みなさん、悟天へのお祝いの言葉ありがとう~~!

我が侭な元気じじぃまっしぐらでこれからも頑張ってもらいますね

私が保護活動を続けられるのは悟天が元気だから。

あの子に何かあれば、私は迷わず休みます。

その時はごめんなさい。

それが私のやり方。

我が子を大切に思う、愛する。

私もただの一飼い主です。


だから、少なくてもあと3年は頑張ってもらわないとね~♪



ライン




未だに聖也が吠えた声を聞いた事がありません。

「ギャン!」と言う声はあるけれど…(汗)

(みやびにちょっかいかけられ・・・)


普段は存在を忘れるのではないかと思うくらい静か。


だけども、旦那が帰ってきたときはどんなに寝てても
起きてお出迎え。

そしてボールを持って来て遊べの要求。

この要求の声がたま、たまらん可愛い♪




だけどなんで旦那なんだ。


いまだ謎・・・





目が合うと・・・
目が合うと・・・






ボール遊びを催促される
ボール遊びを催促される







助けて~~
助けて~~







本日もみやびから避難中なり
本日もみやびから避難中なり(笑)





こ~んなに可愛い聖くんなのに
一つもお声がかからないのは何故だろうか


大人しくて、だけどもお茶目な面もあって
それでいて手もかからない(散歩は殆どいりません~)
本当に可愛い子なんだけどなぁ。




ライン





さて、一昨日の予告どおり
気になるアイツに会ってきた




アイツ発見!
アイツ発見!




そう、アイツとは・・・



クルフィー
クルフィー♪





クルフィーは怖がりです。
こんな環境だったから、人をあまり知りません。

初対面の人には怖がります。

撫でる事は出来るけど、すぐに抱いたりとかは出来ません。


知らない人なので何をされるのかが分からず
怖がり歯を当ててこようとします

しばらく一緒に過ごせば抱く事も出来るし慣れては来るんですが
数時間は難しい。

そんな子。





すがちゃんの手・・(笑)
すがちゃんの手・・(笑)






そんなかたくなに閉じんでも・・・(笑)
そんなかたくなに閉じんでも・・・(笑)



撫でる事は出来ますよ




私にしたって、クルの中では他人です。
知らないおばちゃんです。

なので私にも抱かしてはくれません。

首輪とかリードとかも付けられません。


保護時はなんで大丈夫だったんだろう・・・と少し不思議ではありますが
当時は訳が分からなかったんだろうな、と思います。


慣れれば何でも出来ますが
それでも、まだまだ家庭という中で普通に過ごして来なかったから
出来ない事も多く、苦手な事も多く、怖がることもありました。

今までは飼い主との接触も少なく
身体もあまり触られたことが無く、色々な経験も無く
なので、されることがすべて未知なので不安と恐怖だったんです。

それを預かり家庭で少しずつ不安を消していった。
人は怖くない、こんな事をしても大丈夫、安心だと教えていった。




クルとちょっと走ってみた
クルとちょっと走ってみた






それでもまだまだ成長過程であって出来はいいとは言えません。

お見合いの時もスイッチが入り
私が立ち上がろうとしただけで、向かって吠えてきました。

少し動くだけでも吠えたりして
もちろん希望者さんが立ち上がり動くと
後から追いかけ吠えまくります。




いい顔頂きました~♪
いい顔頂きました~♪





そんなクルを見たにもかかわらず
何故お見合いがOKだったのかは分かりません(汗)

ずっとこんな状態ではないですよ。
預かり家庭では預かりママには懐きマイペースに暮らせていた。

その言葉で「落ち着いたクルフィー」を見てみたい。
私を信頼し甘えてくるクルフィー、そんな姿を見てみたい。

そう言ってくれてトライアルに入りました。





ママ~~♪
ママ~~♪






お見合い時、クルの取扱説明をたくさんさせてもらいました。

誰しもが簡単に扱える子ではなく
一癖も二癖もある子です。

預かり家庭では何事もなく暮らせていたけれど
それでも、まだ成長過程だから
引き続き勉強も、リハビリも、必要な事も話しました。


無理やり、いきなり、乱暴、雑
そんな扱いはご法度だし
慌しい空気、人の出入り、そういう環境も苦手です。
ベタベタするのもスキではない。

しかも先住犬の子がいい子すぎて
盗み食いとかもしない子だったので
色々環境を変えないといけない点もありました。

たくさんたくさん話した上で、

「面倒くさいですよ」
「ややこしいですよ」
「今までと扱い方変えないといけませんよ」
「環境変えられますか?」
「大変ですよ」

これでもかってほど心くじくようなこと言った筈なのに(笑)
それでも、心折れなかった希望者さん。

初めての長時間のお見合い(実際半日)汗

そしてトライアルを入ることを決意した希望者様。







何しに来てん(そう言ってる様に見える・・・)
何しに来てん(そう言ってる様に見える・・・)







しか~~し!!


