つくの検査結果がようやく出ました。
3日後って言ってて、なかなか連絡来ないから痺れ切らして連絡したら
ちょうど、届いたと・・・。1週間かっかったわ。

レントゲンでは白く移っている塊が肺腫瘍の可能性があるかも!?といわれ
詳しい検査のためCTを撮りました。
手術をするにしても、詳しい検査が必要だからです。

で結果ですが、腫瘍である可能性は低く、左側の肋骨が折れていた事から
外傷性による変化でありその影響により気胸と出血が疑われるとのことでした。

気胸とは外傷性の怪我などにより肺に余分な空気が入る事です。
余分な空気が入る事で肺が正常な呼吸で広がるのを妨げてしまって呼吸がしにくくなる。

肺に穴が開いてしまったり重症な場合は、呼吸困難、荒い呼吸、よだれ、吐血などが現れますが
その場合は、空気除去、酸素吸入の処置などをする。
軽度であれば安静にしていれば軽快、との事。

出血も自然に体内に吸収されるようです。

肋骨の骨折も若いので1ヶ月もすれば融合されるとのことでした。

そして、つくしの場合は若い子である事から、すでに自己治癒に向かっている可能性が大きいとの事でした。

この結果を受けて、院長先生が
恐らく治癒に向かっているとは思うので、今すぐ何かをする必要はなし、と判断しました。

とりあえず様子を見て、何か症状が現れたり変化があれば、その際に処置したり考えたりしようと。



そして、当のつくしですが・・・
以前と全く変わらないほど普通な様子なようです。

最近は元気なので庭だけではなく、散歩にも行っているようですが
呼吸もしんどそうではなく、全く変わらないみたいです。

よかった・・・

そして、腫瘍ではなくてよかった・・・・

尻尾の脱臼で、もしかすると何らかの衝撃による変化ではないかと思っていたんだけど
やっぱりそうだった。。。

でも、肋骨骨折してたとは・・・レントゲンでは写らない?

高いところからの落下や事故によって折れた可能性がある。

そう考えると本当に恐ろしいですが
やはりまだ無事に帰ってきた事はやっぱり奇跡であり、幸運だったんだと
つくづく思います。

ただ、治癒方向に向かっているといっても
やはり突然何が起こるかわからないので、念のため今後も注意深く
経過観察し、レントゲンを撮りつつ経過を見守っていきたいと思います


少し尻尾の変色具合が気になるので
明日、尻尾の経過観察をしてもらいます。

そして虹音も預かりさんから気管支が気になる、とのことなので
去勢の前に一度見てもらいます。


明日はリスっこダブル診察です♪


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



お問い合わせ、希望はRe:Startまで

バナー





今想う事

ゆあってこんな子!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)