3日も更新せず心配させてしまいすみません。


記事を書こうとすると、なかなか更新する気持ちになれず・・・


でもヴィガがこの世にしっかりと生きていた事
そして幸せだったこと、
そしてみんなにもヴィガを見送って欲しいから載せたいと思います。

(私の中ではいつまでたってもヴィガなんで、そう呼ばせてください)


前回死因について、あの時点ではご家族が病院の医療ミスではないかと疑っていて
しかし、ご家族の意見を全部鵜呑みにして憶測だけで書く事も出来ないので
ああいう書き方になってしまい、余計に心配させてしまってすみませんでした。


ただ原因は・・・
下痢をしたので便検査をしてもらおうと病院へ連れて行き
そこで何故か点滴をされたようでした。
しかし、脱水しているから、とか栄養が取れていないから、と理由も無く
いきなり点滴をしますとだけ言われ、
しかも、針も変えず、その場にあった点滴をしたとご夫婦はおっしゃっていました。

そして点滴をして自宅に帰ったら、おかしくなってきたようです。

また病院へ戻ると、点滴の液が体内に吸収されず残っているというのに
更に点滴をしようとした為、違う病院へ慌てて連れて行ったそうです。

その病院で、おかしくなった原因を調べる為
レントゲンやエコーなども撮ったんですが臓器には全くなんの異常も無かったようで
これといった原因も分からず、不明だったようです。

そして結局その二日後に急変した。

点滴はお腹に溜まったままで
お腹から壊死するという多機能不全に陥り急死しました。


その後、お母さんは納得できずご友人の獣医さんに聞いたようですが
点滴で亡くなる可能性は低いという事で、
もしかすると、その時点で点滴が受け入れられないくらいの体だったのではないか?
少しだけウイルスの数値が出たようで
もしかすると何かに感染してたのかも?
という見解でした。

ヴィガはね、9種のワクチン打っているんです。

でも、住んでいる環境というか場所が山の方で
獣が良く出るらしいです。
その糞などもよく見つかるようで・・・

なので、出来るだけ端を歩かせず、草も食べさせず
注意していたそうなんです。

結局は何が原因なのか解明できず、不透明で謎な部分もありますが・・・


お母さんは、便検査のつもりだけだったのに
点滴までさせてしまった事をすごく後悔しています。

~していたら、しなかったら、そればかり言ってました。

具合が悪かったのならそれに気づいてあげられなかった自分を責め・・・


でもね、何もせずに居てもそうなっていたかもしれない。
下痢をした、便検査、その行動は間違ってなんかいない。
お母さんは良かれと思い最善の方法をとった。


しかし当たり前ですが悲しみはあまりにも深いです。

前の子を亡くし3年経ってようやく立ち直りヴィガを迎えた。

それなのに、こんなに急に・・・


仕事、そして病院でのお母さんの介護など、しんどい時もあるけれど
チャイが居てくれるから頑張れた。
でも、もう頑張れそうに無い・・・と、いうお母さん。


チャイを返して欲しい、チャイを生き返らせて欲しいって何度も言ったお母さん。


見送る時、ずっとずっとごめんなさい、ごめんなさいって何度も何度も言うお母さん。

本当に辛かった・・・
いたたまれなくなり、チャイが来て幸せだったと、ありがとうと、言ってあげてと口走った私。


だって、本当にそうだったから。
お二人は本当に幸せだった。
ヴィガが幸せにしたんやもん。


私にも、うちに来なければもっとチャイは生きれたのに・・・
本当にごめんなさい、って言いました。


全然違いますよね。

ヴィガの人生は確かに短かった。
幸せな生活もほんの一瞬だったかもしれない。

だけど、きっとそれは一生分の幸せだった!

ヴォガの為にいっぱい散歩したり走ったりしてくれたし
いっぱいいっぱい甘えさせてくれた。


だからそう思いたいし、きっとそうだって思います。

だって本当に顔が安らかだったんだもん。

今にも起き上がりそうなくらいの生きているかのような顔。






処分される運命だった子がもう一度幸せな時間を歩み始める事が出来た。
短い期間だったけど、自分の事を本当に愛してくれる家族に出会えた。
大好きなお母さんお父さんが出来た。

