momoちん、どうする?!
あんた、セレブやん!

いきなりセレブに大変身やん!
服まで着せられて・・・(笑)





DSC_0817




あまりの広さに驚き。
しかもすっごくキレイ・・・(うちとは大違い・・・)


階段も部屋も全部にカーペットが引いてあるし
配慮も素晴らしい




DSC_0809





ここが寝室・・・一緒に寝てもいいんだって
ここが寝室・・・一緒に寝てもいいんだって






犬用にリフォームしたことは聞いてましたが
まさかここまでとは。




部屋多過ぎ~~!
部屋多過ぎ~~!




余ってる部屋に住まして~、なんて口走ったほど(笑)



里親さんはうちの父と同い年くらいの方。
きっと年齢だけで断られたりする事も多いです。
聞くと、やはり他所で断られたようです。

確かに年齢だけだと不安もありますし
年配者がみな飼えるものでもないと思います

実際、飼い主が世話が出来なくなった、病気になった
死亡した、と言う理由で多くの犬が飼育放棄されている現実があるからです

だけども、年齢だけで判断するのではなく
その方の環境や取り巻くもので
その犬を飼い続けられるかどうか
バックアップする後ろ盾や
幸せな最後が送れるか

それがクリアー出来れば、高齢者だって飼える
そして、それは人にとっても犬にとっても幸せです。





DSC_0821





今回は大型犬ですので、それなりに色々クリアーしなければいけません


犬の年齢はもちろん、経験者かどうかとか、
今現在が健康で足が悪いとかでもなく散歩に行けるかどうか

抱けるかどうかは考えては居ませんでしたが
里親さん自身がmomoを抱けるかすぐに確認していました(素晴らしい)

そして病院の場所など自分で移動できる手段があるか
(車の運転が出来るかとか、これは大型犬を飼うのに必ず必要な手段)

もちろん、金銭的余裕は欠かせません。
病気になったときや急な事にも対処できるように
シッターさんに頼むとかホテルを利用するなどでも
お金はもっとかかってきます

9歳のmomo。
残された時間はあと4~6年。
その間、お互いが幸せなときを刻めるかどうか


とりあえずね、私の色々な不安を全て解消して下さる方でした


そして何より話をしてても
非常に気持ちもお若くて堅実で安心出来る方でした





庭、広~~~!!!
庭、広~~~!!!






どの部屋も自由に行き来していいんだって~~~!




DSC_0811




しかもすっごい親切^^
(すがと私、昼ご馳走になりました)




そして一番ビックリしたのが
譲渡した(お届けした日)その日のうちに
早速、健康診断に行ってくれたんです。

今までで、当日に行った方は初めてでした。


前の子を亡くした時、色々後悔されてて
そんな話をしてたから

血液検査だけではなく
エコーが大事だと教えてあげたんです。

すると、その日のうちに行ってエコー検査。

その後もmomoの健康を気遣い、少しでも異変があれば病院へ。
本当にこの方に譲渡できて良かったと心から安心出来ました




DSC_0822




2度捨てられたmomo。

飼い主が二度も変わり、預かり宅で暮らし、また違う人に・・・

momoの事を考えるとね
いくら本当の飼い主さんの元に行けるから、と思ってても

何度も世話人が変わることはきっと不安。
また移動して、心に傷を与えないか。
私自身もすごく不安でもあり、手放しで喜べなかった気持ちも少しありました




しかし・・・

市内みたいにゴチャゴチャしてないし
本当に伸び伸び出来る環境で

こんな大きなお庭もあり
トイレが外派のmomoにとったら嬉しい環境で
しかも、お父さんとず~~っと一緒に居られる


それにねお父さん自身も犬を亡くした悲しみで
激やせしてしまい、家に閉じこもるようになってしまい
ご近所さんが心配したほどで

何よりmomoが来る事を誰よりも心待ちにしてくれて
喜んでくれて・・・

心から愛して下さるのは目に見えている


そう思ったら本当に嬉しい思いでした




DSC_0824




新しい名前は「アニー」

momoはようやく9年間呼ばれていた名前を捨てました


うん、それでいい。
アニーという名で再出発や!


これが本当の「3度目の正直」や!





momoに家族が出来ました
momoに家族が出来ました





アニー、幸せになれ!
アニー、幸せになれ!




2014/4/26
momo Re:Start 卒業


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



お問い合わせ、希望はRe:Startまで

バナー



老化が進んでる~~~!!!

お空に帰った天使

comment iconコメント ( -1 )

ほっとしました。

階段の上り下りが上手だった事、夫のベッドで一緒に寝ていた事など思い出されます。
本当に、三度目の正直ですね!

ありがとうございました。

名前: Kitami [Edit] 2014-05-09 13:36

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。