それでは、金曜日に保護した子。


新しく入ったリスっ子です。





頭ボッサボサ~
頭ボッサボサ~






え~~っと・・・


一体・・・





君は何犬??
君は何犬??






こんな身体に





DSCF8866









こんな容姿
こんな顔で・・・








こんな頭だし~
こんな頭だし~





え~っと・・・


見れば見るほど





分からない・・・
分からない・・・




でも・・・オモロイ顔・・・

と私が気にいったのは言うまでもありませんね(笑)



運転中の私に甘えたくて仕方のない様子。

だって横見たり話しかけると、むっちゃ笑顔なんやもん。






触って~~
触って~~








撫でて~~
撫でて~~








そっち行っていい~?
そっち行っていい~?







と、むっちゃアピール
と、むっちゃアピール






しかし・・・
30分の道のりの間

一生懸命、愛想振っても相手してくれないと悟ると

(だって運転してるんやもん・・・)







疲れて・・・
疲れて・・・







諦めた
諦めた








で、寝る
で、寝る




(笑)




信号待ちは撫でましたけどね。




この子は、とってもいい子やわ♪





病院でも何をしても抵抗せずいい子ちゃん♪



DSCF8870







チワワが入ってるのは分かった。
後は・・・
獣医にはシーズーちゃうか、と言われ
(ちょっと受け口なんで)

でも、毛は意外とワイヤーっぽい。

ま、なんでもいいわ。


とりあえず、チワワmixには違いない。


3.2キロの小さな彼女。
女の子だよ。



名前は「いおり」


とっても甘えん坊で明るく元気な子なんです。

だけど・・・

心臓が悪かった。

心臓の悪さの度合いではなく
心雑音のベレルは5でした。(6段階中)


レントゲンとエコー検査もしましたが
心臓自体は肥大もしてないのですが、
悪いのは心臓の弁でした


病名は「僧帽弁閉鎖不全症」



多分、耳にした人も多いと思います。
小型犬によくなりやすい病気です。

おおまかに言うと
僧房弁が上手く閉じず
血液が一方通行ではなくなり
左心室から左心房へ血液が逆流する、というものです。

いおりのばあい、エコーの結果、弁が少し切れていました

で、3割程度が逆流しているようです。

心臓自体は元には戻らないけれど
薬で治療していきます。

動脈を広げる薬を飲ませせる。

これで、逆流している3割が2割、もしくは1割にとなるように薬を飲みます


これは、特にシニアになると起こりやすいようですが
最初、いおりは獣医で推定4.5歳と言われてました。


が・・・

この病気があるということはもう少し年老いているのでは?。

しかし、歯も意外と綺麗だし、元気だし~~って事で

なので、推定年齢は少し幅がありますが5~7歳ではないかと思われます。


僧帽弁閉鎖不全症で多い症状は以下通り。


疲れやすい
やせてくる
呼吸困難
倒れる(失神)
おなかが膨らんでくる



今の所いおりには咳とかもなく症状が一切ありません。
散歩に連れ出すと喜ぶような元気な子です



第二の犬生を歩む。
新しい家族が待っている。

そう思って出てきたのに、病気が見つかりちょっと凹みました


でも・・・

色々調べると、心臓病を抱えながら薬を飲んで
平均寿命まで生きている子はたくさんいるようで

だから
僧房弁不全症だからといって悲観的になるのはやめた。


絶対、そんな子いっぱいおるやろ~、
うん、それくらい大丈夫!!


少し一緒にいただけで、その日は私の膝を陣取ってたいおり。

何度降ろしても座りたがった。

龍ちゃんみたいに、ホント甘えん坊で
人が大好きで、人の膝が大好きで、すっごいくっ付き虫さん♪

トイレも完璧!
攻撃性もなし。

ホンマいい子だわ~。


きっといおりにも素敵な家族が見つかるよね。


無事にいおりが第二の犬生を歩めますように・・・



いおりの普段の様子はこちらで

どこかで誰かが・・・



で・・・・明日も、またまたリスっ子が!

予定外の保護。

またもや・・・(泣)


頑張ってきますわ!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村





バナー





リスタート初のヨーキー

これからが本当の「生きる」

comment iconコメント ( 1 )

いおりちゃん、とってもかわいいですね^^
グリフォン入ってるんとちがいますか?
心臓レベル5といえばうちの子と同じです。
ただ、かかりつけの心臓病の専門の先生によると
レベルって心雑の基準らしいですから
いおりちゃんがうちの子のようにかなり苦しい
状態になるとは限りませんね。
せめて元気なうちにどこかの家族になれますように。
でなくてもチチさんとこに助けてもらえたのだから
家族が見つかったも同然だと思います。
預かりさんもとても愛情かけてらっしゃるようなので。。
応援してます

名前: ななし [Edit] 2012-10-17 09:49

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)