では本日は蓮の記事です。
嫁ぐ時の様子からなので長いよ~^^





お見合い前日




前日のちっぽけな贅沢
前日のちっぽけな贅沢




その日の晩御飯の残りのトッピングフード。
こんなんしか出来なくてごめんよ





当日の蓮と最後のお散歩
当日の蓮と最後のお散歩





はよ、いこ
はよ、いこ







おばちゃん、まだ~~?
おばちゃん、まだ~~?





まだかなぁ・・・
まだかなぁ・・・





ごめんごめん、最後だから写真撮りたかったのよ。





最近は蓮が居る生活に慣れてしまっていて
写真を撮ることも忘れたりしていて・・・

昨日は、とっても可愛い姿の蓮が居ました。

でもね、撮るの辞めた。


明日にはもう出て行く子。

わざわざカメラ出して撮るのが、なんか空しく感じてしまってね・・・

私の胸の中だけでシャッターを切りました。


可愛い姿の蓮は今後里親様は一杯見れる。
蓮との暮らしの中で発見していって欲しい。

そんな私の中で久々に芽生えた複雑な思い。


それは旦那も同じだったのが後から分かったけど
あの子はね、一緒に暮らせば暮らすほど魅力が分かってくる子。

最初は地味で目立たない子だけど
怖がりでアカンたれな子だけど、魅力盛りだくさんな子で
少しずつ少しずつ人の中に入ってくる子。

まるで蓮マジック!!


夫婦二人とも蓮マジックにかかってしまっていたようでした(汗)



でも、ちょうどいい頃やね。
我が家に来てちょうど3ヶ月。

これ以上長くなると、きっと蓮が辛くなる。


蓮を見つけてくれたのはハナママさんのリリィの記事がきっかけです。

ハナママさんのブログでリリィの事を知り
うちのブログに飛んできてくれた。

その時、蓮を見つけてくれました。

こんな可愛い子がいたなんて!と。

多頭飼いをしたこともなく、2頭目を迎えるつもりで探していたわけでも
ないけれど、ダックスしか知らないご家族が全員可愛いと思ってくれました。



レオ君との相性だけが心配。


自分ちのテリトリーでないとレオ君の本性とか本領発揮が出来ないだろうと
連れてきてもらうのではなく、蓮を連れて行く事にしました。


ちっちゃい子は特に、家だと全然違うからねぇ~




さぁ、着きました。




レオ君!
レオ君こんにちわ!



レオ君は知らないだろうけど、
チチさんは君に会ってるんだよ~~、某所でね。


1年前、熱湯をかけられ火傷を負ったダックス君。
そんな子だったから忘れるはずはありません。

一歳という若さだったからすぐに里親さんが見つかると思ってたけど
まさか蓮を希望してくださった方だったとは・・・



最初は蓮を見て吠えていたレオ君。
けれども、元気はじける若さで



蓮に興味津々
蓮に興味津々




吠えられて最初はビックリして小さくなってしまった蓮。

私の側から動かず・・・


蓮は我慢する子です。
我が侭言わない子。
音も苦手でビビリんちょで守ってあげなくてはいけない子。

だから、もし
蓮が小さくなってしまったり、我慢するような生活をするのなら
連れて帰ろう・・・そう思っていました



でも、ヒズメ与えてあげると




居心地のいい所見つけ、カミカミ
居心地のいい所見つけ、カミカミ





DSCF3009






兄ちゃん、ええのん噛んでるなぁ
兄ちゃん、ええのん噛んでるなぁ






そしてレンのテンションをあげようとおもちゃで遊んであげると・・・


誘いに乗り、ちょっと楽しい気分に(なったはず)♪




おもちゃも咥えて上機嫌?
おもちゃも咥えて上機嫌?






お兄ちゃんにも甘え
お兄ちゃんにも甘え





お母さんに甘える蓮くん
お母さんに甘える蓮くん





最後の方になると






暖かくてウトウト・・・
暖かくてウトウト・・・






お腹見せてリラックスしたり
お腹見せてリラックスしたり







安心しきっている様子
安心しきっている様子







これなら大丈夫かな
これなら大丈夫かな





そう思ったので、蓮には最後の挨拶もせず、そそくさと家を出ました。




でもね、二日後に電話があり蓮が威嚇すると聞いたときはビックリでした!!


