いつもはここでは自分の思いを素直に書いてきたけれど
今回はなかなか自分の気持ちが書けず、躊躇していました。

書くことで、また誤解されたり嫌な気持ちにさせたりするのではないかと思ったり
でも、心配している人もいるし応援している人もいる
だから、今思う正直な気持ちを書いていこうと思います。


少し時間をください、と見守ってください、と言ってきましたが
この2週間の間、色々な事を振り返ってきました。
そしてたくさん自分を見つめ直してきました


私自身、今回のつくしの脱走は
私が今まで生きてきた中で一番辛いと思う出来事で心が張り裂けそうでした
大袈裟って思うかもしれないけれど・・・

だけど、それ以上に色々な事で精神的に追い詰められてしまい
心がズタズタになり、保護主としても、人間としてもダメなんだと
今までやってきたこと全てが全否定された感覚に陥いりました。

そして、捜索中に
つくしが見つからなかったら、何かあったら
自分も消えてなくなれ!と自虐的にもなった自分が居ます。

弱くて無責任・・・

見つかった後でも、残ったのは、空虚感と自信喪失。

それでも、まだ私を頼りにしている子が居る。
守っていかないといけない子がリスっこが残っている
この子達を、本当の飼い主につなぐ役目が残っている

そう思う事で、がんばらないと!とそれだけが私を動かした。

そんな時、親友が私を励ますために言ってくれたんだろうけど
その彼女の描く想いの形が、私に唯一の希望の光を与えてくれた。
それが実現できたら素敵だろうなと。

直後は慰めも励ましもそのときの私には届かなかったけど
それだけが私の中では唯一だけどちっさなちっさな光となり
それを心の糧にし、弱い心を保っていた。

でも、そんなダメな人のところに、信用できない人の所に、
多くの人が遠くから来てくれたり動いてくれる?
今までのあんたの真っ直ぐさや、犬を思う気持ち、日々の活動が伝わってるから
ここまで多くの人が動いてくれたのは事実やで。

しかも5年という日をリスタートとしてやってこれる?

お金も何もない所から一人でスタートして
共感して賛同してる人がいるから大きくなったんやで。

出来は悪いかもしれないけれど、人間は悪くない。
そうやって、ひとつずつ自信を取り戻させようと友人が励ましてくれた。

毎日毎日、過去をひとつずつ振り返り、何度も確認作業をし、自分に言い聞かせ・・・
そんな日々を送っていました

頼りなくてもダメダメでも、保護主としてやってきた事は事実だし
この活動に一生懸命取り組んできたことは間違いじゃない

220頭余りの犬を送り出し、今本当の家族の下で幸せに過ごしている
そして、迎えた家族も幸せに笑っている。
いつも幸せな姿を見せに来てくれる。

それは紛れもない事実で、自分を否定してしまう事は
それも否定してしまう事になるのではないか?!

あと、同じ関西でボラ活動をしている保護主さんからの励ましの電話や
捜索のときも記事にしてた保護主さんたちの存在は
同じ立場として痛みや重みを分かってくれた事は私に勇気を与えてくれました。


今回のこの事件は、色々な事をちゃんと見直す、そして自分を見つめなおす
色々な事を考えるきっかけを与えてくれたのではないかと思いました。

つくしが無事に戻ってきたことは本当に奇跡だと思います。
そして私は本当に幸運な持ち主だと思います。

まだつくしに関しては心配な面はあるけれど
だからって、弱虫になっている場合じゃない。

自分はダメな人間です、失敗しました、自信喪失しました。
だから終わります、だと逃げ出すことになってしまう。

失敗を反省し、それを教訓にし生きていかないと。


命を前にし、時に命を左右し、時に悩みまくり、心が痛くて…
全責任を背負うという重さを理解しながら

でも、色々な重圧に逃げ出したくなることもあったり
後悔したり、安堵したり、決意したり・・・。

ホントは人見知りなので、初対面の人と話したり電話したりも
実は苦手だったり、本当に心が疲れることが多く
もう辞めたい・・・って何度も思ったことがあったけど

結局、正義感だけが強くって、理不尽な事が大嫌いで
犬が大好きで、罪のない子の命が消えてゆくのが許せなくて
その思いだけで動いた、いや動かされててたんだろうな。

犬の保護活動って仕事ではないけれど
ただのボランティアかもしれないけれど
私は、たくさんの責任といろいろな物を背負い本気で取り組んできたつもりです。


人として保護主として、出来は悪いですが
それでも私に出来る、私にしか出来ない事があるなら
そう思えるように少しはなったから、まだ少しだけ続けようかなって思っています。


