実はフリマの日、もう一つのドラマが誕生していました。


ん?
似た顔だな・・・と思っていると、飼い主さんの顔を見てビックリ!




あれ?この顔って・・・
あれ?この顔って・・・





なんと、トライアル中だったあべるが来てくれた。




ちょうど1週間前、(ゆずのライブの前の日)
密かにお見合い。(別に密かではないが・・・汗)

カメラ忘れ、画像はない・・・

その様子は預かりさんブログでね。


1回目のお見合いでやガウガウ犬が判明したあべる。
それは承知の上での事だったので
その事で戻ってきたわけではないけれど・・・

その事はかなり重要事項。

小さなお子様の居る家庭では難しい。
本気噛みではなく、血も出ないんだけど
でも、やっぱり痛い。



まぁ、ホンマパピヨンには多いわな。

歴代みんなちゃうか??
(あ、コマだけ優秀ちゃん♪)


自分が寝てたり触られたくない時には嫌らしい・・・
(ま、これは結構普通というかそういうモンだろうな)

自ら行くときにはいいらしい・・・
(むやみやたらに触られたくないんだろうな)

だが・・・自分から甘えてくるくせに
撫でるとガウガウすることもたまにある。

(なんやねん!)


やっぱり信頼関係の問題だろうな。
短期間では難しい。


希望者さん宅は子供がいるので
かなり念押しして心配したんだけれど
それでも会いたいとおっしゃって・・・。

遊ぶ時にはガウガウはないあべる。

一杯ボールで遊んであべるは息子さんの後を追うように。


でもね、それでも私は心配したんですよね。

でも、息子さんの接し方があべるが警告を出したら
怖がって手を出さないので、それくらいの方がちょうどいい、ってな感じで

両親ともこれくらいなら全然気にしないって・・・。

旦那さんは、警告を無視し噛まれに行ってるし~~(汗)


2ヶ月前にチワワちゃんを亡くしたばかりで
犬種は違うけど、先代わんちゃんと似ている所が多いんだって。

「カノンと一緒に暮らして、現状を知ってから、
もう絶対ペットショップでは買うまいと決めていました」

これ、本当に嬉しい言葉。

パピーミル=子犬生産工場
ショップで売られる子犬たちの背景には
酷い環境で、ろくに水も飲めず食べられず
病気になっても見てもらえず、放置されつづけ
産めるだけ産まされ・・・
捨てられるか、死を待つのみか・・

こういう子が居る事を忘れないで欲しい。

店で買うということは、ブリーダーを儲けさせるという事。
店側もまた注文するという事。
また不幸な子が増えるということ。
儲かるから生み出す。

買わなければ、店側は儲けられない。
ブリーダーも。
少しずつでも、この連鎖を減らしたい。



たまには真面目に書いてみた・・・エヘヘ

話脱線したけど・・・


ホントありがたいお話でした。
でもホントあべるでいいんですか~?ってな感じ。
(あべるに失礼ってか?!)

家族みんなでお越しになったので、本日から急遽トライアル。

で、フリマに来てくれて
「家族として迎えたい」と言ってくれました。

もう、嬉しくてね~~
この喜びを聞いて欲しくて

フリマ隊のみんな呼んで、

「あべる正式譲渡になりました~~!!」って声だしてた。

みんなで拍手、そしてみんなからの祝福。


翌日のメール。


アベルちゃんの正式譲渡を自分のことのように喜んでいただいて、
感動して私が泣きそうになってしまいました


いや、私も本当に嬉しかったです。
預かりのちぇぱもさんも居て良かったです。


てな訳で、フリマが終わり、即効誓約書を交わしに行って参りました。




DSCF6506






あべる



緊張しています
緊張しています





何故なら・・・




春馬がいるから(汗)





うへうへ
うへうへ




(1ヶ月経ち、すでにボサボサの顔)





広いリビングで1頭で
広いリビングで1頭で





自由を満喫
自由を満喫





あべるはホント賢い子。
言う事はすごく理解してるのよね。
言う事も聞くし。

でも、我が侭なんだなぁ~(汗)



信頼関係が出来るまでは、あまりむやみやたらにいじらない、触らない。
って分かってるんだけど・・・

むちゃくちゃ、さわりたいし
ベタベタしたいんです、とママさん。


うんうん、分かります~~~。




少しずつ少しずつ家族になっていってくださいね。





譲渡契約を見守るあべる
譲渡契約を見守るあべる








あまり我が侭言うんじゃないよ♪
あまり我が侭言うんじゃないよ♪









あべるに家族が出来ました
あべるに家族が出来ました





ね、ご家族みんな最高にいい笑顔してるでしょ♪





にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

バナー




驚きの切ない展開!

ありがとう&頑張った犬達

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)