あの子の譲渡の記事がまだだった。


元気なパワフル小僧の「翼」

1歳という超若造だったにもかかわらず
4ヶ月もお声がなかった子。

10ヶ月で収容され、保護した頃には1歳。
貴重で大切な時期を、ゲージに閉じ込められ過ごした翼


7キロと言うデカわんで、まぁ元気そのもの。

でも、無邪気で天真爛漫で、素直で
変な癖もトラウマもなく、良いように育ってくれた子。

犬への吠えはすっごいが・・・(汗)


ようやく来た希望。


ハッキリ言うと、パパもママも若い!
しかも、1歳の子供が居る。猫も居る。
うーん・・・

ハッキリ言って超考えましたよ。


きっと若い人からの希望って断られがち。

何故なら、社会からみるとまだまだ未熟な年齢?
そして、一番の理由は子供が生まれる可能性。
そのことにより捨てられる可能性

ハッキリ言うと、あるんです。
妊娠したから、子供が生まれたから
子供にアレルギーが出たから、子供に対し怒る噛むようになった等
妊娠、出産を期に・・・というのはありえない話ではなく普通にある。

だから、ボランティアさんは
慎重にならざるを得ないところもあるんですよね


まぁ、私もうちの子見てたら
絶対お前には渡せんわ!って思うほどだから、年齢だけで判断したくなる気持ちも分からないではない。


でも、うちの子はまだ学生だから自活していないからね。

学生とちゃんと社会に出て働いている社会人とは全然違いますからね。

でも、うちの里親さんは迎えてから妊娠し、出産された人も居ます。
若い里親さんも居ます。



でも、自分はどうだった?
その頃の年代を思い出してみてください。

イケテないやつだった?
自分はそうでも周りは?
若くてもシッカリしてたり、一生懸命生きている人いなかった?


私はね、すでに結婚し、子育て中だったんです。

きっと同じ年の子を持つお母さんから見れば
元ヤンとか、ヤンママとか思われていたし
少し違った目で見られていたと思います。(いや、いました)

自分では分からなかったけど
幼稚園の発表会の後、ミスドで談義する時があってね
たわいもないおしゃべりや子育ての事とか話すときがあり

こういう事思ってるとか、こういう事に悩んでいるとか話したら
なんていわれたと思います?

「いや~、○○さんって、子供の事、色々とちゃんと考えてはるんやね」

とびっくりされました。


あとあと考えてみると
ビックリされるほどって・・・

あ~、私ってそんな風に見られてなかったんや。
どういう目で見てたんやろ~。


でも、幼稚園のお誕生日会だってちゃんと参加し義務は果たしてたし

その月の誕生日の子のお母さんは
園児の前で一人で
何か自分で考えた催し物とかしないといけないんだけど

それもちゃんとやりましたよ。

初めの時は何をしたら分からなくて絵本読むだけだったけど
年長時には園児と一緒に楽しめる体を使ってのゲームも考えたし
若者ならではの発案♪
若くて出来が悪いかもしれないけれど
初心者だから余計に頑張ってお母さんしてたんです。


考えると、今だったら、すごくめんどくさい~、
とかすぐに手抜きしようとか考えたりするけど(汗)

そのときの私は、一生懸命、子供と向き合い主婦してた。

そしてちゃんと色々考えていた。


あ、なんか脱線気味だな・・・(汗)


ただ、精神面ではまだまだ未熟で
「こうしなきゃいけない」「ああでなきゃいけない」
「母だから」「親だから」「愛さなくちゃいけない」
元々、超堅物な親に育てられ真面目すぎるというか
白黒ハッキリさせたがるというか、
神経質で融通が利かないもんだから、ココロがしんどいときが多く

子育てで精一杯で、子供しか見えてなくて
わが子しか見えてなくて、他に目を向ける余裕なんてなかった。


だからね、どうしてもそういう20代を重ねてしまい
小さな子の子育て中って、犬を飼う余裕と言うか犬も子供にも
おおらかな気持ちでとか
そういうのがあまりないんじゃないかって思ってました。

子育ってホント大変。
世話をするだけじゃなく、心を育てる。

親は一人の人格を育てる、左右する大事な役目。
(犬の飼育も一緒なんだよね)

