伝えることが多すぎて全然追いついてません。

すんません~~



実は和来、少し前からこんな姿になってます…

それだけじゃなく色々と…






DSCF1046





また後日詳しくお伝えします。





ライン





実は幸せ報告いっぱい溜まってきた~!

早々にお話が来るだろうって思ってた子に
全然話もなくずっと動きがなかったので焦りましたが

三平、そしてサニー、そして真音も既に幸せになっております。



真音のママから希望が来たのは

まだ前の子を亡くし
49日が経っていなかった時でした

そしてその後すぐにバザーにも会いに来てくださいました



当初希望を送ったものの
49日を過ぎてから迎えると決められ、
今は見送る、でもその後真音が巣立っていなかったら・・・

と改めてメールが来ました。

一度はご縁がなくなりかけました

しかしほかの方とのお見合いがキャンセルになり
そこで猛アタックしてきてくれたのがママさんでした。



やはり、真音と触れ合って抱きしめた事が忘れられない。
あんな事言ってたけど前言撤回したい。

待たずに今すぐにでも・・・と胸の内を伝えてくれました






DSCF0966
愛しそうに…







実はね真音を迎えたいと思ってくれた気かっけが
私がリンクしている詩だったんです。

悲しんでいる人に、そう思って欲しいという願いで
載せました

「虹の橋」は作者不明ですが有名な詩ですが

これは私個人がこの方の作った詩が好きになり載せています

亡くなった子も、あなたがいつまでも苦しい思いの中にいたら
とても心配してているはず
少しでも笑顔になれるようにと作ったいっけさんの
オリジナル作品です。



少しだけ紹介させてくださいね


「ママ、もう泣かないで」




ママ、もう泣かないで

大好きなママ

ぼく、虹の橋に来たよ

もうどこも痛くないよ

もう何も苦しくないよ

動物の神さまに抱かれているの

ママ、もう泣かないで

ママが泣いているとぼくも悲しいよ

ママと一緒だったあの日

あの春も、あの夏も
ぼくはいつも幸せだったよ

ママ、後悔なんかしないで

自分を責めたりしないで

「早く気づかなくてごめんなさい」
「もっとこうすればよかった」
「ああしなければよかった」

って、そんなふうに思わないで

ママ、いいことだけ思い出して

楽しかったよね、あの日

笑ったよね、あの時

ママとぼくは、幸せを与えあってたんだね

ママ、とっても寂しかったら

次の子をお迎えしてあげてね

ぼくはやきもちなんて焼かないよ

その子はぼくの代わりじゃなくて

別々に可愛いんだって
ぼく、ちゃんと知っているよ

ママとその子が楽しく過ごして

ママがもう一度笑ってくれたら

ぼくは安心してここで待っていられるの


だから笑顔で暮らしてね

ママ、もう泣かないで

ぼくはずっとママの心に住んでいるの

そしてずっと先のある日

ママと会えることを知ってるの


だから、ママ、もう泣かないで







DSCF0967









私はまだ愛犬を亡くしたことがありません。
だから、亡くした方の本当の痛みはわかりません。

それでも、この詩はジンと胸に刺さり
そして救われる気がしました











先代犬にご挨拶
先代犬にご挨拶









ママの心が軽くなり

そして笑顔に変わっていく…









DSCF0959













DSCF0960










少しでも笑顔を取り戻せる手助けができたことが
私はすごく嬉しい








HPを作った時に載せったので
スッカリと忘れていたけど
ママさんに言われ思い出しました

でも、これがご縁で
真音とママを結びつけることができて
そしてママも真音も笑顔になれて

私も嬉しく、みんなが嬉しい。









DSCF0970











ホントこの日は幸せ一杯で
(臭いけど…)愛がいっぱい溢れている日になりました










DSCF0964
真音に家族ができました










お二人共本当におめでとう

これからもずっと幸せにね





2013/11/15 
真音 Re:start 卒業!







にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ





お問い合わせ、希望はRe:Startまで


バナー







白い小型MIXってようわからん

グレートデンでもMIXでも、どっちでもええねん

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)