常連は常連だけど
最近は、特に病院へ行っている。


で、毎回思う。
ポイントカードとか作ってくれへんかなぁ・・・

(で、貯まったら割引とかさぁ)


もしくは皆勤賞とかくれへんかなぁ・・・

(年に一度のご褒美とか!)


と思う、今日この頃(笑)




さて、日付けは
はまいまい、ラピス、スパーク、紫音の診察を終えた次の日の
11日とさかのぼる。


この日は「海斗」の診察。

なんでかいとが居るかと言うと・・・


実は少し前に

「吠えた後にパタッと倒れこみ
その後、起き上がろうとしても足がふらつき
中々起き上がれなかった・・・」と言うのを

ニクさんから聞きまして・・・


意識もあるし、痙攣(けいれん)とかもないんだけど
気になって動画持参で再度病院で検査をしました。









かいとの診察
かいとの診察










心臓も一切問題なく、映像を見る限り
癲癇(てんかん)の一種だろうと言う事でした。


癲癇にも色々あり、白目向いて意識がなくなり
痙攣が起こり、口から泡が・・・

というだけではなく

目に見える大きなものから
歩いているうちに急に立ち止まり一瞬目をつむったり
でも、またすぐに歩き出せる、と言う
軽いものまで様々だそうです。

軽いものだと飼い主さんも気づかないようです


あくまでも、今現在の診断では軽い癲癇だそうです。


大きな疾患を抱えていたりすれば
日に何度も癲癇が起きてしまったり
癲癇が起きた時間も長かったり
翌日など連続で起こる。

そういう場合は要注意。

脳や心臓に異常がある場合が多いです。

癲癇になる犬は意外に多く
時間も短く、まだ1度しか起きてないと言う事で
様子見で構わないと言う事でした。



良かった・・・






海斗はと~~っても臆病で大人しい子。

だから、興奮して吠えてしまって
ストレスになってしまったのかもしれないな。









前方のスパークにビビリまくる・・・
前方のスパークにビビリまくる・・・










下に降ろすと
尻尾インしたまま逃げ惑い隅っこに・・・










犬から逃げ惑うかいと
犬から逃げ惑う海斗












ちょっと屋上のランに出てみた










外でもテンション上がらず
外でもテンション上がらず









一緒に走るとやっと尻尾が上がるが

それも一時・・・(汗)







大人しすぎるぜ!!






気が弱く大人しい海斗君。

かいとの後ろ右足は頚骨内湾症(頚骨異形成症)と言う
疾患があります。


ここに詳しく書かれてあります



ここに書かれている通りに

これは成長の過程で起こる疾患であり
この変形は3ヵ月令くらいから進行し
8ヵ月令くらいで止まります

ですので8ヵ月令以上の子で
脛骨異形成症だと診断された場合には
これ以上進行することはありません。


海斗の場合は症状も強くありませんし
普通に歩けているので、これ以上に治療は必要ありません。


ただ、湾曲しているせいでパテラになっていますが
それもレベル1の段階であり、問題ありません。



性格も大人しすぎるくらい大人しく
何をされてもされるがままで・・・

な~んの問題もない、海斗。



確かに、癲癇が一度ありました。
後ろ右足少しだけ湾曲しています。




それよりも、かいとの内面を見て
「海斗」がいい。
「海斗」を迎えたいといって下さる方がいれば嬉しいです








DSC_9289






診察受けた後自宅に戻る。

さぁ、犬軍団総勢9頭だ~~!!!


チビ軍団が7頭も!


その様子はまた明日♪




海斗が気になった人はこちらで見てね♪




にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村







人気ブログランキングへ





お問い合わせ、希望はRe:Startまで


バナー






わんこ9頭大集合

スパーク募集開始!そしてラピス、まいまい手術完了。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)