こ~んなに可愛いお顔をしてるのに
全く希望が来なかった海斗。






DSC_9289







なんでや~、うちの息子と同じ名前ついてるのに(笑)



6キロ超えという大きさ?
それに加え、右後ろ足に頚骨内湾症(頚骨異形成症)があり
あとは、やっぱり癲癇発作の記載が理由かな。


そりゃ、疾患抱えてる子の里親に!ってのは
そうそう居てないのが現実。


でも海斗の発作は防げるものです。

海斗は、預かり中2度ほど癲癇発作が起きました

どんなタイミングだったかを聞くと
そのどちらもが、宅急便が来た直後でした。

知らない人が家に来て、吠えまくった後の発作。

きっと怖くて吠えて興奮状態。
それで脳が刺激されてではないかと考え
その際には部屋に入れておいたり
見えないようにしてもらうようにしました。

そうすると、癲癇は起きませんでした。



もともと、超怖がりで大人しすぎる海斗でした。
犬も怖いし知らない場所も怖いし知らない人も怖い。

怖さで隅っこに逃れたりするほど。





隅っこで動けなくなる・・・
隅っこで動けなくなる・・・








穏やかで静かな子だったからこそ
人の出入りの少ない、静かで平和な環境。

癲癇の事もあるし、そんな環境が海斗にはいい、って思っていました。

欲を言えばお年寄りのご夫婦とかだったらいいなぁって。


そんな時、実家の犬が亡くなったので
犬を探している、と言う話が舞い込んだ。


もともとブルドッグを飼われていたご夫婦だったので
出来れば大き目の小型犬がいいと言ってたのと
シニア世代のご夫婦で、静かな環境。

まさしくこれは「海斗」にはピッタリ!!と薦め

そこから、すぐにお見合い、気に入ってもらい
そして、そのままトライアル~~。



実は私、この日は愛知でラピスの譲渡中。

なので、お見合いはニクさんの対応してもらいました。


そのままトライアルでも安心できたのは
実は海斗の里親さんは
うちの税理士さんのご両親だったから♪


ちなみにうちの税理士さん紹介♪

税理士法人 I DO


月に何度も実家に顔出していることもあり、その点でも安心。



全く不安のない安心譲渡でした。











kaito3
















kaito2











元々ブル系などの飼い主さんなので
怖がりな子や小型犬の扱いには慣れてなくて
当初、雑な扱いで噛まれたりもしたそうです(汗)

でも、ようやく、小型犬というか
怖がりな子への扱い方が分かってきたようです。



そういえば、私も預かり当初は小型犬の扱い方全然わかってなくて
うちのラブと同じ扱いだった(汗)






癲癇があったり、足にも内湾症抱えてたり・・・

だけど、とっても良い子でね。

そんな海斗を迎え入れてくれて
しかも、海斗が安心する環境で・・・

本当にありがとうございました。


先代を亡くした後、塞ぎこんでしまったお父様。
でも、海斗が来て明るくなってくれたようです。


海斗も幸せ、人も幸せ♪
これが理想の譲渡。




kaitokazoku





海斗、おめでとう~~!!



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村







人気ブログランキングへ





お問い合わせ、希望はRe:Startまで


バナー






幸せ報告第三弾~奇妙な声のヒカル編

幸せ報告第一弾~超くっ付きの虫のラピス編

comment iconコメント ( 1 )

オメデトーアリガトウ♪

海斗に、いつか逢えるとうれしいな(^^)

名前: ニクさん [Edit] 2014-04-15 00:10

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)