をする。

もっと肝に銘じます。


先の事考えれば不安です。
だけども、やっぱりいい子であればシニアでも病気の子でも見捨てられない。


ただ、私のモットーは明るく保護活動すること。
思いつめたり、暗い保護はいや。
いつも前を向いていたい。
明るく笑って活動したい。

だからうじうじ考えててもダメ!

今こうして書いている事で自分自身を見つめ直し、
気持ちを整理し、自分自身に問いかけ、そして答えを探しています。

これで嫌な気持ちにさせてしまったらすみません。


でも、でもね
預かってといえば預かりを協力してくださる方が居る、
昨日のように、これ使ってとか、
バザーの物資にとか、送りますとか、寄付させてください、とか言ってくださる方が居る。

凹んで落ち込んで、後ろを向きそうな私を
たくさんの方が私を支えてくれる。

バザーも、私ひとりではバザーさえ開催できない。
やっぱり一人では何も出来ません。

本来は弱い人間です。
でも、皆が居ると思うからこそ、力が沸き進んでいる。

きっと皆が居なければ私ひとりではここまでもこれなかったし
これからも歩いて行くことは出来ません。


前にも言ったと思うけど、
皆で保護活動している。
皆の代表が私なんだ。

そう思い頑張ろう!


だから、笑顔で居られる。
保護犬達にも、うちの子達にも
いつも、笑顔でいてもらいたいから。

これからもバザー回数増やして一杯して稼げばいい。
そう思い前を向ける。
だって、後ろを向いたら続けられないもんね。


まだまだ私は未熟で至らないところもある保護主で人間です。
今後も皆様のアドバイスやお知恵を借りながら学んでいき
少しでも前へ進んでいきたいと思っております




そして今改めてここに感謝します。  チチ



追伸・・・私の体を心配してくださった方、私は大丈夫です。
寝不足とストレスがたたったんだと思います。

ナイスミドルなお年頃だから精神的にも肉体的にも気をつけないとね。
私を必要としているたくさんの子達のために、そして我が子達のために。


バナー


では、私楽し明るいいつもの記事を♪

昨日はリリィの記事で影になってしまった2頭。
昨日は紫音ちゃん大活躍したんですよ。

どこの誰だかわからないけれど
(きっと大型犬?)

その子のために供血してきました。


私と同じでうちの子たちもボランティア頑張ってるでしょ♪


2年前も、知り合いから直接悟天と紫音に頼まれ
病院へは行ったんだけど
前日に芋を盗み食いし2頭とも下痢・・・。

なので、やはりそんな時はやめたほうがいいと獣医に言われ出来なかった経緯があり・・
(デカイ犬2頭も居て情けない・・・)


で、今回初めて供血できました。


この間先生から、そういう時に声かけさせてもらってもいいかと
言われ、日頃お世話になっているし
少しでも恩を着せる為(?!)
(医療費安くならないかなぁ~~ってズルイ考え・・・)

いえいえ、うちの子もそういう時って本当に切なる願い。

うちは大型犬なので、きっと大きな子からしか血はもらえないし
だから協力したいと思いました。

すがちゃんちのゆのちゃんも悟天もクロスマッチを受け全員一致。

その中でも若くてムッチリな一番血をとっても丈夫そうな
紫音姉さんにお願いしました。(^▽^;)

悟天ちん、来月で9歳なので少し不安だし~~(大丈夫なんだけどね)

血を抜いて戻ってきた時も元気だった紫音。
何かホッとした。

これでリンパの流れよくなって代謝よくなるといいな。



では、リリィに会いに行ってきます


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

バナー







16:24  |  私、そしてリスタートの考え  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月04日(日) 19:25 |  | コメント編集

私の知人は、犬に供血させる代わりに、ワクチン代何頭か分をただでして貰い、狂犬病もただでという約束を取り付けていますよ。
頼んでみてはどうでしょう。
せめて保護犬の医療費を安くしてくれるくらいの優しさが有っても良いとおもいます。
福岡のゴル5 | 2011年12月04日(日) 19:30 | URL | コメント編集

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月04日(日) 19:45 |  | コメント編集

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月04日(日) 20:18 |  | コメント編集

★こんばんは(^^)

初めてメールします。我が家には少し前までワンコ2頭いましたがダルメシアンが14才で虹の橋に行きました…。今は生まれてすぐ捨てられた14才mixのラッキーがいます。今日のブログ拝見させて頂き、ダルに多額の医療費がかかり苦しかった事思い出しました。それでも助けたい気持ち、亡くなってまだ何か出来たんではないかとこの1ヶ月ずっと気持ちを整理出来ずにいます。沢山の保護されてる活動ブログ拝見して、この後悔した分をお手伝いの形に出来ないか考えてます。家族皆犬好きなので里親の縁も…ですが♪まずはバザーに行きます(*^^*)きっと私のようにブログ何回も見て心から尊敬と応援してる人が沢山いると思います。体力とお金が必要だから大変だとは思います。簡単には頑張ってとは言えませんがバザーでお会い出来たらと思ってます。(^-^)v長文すみません(..)
シャーリーママ | 2011年12月05日(月) 00:30 | URL | コメント編集

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月05日(月) 21:38 |  | コメント編集

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2011年12月05日(月) 21:48 |  | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://labgasuki.blog121.fc2.com/tb.php/1482-a563ecda

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |