FC2ブログ

2012'05.16 (Wed)

幸せ家族がいっぱい





里親さんからの便りですが
やっぱり私だけじゃなく、みんなにも届けたい。

応援してくれたみんなが居たから幸せに旅立てたのも事実だし。

そしてこんなに幸せになったよ~~!って見て欲しい。
そしてみんなにも幸せな気持ちを味わって欲しい。

見ているみんながホッコリする。
そんなひと時を・・・。


でもね、メールや手紙を抜粋して私の口でまとめて載せたいのは山々なんですが
なんせ短く省略できない・・・
しかもまとめる能力が・・・汗


里親さんにしたら恥ずかしい・・・って思う方も居るかもしれない。


もし、今後載せるのが嫌だと思う方が居れば
コッソリ教えてくださいね。

私の胸だけに収めておきますから。



ライン



東京からは、こまめに「ミルク便り」が届きます。(ちぇぱもさん初預かりっ子)

3/27に届いた「ミルク便り」


ミルクは元気です。
留守番中に娘のスキー教室土産のお饅頭を2個食べてしまったのが
最近のエピソードですね。

箱に入ってテーブルに置いていたものを落として、箱をどうにかして開けて
、ビニールの包装をきれいに残して食べてました。




DSC_0447



トイレも完璧になったし、お散歩も完璧、あまり吠えないし、
それぞれの実家でも穏やかな子だと感心されました。

人の側が大好き、人の側でいつも寝ています。この若さでこんなに寝るもの?

夜も一緒のベッドで仰向けになって布団を掛けて寝てます。
先代ではあり得なかった寝方です。

健康面は歯の悪さが問題です。犬歯より前の歯は3本残ってますが
、根元が傷んでいるので、これも抜いた方がいいのかもしれません。

幸い歯磨きをさせてくれるので残ったいい歯を大切にしていこうと思います。

やっと少し太りましたよ。モモ肉がプリプリしています。

東京も少しづつ暖かくなってきましたので、桜の中の散歩がとても楽しみです。

本当に幸せです。




DSC_0433




そして4/5に届いた「ミルク便り」



今年は犬と一緒に桜を見ることができないのではないかと思っていました。
でも、ミルクと一緒にお花見ができました。

家族の都合を合わせるのも難しくなり、夫と娘と別々のお花見でした。
(だからミルクの衣装が違う)
場所は近くを流れる善福寺川沿いの公園です。
すごい人混みだったので、怖がりのミルクには迷惑だったかも?!





お父さんとお花見
お父さんとお花見





お母さんとのお花見
お母さんとのお花見






娘さんとのお花見
娘さんとのお花見




本当に穏やかなミルク、暖かくなってお散歩するのがとても楽しいです♪
最初と比べて堂々とした散歩ぶりに、自分の町だと認識してくれたんだなぁと思います。
ずーっと一緒だから安心してね♪


ライン




ミルク、引っ張りだこやなぁ~♪

幸せのオーラ満開やなぁ~~。
でもって、家族みんなも幸せ一杯で、ホント最高です!!





お次はこたろう(たまごちゃん預かりっ子)


ライン



名前ですが、写真ではなく実物(本人)を見、一緒に生活するようになって
カタカナよりひらかなで『こたろう』と呼んだ方が彼らしいと
家族の意見が自然にまとまり、現在は『こたろう』と呼んでいます。

雨の日以外一日4~5回、短時間ですがお庭散歩を繰り返してた結果なのか
歩いて10分くらいにある公園までの道程も、怖がりもせず堂々と歩いております。

アスファルトの道路も公園の芝生も、しっかりと踏み締めています。


DVC00963



途中、2頭の黒いでかいラブラドールに吠えられて腰を抜かしたり
少し広めの排水溝を渡ったり、公園の階段を下りる時以外は抱っこもせず
できる限り自分の脚で歩くようにさせています。


枯れ葉や空地に咲くお花、風の音に近所の犬さんたち…
こたろうの興味はどんどん広がってきています。

好奇心旺盛で、本当にとっても賢い男の子です!
ちなみに父が溺愛するのでは?の予感が的中し、
家でも散歩でも離さなくなってしまいました(笑)



お父さんとこたろう
お父さんとこたろう


ライン



外を堂々と歩けるようになったんやね。
うんうん、甘やかさずに歩かせてください。

お父さん溺愛・・・
やっぱりね。
それは初日からもう分かってましたよ♪

でも、そんな姿が見られて私も嬉しいです。





久々に登場です!
シーズーのしずく♪(たまごちゃん預かりっ子)


ライン



コビンさんとは
時々散歩でお会いしておりましてバザーの開催を聞くのですが
なかなか都合がつかず参加できず失礼しております。

しずくは相変わらず
元気で目一杯愛想良しにしております。

写真添付いたしますので
最近のしずく
みてやって下さい。





しずく♪
しずく♪



ライン



元気な様子は聞いてるので気を使わなくて大丈夫ですよ。
マラソンの事も聞きました。

ママさんやりますね~~
今年も走るのかな??



お次は・・・こたろう



ライン





こじろうは元気にしています。(ぼんじぃ預かりっ子)
毎日、三回か、四回の散歩と、お昼寝と、お兄ちゃんに
むちゃくちゃに構われながら生活しています。
ご飯も、うんちももりもりです。

怖がるのも少しずつましになってきました。叩かれていたのでしょうか?
人が手を振り上げることが本当に怖くて、
特に新聞を手に持っているとぐるぐる逃げ回ります。

私はかわいそうだと思うのですが、うちの馬鹿息子は、
それでは僕の立派な弟にはなれん!と、新聞や、大きなバッグ、
はたまたパーカーのフードをわざと被って叫んだり、訓練??しています。

正しい方法なのかどうだか、でも、少しずつましになってきたようです。 





IMG_1456




もちろん、さんぽや、公園での競争ダッシュ、
宿題もゲームも左手か足!かでいつも撫でながら、○○とこじろうはいつもセットです。

小学生ゆえ、至らないところも多く、こじろうが娘の方に行くと
、無理やり「僕のところ以外いったらあかん」と引っぱったり、
そんなに大好きなのに、おもちゃをなかなか返してくれないこじろうに
(○○の言うことを一番きかないのも事実で・・・・)泣いてしまったり
、と息子なりに苦労し、考えているようです。


血のついたものが気になるらしく、息子の怪我や鼻血を拭いたティッシュに固執したり、
他の犬に吠え掛かったりといったことはあるのですが(怒られています・・・)、
お留守番も特に悪いこともせず、トイレの失敗も無く、とてもいい子です。

まだ、あまり笑ってくれないのがさみしいですが、少しずつですね・・・
靴下もダイビングキャッチ!でも、ボールは恐くてかくれてしまいます。
(古靴下じゃみんなに自慢できない・・・)

恐がり、運動好きなのにチャレンジは苦手、
さみしがり、やんちゃしたいけれども自分を出せなくていい子になってしまう、
本当に息子を見ているようです。


こんな子がうちに来たのも運命だ!と思っています。




IMG_1463



ライン



色々チャレンジしている息子さんにちょっと笑ってしまいます。
子供ながらに一生懸命飼い主になろうとしているんでしょうね。

きっといい男の子に育ちますよ。





里親さんたちの近況を読んでいると
その光景が目に浮かんでくる・・・

そして読みながらニコニコ顔になります(*^▽^*)

犬達の行動に一喜一憂したり
泣いたり笑ったり、怒ったり・・・

これが家族ですよね。

家族にしか分からないし、家族だからこそ味わえる事。

本当に犬も人も幸せ一杯で嬉しくなります。



でもね、こまめに近況をお知らせしてくださる里親さんたちですが
そんなに何度もメールしなくていいんですよ~。

元気で幸せに過ごしていればそれでいいんです。
いちいち私に報告しなくてもいいんですよ。

可愛いの見て見て~~♪ならいいんです。
だけども、気を使ってくれてるのならそれは必要ないですからね。

うちは、条件に近況報告を義務付けしてはいません。

だってあたしだったら面倒くさいし・・・汗
私も春馬の近況をredさんに伝えてないし~(ま、ブログで分かるけど)

そうそう、すが様だって報告して無いらしいし・・・(同類)

しかも、報告する義務ってある?って思うから。
私の役目は里親さんにバトンタッチするまで。
だから、その後は全然無視してくれて良いです。

住所や電話が変わったり、あとは脱走や命に関わる事があれば
知らせる旨は条件つけてはいます。

だけど、元気で幸せであっているのならそれでいいんです。


確かに全く音沙汰が無いと元気かな?って気にはなるんだけどね。
本音的には元気でやっているってわかれば嬉しいのは嬉しいけれど

だから年に一回の年賀状を貰えたらそれだけで十分です!

その程度ですので、それならちょっと気が楽でしょ♪




まだまだ近況報告届いてます。
また近いうちの載せますね。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

バナー





テーマ : 犬との生活 - ジャンル : ペット

00:42  |  幸せになった子達  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://labgasuki.blog121.fc2.com/tb.php/1622-0412542c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |