先週土曜日の出来事。



かりんちゃんがやって来た。



たまごちゃんが来てテンションがあがる犬達。





朝から大運動会が始まったチチ家
朝から大運動会が始まったチチ家





かりんさんはいたって物怖じしない子。


なので、もちろん参加




大きな子だって平気~
大きな子だって平気~







悟天のボールにロックオン!
悟天のボールにロックオン!








取られた・・・
取られた・・・







悟天・・・弱!





今度は




それを奪おうとするみやびん
それを奪おうとするみやびん







ゲット!!
ゲット!!





みやび・・・強!







取りに来た花鈴に怖い顔(汗)
取りに来た花鈴に怖い顔(汗)





一応はこんな顔も出来るみやびん。


だけども、実際はよわっちぃんですよ(笑)

春馬似も負けてるくらいだからね



我が家で思いっきり準備運動をして、ようやく





出発!
出発!





かりんちゃん、毛が伸びて
ホント可愛くなったね~





かりんの新しいおうちに到着!
かりんの新しいおうちに到着!







希望のメールは大抵はお母さんが多く
しかも、やり取りもお母さんが多い

何故ならお母さんがお世話する事が多いから。


しかし、今回はお父さんからの希望
そしてやり取り。


理由はやはり
お父さんがお世話をするから。


前の子の時もお父さんが食事の世話から散歩から全てしてたそうです。



そして何故、募集をあげていなかった花鈴に希望が来たのか?

私としたら募集前に声がかかることは本当に嬉しい。
だけども、花鈴の存在を何処で知ったのか気になり聞いてみた。


「里親募集」で検索して、たまたまリスタートのHPにたどり着き
そこで花鈴を見つけてくれたようです。





DSC_2876






花鈴に心奪われた理由は・・・

先代の子と似ていたからです。



去年亡くなった先代の子は「ケアンテリア」


その先代の子も「ワールド牧場」で募集されていた子で
シニアから引き取ったようでした。


もちろん何もしつけされていない状態。

そんな子だったから
花鈴のトイレ問題なんか平気問題ないと言ってくれていた希望者様。


そして偶然にも前の子の名前が「りん」ちゃんだったんです。

その事も感じるものがあったんでしょうね。



この子!
と決めた瞬間から、どんな子であろうと引き受ける。


本来はそれが普通で自然なんだろうなと思う。


これがあるから、ここがちょっと問題
相性がよくないから・・・

そんなものは関係ない。


預かり家庭で普通に暮らせている子。


飼い主の責任と覚悟さえあれば
きっとそんな問題さえもどうにでもなる。






ベッドにトイレにごはんにおもちゃ
ベッドにトイレにごはんにおもちゃ






やり取りをしている時から、お父さんの本気さが伝わっていたので
この日はもちろん、私もすっごく楽な気持ちで向かい

書類書いている時に


「トライアルじゃなくて譲渡で・・・いいんですよね?」と聞く。


希望者様も


「もちろん譲渡で!」と答える。






息子さん達がお茶出してくれたのにはビックリ!!
2人の息子さん達がお茶出してくれたのにはビックリ!!






お母さんが町内会の集まりで居なかったので
きっと、これ出すようにといわれてたんだろうな

いい子だ・・・



大きなおうちに広い庭!

元気いっぱいな花鈴が十分遊べる庭。

羨ましい~~~!



帰りに庭の木の「はっさく」頂きました
催促した訳ではないんだけどね
「これなんですか?」と聞いただけ(汗)




とってもとっても温和で優しいお父さん。


帰り際

「今度会ったら我が侭になってるかもしれません」とポツリ


そんな事、十分承知(笑)
あまあまになるのが目に見えてるもん♪


やんちゃだろうが、我が侭だろうが、
飼い主さんが「それでいい」と思うのなら
それでいい。

家族がみんな幸せならそれでいい。




花鈴に家族が出来ました
花鈴に家族が出来ました



もちろん名前は「かりん」のままです♪



この日、私の心は一点の曇りも無く
すがすがしい日となりました。


超安心な譲渡。


最高だ~~!!



花鈴、おめでとう~~!!





まだまだハッピーなお話は続く・・・
そして、本日も・・・

さぁ、そろそろ行こか!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村





バナー





愛がい~~っぱい♪

懐かしい昭和の家

comment iconコメント ( 1 )

りんちゃん、おめでとうございます。
家族に迎えるというのはその子の人生を背負うもんだと思ってます。簡単な気持ちでは希望できないですよね。ご縁があって出会うんだから【縁】というのはすごいなぁといつも思ってます。

名前: 松井です。 [Edit] 2013-01-28 14:07

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)