龍ちゃん徹底大解剖!(龍之介の詳細)


久々に龍ちゃんの登場です。


我が家に居るリスっ子は
アピール度が少なくなるというハンデを背負っております


こんな問題ない子、とっとと早く出て行ってもらわないといけないし
次アピールできるのはいつか分からないので


本日「龍之介、一気出し」です(笑)



龍ちゃんが気になってる人は今日のブログをお見逃しなく。






龍の大きさ分かるかなぁ~
龍の大きさ分かるかなぁ~






リスタートで初の小ささ。





2.4キロと言う小ささです
2.4キロと言う小ささです










対象がデカイから分かりにくい?!
対象がデカイから分かりにくい?!




ちっこくて抱くのも軽々
ちっこくて抱くのも軽々





龍之介相変らずの密着振り!!
とにかく人が大好きです!

小型犬は男の人苦手な子も多いけど
龍は膝に乗せてくれる、抱っこしてくれる、甘えさせてくれるなら
男の人でも全然大丈夫!!
相手を選ばない~~



でも、常に密着してきますがね(汗)






いつでもどんな時でも密着~
いつでもどんな時でも密着~










いつも密着
いつも密着







そんでもってむっちゃストーカー
そんでもってむっちゃストーカー








後ろに春馬、前に龍之介
後ろに春馬、前に龍之介





最近はちっちゃい犬に取り囲まれてる私(汗)

お前は悠大か?!って言うくらいに密着だな。

でもお留守番は出来るよん。
諦める事も待つことも出きます。


甘えてくれる密着してくれるのが大好きな人にはたまらんと思います。


ただ珍しく
小型犬で自分に甘えてくれる子が大好きな旦那が

「こいつ、早く出してくれ~~!」と言うのでビックリ!

理由を聞くとソファーから足を乗せ変えるときに
一度だけ龍を蹴ってしまった事があり、「キャン!」と泣かせてしまい
それ以来、身体を移動させたり寝返りさえ神経使い気を使い・・・

でもって、一緒に寝てると暑いそうで・・・

(降ろせばいいのに・・)

なので、小さな子に甘くて優しい~~人は気疲れするかも?!

(私は、そんな事気にもせず平気で身体動かしてるので
危険を察知すると自ら降りてるが・・・)




姪っ子に食べ物せがむ龍ちゃん
姪っ子に食べ物せがむ龍ちゃん






食い地張ってます♪
食い地張ってます♪








犬に関しては・・・
どちらかと言うと好きではないようです。

だからって吠え立てたり、攻撃する事はないですよ。

側に寄られたり構われたりするのが、嫌みたいです。

うちの子達のように無関心で居てくれる子なら平気みたいで
現に我が家みたいなこんな多頭の中、普通に過ごしているからね。


でも葉月が来てからは・・・

初めて犬に対して 「ムッキーー!」

相当唸りました。

今でも近寄って来ただけでも唸る。

犬好きな子は苦手でかなり怖がっているようです。

普段聞かなかった声なので
龍ちゃんむっちゃ怒ってる~~!と私は面白がっていますが
龍ちゃんにしたら相当嫌なんやろなと・・・。


特に完全ストーカータイプで密着型なので、先住犬がべったりな子だと
取り合いになる可能性があるけど
それでも春馬には一目置いているので、うちでは上手く過ごせてます
(春馬にはやられたから(汗))





ここでも密着
ここでも密着






春馬がくっ付いている時は、こんな風に・・・
春馬がくっ付いている時は、こんな風にちゃんとわきまえます







大型犬でも小型犬でも犬に対して、ちょっかい出したり遊んだり
構わない子であれば問題なく過ごせます。

この子自身に攻撃性は全くないから。


一言で言えば人だけです。
おもちゃでも一切遊ばない。
犬とも遊ばない。


散歩はスキというわけではないようですが、普通に行けます。

匂いかぎとかもほとんどなく
外でトイレをすることもほとんどないのですが(トイレは室内派)

散歩に行きたいというより、私が出かけるから着いてくる・・・
といった感じです。
なので、散歩を楽しむというより、
私に着いて動く・・といった具合(汗)

だから引っ張る事もないし、私が止まると止まる。

いつ見ても目が合います。(これがたまらなく可愛いです)

フィラリアもあるし散歩に時間短くていい子なので丁度ええわ♪



私から見れば手がかかることも大変な事もなく
性格も全然問題ないと思う龍ちゃん。

(私は許容範囲が大きいので目安にはならない?!)




ホントかわいいんだなぁ~♪
ホントかわいいんだなぁ~♪






ただ覚えて置いて欲しいのがフィラリア陽性だと言うことです。

やはり心臓に虫が居る事、そのせいで心臓に少なかれダメージが生じる事

虫に寿命がきて、死んでしまった時
血栓になり詰まってしまう可能性がないわけじゃないこと。



日常から気を付ける点は、

1激しい運動を避ける(散歩はゆっくり歩き、短時間で済ます)
2太らせないよう食事管理をしっかりする
 3できるだけ涼しい環境で飼う
    4冬場は急激な温度変化を受けないよう、散歩の前後は注意する
    5犬の呼吸や排尿、咳、食欲、お腹回りのサイズなど、異常がないかよく観察する

などです。(全て呼吸器系や心臓に負担をかけないためです)

とにかく知識と経験のある獣医さんによく話を聞き、定期的に検診を受け
飼い方を確認していくことが大切です



怖がらせているように聞こえるかもしれませんが、そうではなく
弱陽性なので、普段から、びくびくして極端に怖がらなくてもいい病気です。

毎月の投薬させしていれば、弱陽性なので危険度は少ないです。

すがちゃん所のサンちゃんも今年でマイナスになりましたし
セスも毎日楽しく元気でやってます。

ただ、「フィラリアは怖い」という認識だけは心の片隅にでも持っていて欲しいです。




そういう事を理解して迎えて欲しいと思います。



新太じゃないけれど
居ても全然苦労はなく、私から見れば、むちゃくちゃ楽な子です。

久々に楽な子が続いてて私はむっちゃラッキーです♪

来週の去勢手術を終えたら募集開始しようと思います。





甘えん坊で可愛い龍之介をどうぞよろしくお願いします
甘えん坊で可愛い龍之介をどうぞよろしくお願いします






にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村




バナー




お帰り♪

シュナに変身のシンバ&葉月

comment iconコメント ( 1 )

陽性の子がみんな元気に

以前にも、フィラリアの回に書き込みをさせてもらったのですが、チチさんは本当に素敵な方ですね。
すっごく、調べておられて、感動しました。
うちのこも晴れて陰転しましたし、直近の健康診断では肺動脈も正常の太さ、右心室に肥大も見られませんでした。
きちんとケアできればダメージも少なくて済みますから、チチさんのような影響力が強い方が発信してくださると本当にうれしいです!!
私も血栓ができ発作が起こるまで、フィラリアに対して、誤った知識しか持っていませんでしたから。。。
幸い今は元気ですが、知らない事が不幸な結果になっていたら、悔やんでも悔やみきれなかったと思っています。
龍之介くんの陰転を心から、願っています。がんばれ!

名前: 元フィラリア陽性の母です [Edit] 2012-08-21 07:55

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)