昨日、晴れてリスっ子となったのは・・・

この子。







くりくりおめめ♪
くりくりおめめ♪





この子は某所ではなく、ボラ仲間からの保護依頼で保護しました。

今週来週は保護ラッシュなリスタートだったのですが・・・
たまたま保護予定だった子が一般譲渡で貰われたようで
預かりさんに空きがでたので、それならと引き受けられた子です。

多分、それがなければ難しかったかも?!



と言う訳で運良くうちへ(?!)来たダックス。






6歳のダックスの男の子
6歳のダックスの男の子






娘さんが飼っていた子だったけど
その娘に子供が生まれ、団地住まいの親に犬を押し付け

親は、一部屋だけを開放し、そこに全面ブルーシートを敷き詰め
その部屋にこの子だけを押しやり
部屋に入るにも、入り口を高さのあるゲートを何重にもされ
固定され、まるでバリケード。

私たちが入るにも一苦労したほど。

人とほとんど触れ合うことも抱かれることもなく
外へ連れ出すこともなく生活していたようです。

忙しいから触れないんだってさ(呆)


ブルーシートの上には何箇所かの敷きっ放しのシート。
テープで固定してあり
おしっこでべちゃべちゃにも関わらず換えない・・・
(固定してあるから換えられない?)


その上におしっこする姿は不憫でならなかった。


(そのブルーシートを素足で歩いた私も
足の裏がにゅるにゅるで気持ち悪かった~~)



窓は開いているけどクーラーも無い熱い部屋。

それでも、それがおかしな環境だと、この子は知らず

私たちにボールを投げてと持ってきて、
(ボールだけが置いてありボールが唯一の友のよう)

人が来たことに喜んでいる姿は健気だった・・・





触れ合うことに慣れておらず
触ろうとすると肩をすくめやや怖がっている。

それでも、服従の意味を込めてお腹をすぐに見せようとゴロン。





触ろうと近づくとお腹を見せてくれる
触ろうと近づくとお腹を見せてくれる







わちゃわちゃ触られるとビビってしまうが(噛もうとする?)
優しく触れば大丈夫だった。



抱こうとすればどうするか?

試みるが・・・かなりの抵抗をされたので、ひるむ。

その後しばらく小さな犬相手に、大の大人が手も足も出ない状態で・・・(^_^;)

誰も抱いてはくれなくて
仕方なく私が犠牲になろうと意を決し抱く。

噛まれずに抱けたものの嫌がり暴れ倒している。


まぁ、そんな状態だったわけなんだけど



接見の3日後の昨日、保護してきました。





DSCF7594




人の触れ合いの少ない中、どこまで人に慣れるか?
普通の生活を送った事が殆どないので、生活に慣れるまで
多少の時間は掛かる。

不安がなかったわけではないが

この日は、その期待をかなり裏切ってくれて、私にも懐くし、明るく可愛い姿を見せてくれた。

多少は固まるが、普通に抱くことも出来たしいい子だった





素直に抱かれてます
素直に抱かれてます






診察室でもかなりビビリまくったけど噛む事は一切しなかった。
(病院も来た事がないんだろうな)

フィラリアの検査が済むまでドキドキだったけど
結果は陰性。

それを聞けたときが一番ホッとした瞬間。



3日前に見たときは、さほど感じなかったのに
なんか、この子

今日見たら「可愛いくなってる?!」(笑)





笑顔も出てきた♪
笑顔も出てきた♪








一旦、我が家で昼休憩。




繋いでごめんやで~~
繋いでごめんやで~~







でも、これは貴方を守る為!






コヤツから・・・(汗)
コヤツから・・・(汗)








新しい名前を貰った「クルフィ」

この子にとって、今日から日々いろいろな事を吸収して行く時間。

きっと、たくさんの初めてに出会う。

犬との交わり方も、もちろん散歩も、いろいろな事全てを学ぶ。


そして人の優しさや愛情も。


クルフィがホントの家族に出会えるまで
日々成長して学んで行く姿を見守り、応援してあげてくださいね。





本日一番の、いいお顔♪
本日一番の、いいお顔♪





クルフィの様子はちぇぱもさんちで♪


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

バナー




3日分まとめてドン!

なんでウルトラ怪獣?

comment iconコメント ( 2 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2012-08-08 23:03

ルクフィじゃないよクルフィだよ。

名前: ブルーなビッグママ [Edit] 2012-08-11 11:56

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)