そう思うとね、ホント怖かったんですよね

そんな時に犬も飼育できる?
子育てと犬育て、私には考えられないことだったから


犬が来たことにより、さらに大変になり
しんどくなったり、楽しめないようでは全く意味がない。


犬が来たことで自分が幸せ。
それが犬も幸せになる基本。


翼も若く手がかかる。誤飲などの危険性、犬と子供との関係性
猫との関係性。

それでもすぐに答えなんて出しません。
一生懸命考えます。
そして自分だけの考えだけで答えを導き出すのはエゴだと思ってるから
相談もします

その上で断るというよりもアドバイス。


準備万端で迎えられ、取り組める時期の方がいいような気がします。

飼い始めたらやめることは出来ません。
だからこそ、みんなが幸せに有意義に暮らせるようになる為に
アドバイスさせていただきました、と返事しました。


大抵の人なら、断られた・・・と
じゃ、次・・・とかなりそうなんだけどね。

でもね、彼女はそうじゃなかった。


あれだけハッキリとお断りされても
何故か翼を諦めきれない、と

私への心配や不安に、ちゃんと答えをだしてきました
そして、何より若さ=体力がることへの武器も。

そういう事を踏まえて、もう一度検討して欲しい。と
そういう返事が来ました。

若いのに、文章もきっちりしていました

言葉だけでは難しいけれど
そこにも、その人の人間性は感じられます。


私は、ガッツのある人が大好きです。

そして、そこまで言ってくれるという事は
その子に対し、それだけの思いがあること。


それだけ翼が望まれているという事だし、嬉しいこと


その後、電話でもたくさんお話しましたが
私とは違い、肝っ玉がある子だなぁと感じました。

犬以外のいろいろな話をしました。
自分の生きてきた道とか
体験とか、お互い話して・・・

私とよく似た人生を生きてきた子でした(笑)


この子なら大丈夫。
そう思いました。


そして一番気になってた子供との接触。
実家でダックスが居て慣れているそうだったんですが


そんな色々な不安も、全て吹き飛びました








!cid_ii_143d7f7b361c4e77










!cid_ii_143d7f83a3cbc9a6












!cid_ii_143d7f8d0ff040cb











!cid_ii_143d7f882fd02e64









預かりさんが
翼の、子供をやさしく見守ってるような
気遣ってるような
気に入ってもらえるよう頑張ってるような表情がなんともいえず
この写真達を見てると、嬉しくて胸が熱くなります!と言うほど









!cid_ii_143d7f8a690dfa3f









そう、お見合いしたこの日
名コンビが誕生したんです。


そしてトライアル









DSC_9788










DSC_9790











DSC_9793










1歳の人間と1歳の犬。

まるで兄妹?

そう感じるほど、そこにはほのぼのとした空間がありました。








DSC_9797









DSC_9805








もちろん端から返すつもりもなく、2日目に譲渡のお返事。




年齢だけで人を判断は出来ません。

一人生きていくのが精一杯という人も居れば
経済的ゆとりもあり一軒屋を持っている子も居る。

ひとつの事しか出来ない人も居れば
両立できる人も居る。


若くても、うちのこみたいなぼんくらも居れば(笑)
色々修羅場くぐったり、体験したり、自分の足で
シッカリと歩いている子も居ます


確かに私達いい年の大人から見れば人生の経験は少ないけれど
それだけで物事を決めてしまうのはおかしな話。

もし何かが足りないと思うのであれば
私達が手助けしてあげたりアドバイスしてあげれば
すむこと。


犬を飼うという事の責任と覚悟
これから先、ずっと飼い続けて行くと言う覚悟。

もちろん、あとは彼女の采配や努力次第。

でも、それが出来ると思いました


そして私も彼女からまた一つ学ばせてもらいました。



あのとき、彼女が翼を諦めていたら
今の幸せは手の入らなかったし

翼もまた、家族に出会えたなかった。








DSC_9806









心から彼女に言いたい。


諦めず頑張ってくれてありがとうって。





翼、4ヶ月待った甲斐があったね
素敵な家族が出来たね。

弟?兄弟?

仲良くしながら、喧嘩もしながら
一緒に成長していく姿が目に浮かぶ

きっと良い相棒になるはず。









翼・・・おめでとう!!
翼・・・おめでとう!!








翼に家族が出来ました
翼に家族が出来ました








子供ちゃん、いい笑顔だ~~♪








本当に素敵な譲渡でした。






にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村







人気ブログランキングへ





お問い合わせ、希望はRe:Startまで


バナー






明日のバザー

Re:Start春のチャリティーバザーのお知らせ

comment iconコメント ( 5 )

翼ちゃんおめでとう!

幸せそう☆

これからもず~っと、大切にしてもらって、子どもさんの成長を見守っていくんですね。

本当におめでとうございます。

名前: いおり母 [Edit] 2014-03-09 17:49

こちらこそありがとうございます!
あのしつこい諦めませんメール、本当にめんどくさかったですよね(・・;)
わがままもたくさん聞いてもらってしまって…ありがとうございます!
若者への偏見みたいなもの、痛いほどわかります
若いからって何って私よくボヤいてしまいますが私達若者に原因があるということを忘れてはいけませんね…
若いからってバカにされたくない!ぐらいのハングリー精神?を皆が持てればなって常々思います(._.)

あ、ずっと言おう言おうと思ってたことが!
犬への吠え、最初本当に恥ずかしいぐらいにワンワン吠えてたのが最近だいぶマシになりました☻

名前: 美咲 [Edit] 2014-03-09 18:03

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2014-03-09 20:26

素敵なご家族

翼ちゃん、とっても暖かいご家族が出来たね
おめでとう~♪
チチさんの文章に、思わず、そうだそうだウンウンって
頷きながら読ませて頂きました(文章がうま~~い!)

ところでチャリティーバザーがクズル母さんとこと同日だったので
ポスター画像、勝手にお借りしました
事後承諾ですみません┏○ペコ

名前: ふぁん太母 [Edit] 2014-03-10 19:35

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2014-03-12 09:56

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)