私、おばあちゃんになりました~~。



ビックリした?!^^


いやいや、ホントにおばあちゃんになった気分よ。


だってこんな子がいるからね








DSC_8740









生後2,5~3ヶ月のチワワとダックスのmixの男の子です
(ちまたではチワックスと言われている)



体重は現在1.5キロ

mixなので成犬時の大きさは分かりません。



うちの子が子犬だったときは
こんなもんじゃなかったし。(子犬でもすでにデカイ)

こんな小さな子犬ってホント初めてで
やわらかいし、何度も踏みそうに蹴飛ばしそうになるので
最初はビビリまくった







DSC_8758








歩くと足元にじゃれてくるので
どうやって歩いたらいいねん~と家族達。


で、すり足作戦。




・・・ダメだった。




すり足だと、チビふが足の甲に乗ってしまい
すり足をした時、ボールのように転がっていったΣ(; ̄□ ̄A



で、編み出したのが
追いつかれないようにダッシュで歩く。(笑)



ってな訳で家の中でダッシュで移動している
チチ家一家だった








紫音ちゃんと比べてみた♪
紫音ちゃんと比べてみた♪











DSC_8808











腹に乗られても怒らない紫音ちゃん♪
腹に乗られても怒らない紫音ちゃん♪








子犬には優しい紫音でした♪










DSC_8818








もう言わなくても分かるわな。



ハッキリ言って可愛すぎる~~~~!!!



子犬って無邪気すぎる~~

やわらかすぎる~~~!

ぷにゅぷにゅしすぎ~~


やることなすことむちゃくちゃよ





動きはまるで「ねずみ」

ねずみと言っても
ハツカネズミとかクマネズミとかではなく

サイズ的には「ドブネズミ」(笑)


尻尾が特にねずみにしか見えないのよ~~
(我が家の階下は今、クマねずみと格闘中なので・・・(汗))







まるでねずみ・・・
まるでねずみ・・・









顔を舐めまくり、耳を舐めまくり
髪を舐めまくり・・・








毛づくろい中・・・
毛づくろい中・・・














DSC_8772<









顔の長さと一緒
顔の長さと一緒





この歳になると
お母さんではなく

完全におばあちゃんの域だわね

何をしても許してしまっている(汗)




ただ、ちっこすぎて気を使います

目が離せない。



子犬・・・・3日で十分です。




まさにおばあちゃんの心境や・・・



早く母親にバトンタッチしたいと思いますので
早急に募集します




ただし

これからが本題です





見て分かったと思いますが、左目が真っ白です。


最初は白内障かと思われました

若年性白内障は遺伝疾患であり
進行スピードも速いといわれる

しかも両目という可能性も大きく
すでに猛片方の目に白い白濁が・・・


で、せめて見えているうちに
新しいおうちで家に慣れ配置を覚え・・・と考え

それならば早急にと急遽保護した子です



しかし結果は白内障ではなく

「角膜ジストロフィー」



角膜ジストロフィーとは
眼の表面を覆うウィンドシールドの役割をしている角膜に
コレステロールやカルシウムの沈着が起こり
角膜に白濁が生じてくる病気です。


よく見られる疾患ですが、失明に至るケースは稀で
軽度な場合には、視力は保たれますが、
病変部が多数存在すると、失明状態になることもあります。


角膜ジストロフィーを発症しても、視界に多少影響が出る以外
、犬は痛みや不快を感じる事はありません。

片目あるいは両眼とも冒す可能性があり、患部の大きさ
形、白濁部の密度などはケースによりまちまちです。

左右の目の同じ位置に、対称的に白濁点が現れるのが一般的です。
白濁部は多くの脂肪分を含んでいます。
この病気にかかった犬のほとんどは6ヶ月齢以上です。


ただし


親から受け継いでしまった病気のことを「遺伝子疾患」といいます
これは遺伝子レベルでの病気なので
症状を食い止めることができません


遺伝的なものの時には治療方法は無く
場合により徐々に進行します。


進行速度には2種類あり、非常に遅く失明に至る場合と
そうでない場合のもの。
急速に進行し失明にいたるものの2種類です。

他犬種にもおこるが、進行が遅く失明に至らない事もある。

ミニチュアダックスフンドの場合は進行が早く
病変部が多いと失明に至ることが多い





この子の場合は生まれつきの遺伝疾患です
元々ダックスやチワワ、フレンチブルドッグに多いです。

ダックスとチワワ・・・


で、病変部も多く、すでに片目は見えていないと言われました

今は痛みを伴っていません。






DSC_8794







しかしすでに右目にも病変が少し出ています。



なので、もう片方の目もなる可能性が大きいという事。
(それも若年齢なので、進行スピードも速いかもしれません)

それだけではなく、今後、緑内障が併発されたり
内容物が出て眼球萎縮となる可能性もあるとの事でした


しかし!


そうならない可能性もある。


こればっかりはどうなるか分からなく
経過を見守っていくしかないようです。








DSC_8790









生後1ヶ月程度でダンボールに入れられ捨てられました


たまたま個人の人が飼っていて掛かってしまったのかもしれない。
でも、それは避妊去勢で防げたはずです


動物にとって、交尾のない発情は
単なるストレスやトラブルの原因にすぎないし

野生として生きているのではなく
人と共存し家庭に入っている動物なら特に必要ないものです


交尾行動を飼い主の勝手で制限することは
犬や猫にとって苦痛でしかありません

オス犬にしたら目の前に裸の女がいて誘っている
そういう感じだと言います。

それでも我慢させられる。制限される。
(あ~切ないわ・・)


不幸な子をつくらないためにも
家族としてつき合っていくためにも

また、その子達の健康を維持するために
避妊去勢は必要なことだと思いませんか?


その子があなたにとって
本当に大切で必要な子だったらね






話は脱線しましたが



何でも噛みたい盛りです。
歯が細く尖がってて、結構マジで痛いです。(汗)

手だけじゃなく、足でも、服でも、何でも噛むし
壁紙だって引き剥がすし、クッションフロアーだって
引き剥がすし・・・(汗)


イタズラ満開です!


大人しいもんではありません






DSC_8782







そりゃ粗相もあります。

シートで出来ているときも多いけど
ベットとマット、シートの違いがまだハッキリは分かりません

(当たり前)


おもちゃも振り回したり
うーうー唸ったりして目一杯遊んでます。


今はとにかく元気です





名前、早々に行くから考えなくてもいいかな、と思ってました

でも、とりあえず呼ぶのに色々考え
一度は決まったのですが


毎日、やんちゃして無邪気に
元気一杯に遊んでいる姿を見ていると

このまま光を失わないで欲しい。

このままやんちゃっ子で居て欲しい。

そう思ってきて・・・



なので希望をこめて


ドイツ語で光と言う意味の



「リヒト」


そう名づけました




確かに子犬は可愛いです。
でも、可愛いばかりじゃ育てられません。
特に、今は見えなくなる可能性を秘めている。

そして色々疾患も出てくる可能性。

可哀想だからだけでは無理です。


家の配置、対策、そして
その後の合併症など・・・


お金もかかるでしょう。

経済的余裕、時間的余裕。がなければ難しいとも居ます
家族での協力。




飼いたいだけではなく
将来の事を見据え、飼える環境でないといけません。


そして、何より「リヒト」と共に暮らして生きたい

そう思ってくれる方の希望を心よりお待ちしています









全員集合~~♪
全員集合~~♪










人気ブログランキングへ





まずはいつも見て下さっているブログだけからの募集開始します
いつさとへの掲載は今の所考えていません



たくさんの希望が入ったときは
お返事に1週間はかかる可能性もありますので
その点だけ了承願います


希望の方はずホームページを熟読し
必ずアンケートフォームからお願いします

アンケートフォームから出ないとお返事できかねますので
よろしくお願いします




バナー







幸せな未来を迎える為に

マノンのんのん♪・・・リスっ子新入生(マルチーズmix)

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。