ブログなどもあまり見ていなかったようで
しかも、私の言葉の意味を理解できていなかったようで

完全に扱い方を間違えてしまい・・・


はい、噛まれました。(汗)


だけど希望者様は
犬の経験不足の自分ではクルフィーは
ハードル高すぎたかな~と思ったりする中
自分の扱い方を間違えた点を反省し
「色々勉強になる」と言い、
預かりのお母さんのようになりたい
せっかく出来た縁だからと、やれるだけの事はしたいと
トライアルを中止することなく、
今後の期待も込めて頑張りたいと言ってくれました

噛まれたから、無理です、と言わなかったんです。

きっと、早く仲良くなりたい!と焦りもあったんでしょうね。

噛まれる事は怖くない、だけど噛まれる事が悲しい、と言ってました。




走り回るクル
走り回るクル





どうなるか私も不安でした。

今までとは違う犬への接し方、考え方
そういうのを全部取り除かなければ、このことの生活は難しい。
クルフィーを理解しようとする気持ち
そして歩み寄ろうとしなければ、成立はしない。

大丈夫かな・・・・・・そんな風に思ってたんですが




サークルもベッドも増えてた
サークルもベッドも増えてた






2週間ぶりの再会。

希望者様のクルへの扱いが以前とは違うのは目に見えて分かりました。


そしてこちらから何かを仕掛けるのではなく
ちゃんとクルフィーの意思から来るように、待つようになっていました。


それも極自然に・・・

環境も随分変わっていました。





すがちゃんにボールで遊べと要求するクルフィー
すがちゃんにボールで遊べと要求するクルフィー






DSC_2983







あれから噛まれる事は無いようです。
そしてクルも落ち着いてきたようです。


クルフィーの事を理解しようと思っている。
そして理解しつつあるし
あせらず、少しずつ距離を詰めていく事を分かってもらえたようです


クルも懐いてました。
ご自身では分かっていなかったようですが
すっかりクルのママさんだったし、それが感じられました。




完全にママさんになってます
完全にママさんになってます






この2週間、メールのやり取り、そして電話
色々不安でドキドキだったけど



この日、安心して譲渡書類を交わせました。





私たちが家に入ってから、またもやスイッチの入ったクル(汗)

私とすがちゃんは動けば完全に吠えまくられていましたので
中での家族写真撮影は断念し

外での撮影(汗)



こんなややこしい犬なのに(笑)
クルをと言ってくれて受け止めてくれて・・・


本当に本当にありがとうございました。





クルフィーに家族が出来ました
クルフィーに家族が出来ました




保護時は夏だった。
あれから5ヶ月・・・

あんたにはホンマ気をもんだわ。
私だって抱く事を許してはくれなかったし
ビビッテた(汗)

それでも、私の中では気になる存在で
何を言ってもリスっ子だから可愛い奴。


クル、良かったね。


本当のママが出来たね。



これからいつまでも、ずっとずっと一緒だからね♪




仲良くするんだよ~~!
仲良くするんだよ~~!







クルフィー、おめでとう!!!





おばちゃん、ありがとな、じゃバイバイ!
おばちゃん、ありがとな、じゃバイバイ!





そう言ってる様に見えた







2013/1/27 
クルフィー Re:Start 卒業!



 



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村





バナー





楽しく子育てが一番♪

第一目標達成!!

comment iconコメント ( 4 )

里親様の気持ちに感動です。やっぱり、家族に迎えるってのはこーゆー事ですよね。おーくんもかりんちゃんもそーだったけど、クルフィーくんも色々考えてくれて大切にしてくれる家族に会えて良かったです。おめでとうございます。

名前: 松井です。 [Edit] 2013-01-31 15:19

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2013-02-01 17:50

みんな、ありがとう!

ボク、幸せになるi-278

~クルフィ~

名前: ニクさん [Edit] 2013-02-02 10:07

おめでとうございます。

嬉しかったです・・やっぱり。

名前: てんてん [Edit] 2013-02-03 13:28

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)