2本連続で更新しております~




まずはつむぎの事から報告します



つむぎちゃん、3週間前に我が家からすでに巣立っています。


今は里親さんの元で幸せ生活満喫中です。







DSC_7768







28日が手術予定だったので
その日に我が家に一旦里帰りの予定でしたが

里親さんも、そしてつなぐも
その間でさえ離れがたくなってしまい(笑)

地元で手術をする事になりました









DSC_7755







そう、つむぎの新しい飼い主さんは

なつのパパとママです。





我が家にいたときのなつ



IMG_4159










IMG_4141







やっぱり似てるわ…







犬を迎えることを躊躇っていたお母さん。

だけども、つむぎを見た瞬間
なつにソックリだと驚き、気持ちが揺れた。

特に悩んでいたのはお父さんでした

年齢が10歳という事で
なつを譲渡したときよりも年老いている。

またすぐに悲しい思いをするのではないかと。
なつの死が相当こたえたようでした

男の人って本当に弱いですからね~


でも、最終的に

つむぎを迎えたい
この子の体に何があろうが
たとえ一緒に暮らせるのが1年でも半年でも
この子を!と強く望んでくれました。




そう、早々に名前を付けてくれたのは
実は、なつのママさんだったんです。

その時は決断された時ではなかったんですけど
お名前だけ頂きました








DSC_7794






でも私、実はこの子を見た瞬間から
ここのおうちの子になるんじゃないかって
そう思ってました。


穏やかで優しくて
ホントなつを思い出させるような子

なんとなく運命的なものを感じていました




でも、つむぎはつむぎ
なつとは違うけど、

なつのように
これからの犬生が幸せな物であるのは間違いない。


10歳で飼い主と離れた彼女の心は
本当に寂しくて仕方なかったと思います

だからこそ、私が態勢を変えただけでも
物音を立てただけでも
慌てて立ち上がり、置いて行かれない様に必死でした

里親さん宅でも同じようです。

きっとそのトラウマはなかなか消えないと思います


命が助かった、命の危険はない
だから安心、もう大丈夫

それでよかった・・・とは
私は思いません。


きっと今までに辛い思いや悲しい思いをしているはず
それでも過酷だとか辛いとか
思わないのが犬の素晴らしいところだけど

途中いろいろな事があっても
今までの犬生が酷く過酷なものだったとしても

せめて最後の犬生が幸せで穏やかで

大好きな人がいる事
愛されて逝く事

幸せな最後が迎えられることは
私にしたら、それがせめてもの救いです。




つむぎ、私に保護させてくれてありがとう
Iさんところの子になってくれてありがとう




つむぎまた会おうね。
出来れば、少しでも長生きしてね

同じ10歳同士
悟天と競争だからね




2013/8/17
つむぎ Re:Start 卒業




人気ブログランキングへ






バナー





あなたに出会えてよかった

人生色々あるわな

comment iconコメント ( 1 )

おめでとう♪

よかった!よかった!
老犬ちゃんが幸せになれるのは
すごーく嬉しいねv-340

そして、チチさんあっぱれ!です♪

バザーにエルフィ連れていけたらいいなぁ。
お嬢、20キロになりましたよ。

名前: レオンママ [Edit] 2013-09-10 12:58

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)