単純で言葉足らずで、誤解されてしまったり
相手を傷つけてしまったり、良かれと思ってしたことも裏目に出たり
大雑把で不信を募らせてしまったり
だから上手くいかないこともあるけれど

あげたらキリがないほどで・・・

それでも、自分なりにへたくそでも伝えようとしてきたし
いつも自分に正直に真っ直ぐにありのままをさらけ出して本音で生きてきました。

ここでも、格好つけたりせず自分の正直な思いや感情や
天然丸出しのアホな自分を見せてきました。

それが、世間の目や万人にはうけなくても
好き嫌いがあるってわかってても、そんなんはどうでもよくて
それが私だから。

だからって、ダメなところを正当化するつもりはありません。
悪いところはちゃんと見つめ直していきたい。

自分に甘い所や、いい加減なところも。
もっと誠実にしていかないといいけない。

でも、変えてはいけないところもある。
信念やモットーと、そして私自身。

こんな私だからこそ、それを心にやってきたからこそ
今応援している人が居るのだから。

今回のことで私の失態でどれだけの人が、まだ応援してくれるか協力してくれるか
分からないけれど
器も肝っ玉もほとんどないし・・・すぐキャパオーバーになるし頭一杯になるけれど(汗)

一からやり直してみようと思う。
いやゼロからの出発でいい。

もともと、最初は一人だったしゼロからだったんだから。

ただ、もしかしたら、悟天の寿命を考えると私が動けられるのは
あと1年になってしまうかもしれないなとも思っています。

それでもね、1年でもやってみようと思います。

そして、その後お休みしてまた再開できたらいいなって
そんな風にも思えるようになりました。


今回の色々な経験を元に色々なボラさんにお話も伺ったので
それらを参考にしつつ、リスタートのあり方や今後の活動の仕方も
少し変えていこうかと思っています。


フリマに関しても、また新たな違う形にしたり
そして譲渡会にも力を入れていこうかと。

これからは少しでも成長できるよう、心を入れ替え努力しようと思っています。
気持ち新たに、一から出直します。

名前のとおり再出発!本当のリスタートをしたいと思います


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



お問い合わせ、希望はRe:Startまで

バナー




大変身!

つくの検査結果

comment iconコメント ( 10 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2015-02-09 14:11

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2015-02-09 15:31

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2015-02-09 17:29

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2015-02-09 21:09

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2015-02-09 22:50

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2015-02-10 14:21

チチさんに感謝

チチさんがいてくださったから・・今こうして保護して頂いたレイアと
一緒に暮らせます。レイアもリスタート出来ています。
チチさん達には感謝の気持ちいっぱいの人、わんこたちがいっぱいですね。
我が家も本当にいつもありがとうの気持ちです。

名前: 尚美 [Edit] 2015-02-10 16:05

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2015-02-10 18:42

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2015-02-10 19:42

ちちさんへ

チョコを連れて来てくださった時は、末っ子は小学生。早いもので春に高校生になります。
ちちさんの活動は、保護犬の命を救うだけに留まらず、迎える家族の得たものは、計り知れない。。。人とのふれあい、思いやりの心や、家族の絆を深める事に気づかせてくれる。
大切なチョコ。
チョコを迎えた嬉しさ。今も、感謝の気持ちで張り裂けそうになります。

何か恩返しをしたいと思うのに、空回りしてしまうチョコげん家ですが、
ちちさんをいつも応援しています!

ちちさんの笑顔がみれるだけで、嬉しくなる!

ちちさん、ちちさんらしく、活動してください。
いつも味方です。


名前: チョコげんママ [Edit] 2015-02-10 20:14

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)