こんなにも嘆き悲しんでくれる家族に出会えた。

だからヴィガは不幸なんかじゃない。

ヴィガは幸せだった。




ご夫婦の悲しみが、痛みが和らぐのにはたくさんの時間がかかると思います。

ご夫婦が少しでもそうなれるよう、私は手を貸したいと思います。



火葬の日、ヴィガを思い、偲んでくれる人達が集まってくれました。


たくさんの人が来てくれて見送ってくれた事、とっても喜んでくれたし
私もこうやって集まってくれた事、見送れた事が嬉しかった。






ヴィガの為に集まってくれたよ
ヴィガの為に集まってくれたよ







みんなでシッカリと見届けます
みんなでシッカリと見届けます






私はあなたを保護してよかった。

今も貴方の事を鮮明に覚えています。

初めて施設で会った時あまりの落ち着きの無さにビックリして
お座りさせても、あまりの嬉しさに座りながらお尻フリフリしてて
ホント、人が大好きでやんちゃ坊ずだったよね(^^)

どんな時でも明るくて元気でハイパーで・・・
怒ってもへこたれず、犬も誰でも大好きで・・・
こんな子ですけど、性格は最高にいい子です!ってご家族に言ったもん。




走り回るのが大好きだった
走り回るのが大好きだった







抱っこされて足を拭かれるヴィガ
抱っこされて足を拭かれるヴィガ






最初は落ち着きが無いし引っ張るしで大変で、
お母さんは私の言ってる意味が分からなかったようだけど(汗)
チチさんそう言った意味が、よ~く分かりました、って言ってくれた。


ヴィガ、私は貴方に出会えて本当によかったって思ってます。

とびっきり明るいヴィガが大好きでした。






明るくて天真爛漫で
明るくて天真爛漫で




甘えん坊で
人が大好きで甘えん坊で







賢くて面白くて・・・
賢くて面白くて・・・








先代のクロちゃんには会えたかな?





空に昇ってくヴィガ
空に昇ってくヴィガ







先代クロちゃんと一緒に・・・
先代クロちゃんと一緒に・・・






ヴィガ







痛みの無い世界で、あの時みたいに走り回ってるかな?





お父さんとお母さんは
ヴィガが逝ってしまったから、まだまだ元気になれそうに無いんです。


だから、元気になれるようクロちゃんと共に見守っていてあげてね。






可愛いヴィガ
可愛いヴィガ





ヴィガ本当に本当にありがとう!!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

バナー





ダンボールはお好き?

それは突然に・・・

comment iconコメント ( -3 )

ヴィガちゃんは、幸せでした。

ありがとうございました。

名前: 通りすがり [Edit] 2012-07-03 15:38

ヴィガのお姉さんより

初めてコメント致します。本当にビックリしました。ヴィガくんがいつのまにか虹の橋へ旅立った事を本日知り。。。かなりショックです。実は私はクッキーという同じブリ飼いです。知人から以前”クッキーにそっくりな子が保護されているよ”とこちらのブログを覗いた事がありました。既に良い里親さんが見つかったとの事でそっとしておこうと思い、ヴィガくんの幸せを祈る1人でした。
ヴィガくんはおそらくクッキーの腹違いの兄弟だと思われます。犬舎は東京にあります。耳に入れ墨があるのが証拠です。あまりにも家のクッキーに似ているため 人ごとと思えず、本当に本当に残念でなりません。おそらく医療ミスだと思います。でもヴィガくんは2度と帰って来ません。悔しいです。涙が止まりません!!
どうかどうか安らかに そしてたくさんの人がヴィガくんを思ってます。お空の上では幸せに暮らしてくれる事でしょう。ご冥福お祈り致します。

名前: クッキーママ [Edit] 2012-09-17 12:49

追記

ヴィガくんが亡くなってから3ヶ月経とうとしています。でも彼の死に意味があったと思いたいです。 こちらからの記録では全て分りかねますが 彼が点滴で亡くなったのではないという可能性を否定できないと思ったからです。その病院へ行く日に、もし彼の症状が下痢だけだとしたら 元気があり、食欲もあったとしたら やはりその病院の処置でおかしくなったとしか考えられません。
もし、ウイルスや細菌が原因だとしたらもっと全身症状が出ているはずです。(繰返しの嘔吐、発熱、元気がない、食欲もない)その場合は ウイルスや細菌が原因で、、でもそのような重い状態でしたら病院でまず検査があるはずです。その後に最適な薬の投与、点滴となるはずなのではないでしょうか? どちらにしても その病院で殺されたと考えるのが普通です。 彼のママさんのお友達の獣医さんに聞いたところで同じ職業。。。よほど勇気ある人格者でない限り 同じ穴のムジナだと思います。
その病院には注意すべきです。ヴィガくんが死を持って教えてくれたのではないですか? どうかヴィガくんの死が無駄にならぬようにと願う私です。

名前: クッキーママ [Edit] 2012-09-17 19:55

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。