そんな事一切なかったし、そんな蓮を見たことが無かったから。


ただ、レオ君が若くて犬と遊びたがる子で元気な子で
蓮にしたら今までの環境とは違いすぎて・・・

あまりそこまでしてい犬と関わりたいとは思わない蓮だから
嫌な思いもあったとは思います。

ただね、レオ君にしても蓮が嫌がっていたらいつまでも遊ぼうとはしないだろうし
蓮も慣れてくるはず。そう思ってました。


しかし里親さんにしたら不安な気持ちがたくさんあったと思います。


でも私は蓮の威嚇を全然不安でもなく
たいそうな事とは捕らえていませんでした。

だって蓮だから。
蓮に凶暴性も攻撃性もありません。皆無。


きっとうちと里親様宅での環境が違いすぎもあるけれど
色々な要素もあって、威嚇した。そう思います。


なので私は安心していたんですが
初めての多頭飼い、そして中型という大きさ。
やっぱり怖いと思うんですね。

うちなら決着つけさすけどね^^


うちが里親宅と違ったところは

うちでは犬の中にボスが居てたのでボスになる必要もなく自然に下になれた事。。

そして、それよりも
私が犬達のボスで確たる主人であったので、

犬達が安心して暮らせていた事。

そしてうちの子達もどちらかと言うと犬には無関心で
蓮によってこないので安心だった事。


しかし里親様宅ではそうではなかった。


威嚇した、4日後にはさらに酷くなった。
その時点で連れてかえる?
悩みました。

でも、私自身が蓮を可愛いと思っていたこともあり
個人的な預かりの思いが入っているのでは?
私は客観的に保護主になれているか?何度も自分に問いかけもしました。

だから、最低は1週間でも様子を見て欲しいとお願いしました。


あとはね、
里親さん自身が蓮を返したくない思いがあるのを知っていたから。

なんとかしたいと思っているし
蓮が可愛いという思いは一杯あった方だったから。

だけども不安・・・そんな気持ちだったから
答えを急がなかったし、だからこそあえて厳しい事も言わせて貰ったりもしました。

私は待っていたんです。
里親さんの覚悟や自覚を。


私今回初めてだと思います。
結構厳しい事も言いましたし指導もさせてもらいました。
なによりレオ君の教育の事についても・・・。


レオ君の性格、社会性などの問題や
里親さん自身が確たるボスであることや飼い主としての自覚や
いろいろな事。


連の威嚇や行動についても
最初は私に「この先これは直るでしょうか?」
「返したくはないので大丈夫だと言ってくれたら・・・」

と私に決めて欲しいような言葉でした。

でも私は100%大丈夫だなんて言えません。


でも、昨日やっと私の欲しかった言葉が聞けました。

「覚悟を決めました、自分達で責任を持ってやって行く、守って行く」と。



それなんです。
その気持ち一つで今の現状はどうにでも変わる。
飼い主や飼い方で変わるんです。

何度も書いていると思うけど
よっぽどな相性でなければ、慣れるし上手く行くんです。


里親さん自身も、レオ君が虐待された子という思いでかなり甘やかしていたようだと
わかったようでした。

1頭だけなら甘やかして可愛がっているだけでいいけれど
2頭目を迎えたいなら、迎える気持ちならそれだけでは無理です。

やっぱり親に(ボス)にならないとね。


次の日には、さっそく名義変更しに行ってくれたようでメールが来ました。


ライン



今日早速、役場に名義変更に行ってきました。
これで、こたろうがいよいよ本当に私たちの家族になりました。

レオとの関係も少しずつ落ち着いてきているように思います。

教えていただいたようにレオにリードをつけたままにしておいて
こちらで呼び寄せてコントロールできるようにしています。

両方が甘えてひざの取り合いをしに来たら
片方を静止して片方ずつ甘えさせるようにけじめをつけています。
考えてみたら人間の子育てと同じかもしれませんね。


こたろうをかわいいという気持ちだけで
この先何年もレオとこたろうにストレスをためたまま
生活させていいものだろうかと悩みましたが、
ここは私たちのわがままを通させてもらいました。

こたろうにはもっと良い里親さんが他にいるかもしれませんが
しかたない。あきらめてうちの子になってもらいます。

こたろうとレオにとってこれでよかったのだろうかと悩むより
これでよかったと思ってもらえるように、
れから先どちらも大事に育てていきますね。

こたろうのことで、レオのこともあらためていろいろわかり、良い勉強になりました。
こたろうのこともこれから勉強です。
また、わからないことがあったら相談すると思いますが、よろしくお願いします。

年末ぎりぎりまでお忙しいようで、どうかくれぐれもお体ご自愛ください。
ほんとうにありがとうございました。


ライン



もっと良い里親さんが他に居るかもしれませんが
あきらめてうちの子になってもらいます


私を知ってる人なら
この言葉、私が大好きな事知ってますよね。

そして里親さんの前向きな気持ち。



この1週間で里親さん自身変わったと思います。
蓮を迎えるという自覚や自分が何とかしないとという
飼い主としての責任が付いてきた気がします。

蓮が来てくれたことでしつけの見直しにもなったし
私たち自身にもいいきっかけになったと言ってくださいました。



諦めないで良かった・・・・

ホント、これでもね悩んだんだから~~
よっぽど蓮を連れて帰ろうかと・・・

でも今ここで連れて帰ったら蓮はどこへも行けなくなるのでは?
なんかそんな気がしてならなかった。

確かに蓮にしたらうちではかなり居心地が良かったかもしれない。
だから余計に連れて帰るのがダメなような気がした。


でも、でも
こうなった事、私が一番嬉しく感じてます。

だって蓮楽しそうだもん♪


この顔見たらそう思うよ^^





笑ってる
笑ってる




添付した写真は、娘のマッサージでトロトロになって脱力しているこたろうです。
我が家では、娘のことを「犬のゴッドハンド」と呼んでいます







d(^-^)ネ!




蓮とレオでは呼びにくいので
蓮はこたろうになりました!!


蓮、おめでとう~~~~!!


チチさんは蓮の事が大好きやったよ!

だって真剣に将来はこういう犬が飼いたい!と思ってしまってんもん。

3ヶ月間、本当に可愛い蓮を一杯見せてくれてありがとう!
日に日に大好きになりホント楽しかった。



ホンマにホンマにおめでとう~~~!!








蓮に・・・
蓮に・・・






本当の家族が出来ました!!
本当の家族が出来ました!!



2011/12/26
蓮 Re:Start 卒業!






明日は超デッカイ奴の保護予定!
今TVで話題のあの子が登場?!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

バナー







いざ南極へ・・・

そばには家族が・・・

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)