尻尾の一部分が変色していると聞き、7日の朝お迎えに行って病院へ。
やっぱり壊死していました。

だけど、壊死が起こっていた部分が根元付近の脱臼部分ではなく
尻尾の半分辺りくらいのやや細くなっている部分からでした。

それがなぜかはわからないけれど・・・

原因としては骨折、打撲による血行障害、血栓などが考えられるようですが
そこは骨折などはなかった箇所。


すでに壊死が進行しその部分から下が真っ黒。
早々に手術をしてほしかったんだけど
結局、3日後しか予約を取れず・・・。


車の中ではビビッてたけど、車庫に入れた瞬間むくっと起き上がり
尻尾フリフリで階段を一目散に駆け上がり~
我が家のワンズと合流すると、見る見る元気に♪

でも、おもしろかったのが
犬大好きなつくしが、「あんた誰や?」ってな感じで
ゆあちゃんに犬見知りしてたこと。

ゆあは「こんにちわ~♪」って喜びまくってたけど、つくしは引いてた(笑)

でもゆあのいい所は、しつこくなく、ちゃんと空気が読める所。




ゆあちゃん、ソファーで寝ることが多くなりました
ゆあちゃん、ソファーで寝ることが多くなりました





IMG_0686





3日後、病院へ。

いつもは後部座席の足元なのに、なぜか助手席にやってきたつくし




IMG_0691
え、つくそこでいいの?




IMG_0689
笑っているように見えるが、微妙に震えている…(汗)




施術には色々方法があって
尻尾の切断面の先端部分の見栄えよくするために
さらに短くして横をそぎ落とし、丸く形を整えて縫う、という方法もあるのですが
さらに短くなってしまうことや、多く縫うことで血行不良を起こし直りにくくなり
再度手術もある可能性

切断面をきれいに処置だけをし、肉が盛り上がるのを待つ。

もしくは、切断面をそのままではなく少ししぼむ様に覆うように2本糸を這わせる

相談の結果、最後の方法で行くことにしました。

以前、ラピスも手術をしましたが
ラピスの時は壁にバンバンと尻尾を打ちつけ、結局お迎えに行ったときは尻尾がなく
(噛み付いていたんだと思う)
先端から骨が出ているような状態で、凸状態で
しかも、足が短いのに尻尾も長く
術後もバンバン尻尾振りまくり、生活しているときでも壁に当たったり
先端気味で血行不良もあり、直りが悪かったですが

つくの場合は尻尾はそこまで長くないし
尻尾ふりふりはあるけれど、壁に当たることもないし、若いということで
直りは早いかもしれません。


1週間後にまた病院で見てもらいます。




IMG_0696
お、つくし、お帰り♪ by次男



IMG_0698
テヘ、ペロ♪




IMG_0699
ゆあは次男に逃げるが、つくしは平気♪





なぜか今日は足元に
なぜか今日は足元に



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



お問い合わせ、希望はRe:Startまで

バナー





マックスは将来有望?!

大変身!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)