昨日、なつめを無事にお空に返すことが出来ました。


6キロあった体重が3.8キロまでになっちゃって
ガリガリになっちゃったけど、それでも可愛いなつめでした。

でも、やっぱりなつめは小型犬だったよ~
足が長いから中型ちっくに見えてたけど、頭とかちっちゃかったもん。


今は痛みや苦痛から解放され、穏やかな気持ちでいてくれてるかな。
きっと空に上で、大好きな散歩をしまくってるんだろうなぁ~


少しでも長く生きてほしいという私たちの願いを聞き入れ
本当に頑張ってくれたなつめ。


「私、まだ大丈夫よ」と、動かない体を懸命に動かし
フラフラにも関わらず立ち上がって見せたり

少しでも私達を安心させようと頑張ってくれた

食事も水も受け付けなくなって、辛いくせに
一生懸命生きようとしてくれました


わざわざ土曜日を選んで逝ったのもなつめの優しさかもしれません。


最後はちょっぴり辛い期間だったけど
そして保護してからホント短い期間だったけど

それでもその間、あの子は素敵な犬ライフを送ることが出来ました


しかも大好きな母ちゃん父ちゃんに巡り合えて、そして愛されて
あの子は幸せだった


本当に家で幸せやったかな~ってクズル母は言うけれど
間違いなく幸せなんです。

犬の幸せって?
私が思う一番の大きな答えは

「大好きな人が出来る事、そして愛されること」

誰にも懐かない触るのを嫌がる子が、父ちゃんだけはすぐに懐き大好きになった。
もしかして、おっちゃんに飼われていたのかもしれません

父ちゃんだけでなく、母さんも
なつめが散歩が大好きだと分かると、長い散歩にも付き合ってくれたり

少しでも元気で少しでも長く生きてほしいからと
いろいろ調べて良いものを取り入れたり、偏食のあるなつめに対し
いろいろ試行錯誤してくれて、取り組んでくれました

なつめへのいっぱいの愛情。


最初は単なる預かりとしてだったクズル母さんも
最後は本当になつめの事が大好きになってくれて
そして家族のように思っていると・・・


私なんて大して何もしていない。
なつめにしたらただのお客さんで、もちろん触ると嫌がるし・・(汗)
ふれあい会では抱っこしたら噛まれたし(笑)

大好きな子に触れないもどかしさはあるし
ちょっぴり寂しい気もしたけれど

それでも、なつめが幸せそうだったから
生き生きとしていたから

幸せだったから。


苦しんでいる子をみるのは、相当辛く苦しかったと思います。
それでも、いっぱいいっぱいお世話してくれて
家族で見守り続けてくれた・・・


だから、なつめはクズル家の事して旅立ちました

あの子が帰る場所は、クズル家。


帰れる場所を作ってあげられた事、家族を作ってあげられた事が
私がなつめにしてあげられた唯一の事だと思います


だから本当に良かった。


今までなつめの応援をして下った皆さま、本当にありがとうございます。
食べられるものをと送ってくださった皆様。

ふれあい会でなつめを散歩してくれたみなさん、ありがとう。
きっとあの子は覚えてるかもしれないね。

皆様のやさしさ、心より感謝しています



Re:Startでは多くの命を救うことは出来ないけれど

だけど、それでも、ひとりぼっちで逝くのではなく
家族の元で幸せな死を迎えられるようにしてあげたい

看取る側の人間はつらいけれど、それが飼い主の役目だから。

純粋無垢な天使たちに、一時でも幸せだった時間を与えてあげたい

そう思ってこれからも頑張っていきます



最後のなつめの姿を見てあげてください

穏やかな優しい顔をしています



IMG_5333





IMG_5334



なつめに出会えて嬉しかった。

ありがとう!!

もし気が向いたら、わが家にも寄り道してね。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



お問い合わせ、希望はRe:Startまで

バナー


バザー、カレンダー、うちの子

なつめ

comment iconコメント ( 6 )

なつめちゃんのご冥福をお祈りいたします。

なつめちゃん、チチさんの元から旅だったら、その様な穏やかな言葉で状況語れたのかな?

チチさんの元から旅立ったら、チチさん自信、立ち直るのも時間かかる位もっと苦しかったのかな?

たしかに、スグル母の元で幸せだったと皆、誰もが思うと思う。

でも、なんとなく、チチさんの元から旅立ったあの子の事を思い出すと、あの時のチチさんの状況を思い出すと…

なつめちゃんの事を語る、あの子は幸せだった…犬は愛する人がいる事が幸せ…という感情と言うか、言葉がとても軽く思ってしまい、残念です。

自分の元から旅だったら、すぐ同じ言葉で表現できたのでしょうか?

どの子も同じ様に感じてほしいな…

名前: [Edit] 2016-02-09 20:32

私は、今、生きています。
でも、
生きているということは、いつか、死にます。

それは、早かれ遅かれ、誰もがいつか、訪れます。

犬だって同じ。
保護犬ならば、なおさら、命と向き合うことが多くなると思います。

十人十色。

言葉や文章も伝わらない時もあるでしょう。

でも、なつめちゃんは、暖かな手暖かな部屋で、涙流す家族や友人に
囲まれ、幸せだったと思いますよ。

保護主さんやそれに共感し、支えてくれるメンバーがいるからこそ
これからも、命を繋いでいける源やパワーになるのだと思います。

なつめちゃんは、今は楽になって、お空で優しく微笑んでいますよ。
ありがとうって。。。。
そうであってほしい。。。そう願います。。。。

頑張り過ぎず、程ほどに頑張ってね。ちちさん。









名前: なつめちゃんありがとう。 [Edit] 2016-02-10 10:54

チチさんがされたこと、なつめちゃんが安らげる場所、最後を共に過ごす家族を作ってあげたこと、
本当に尊い活動と思います。
冷たいコンクリートの上で誰にも看取られなかった
ったかもしれないなつめちゃんが最後を暖かく大好きな人に看取られながら旅立てた。
やっぱりマザーテレサですね。
チチさんが救ってくれなかったらそれはかなわなかったことです。
本当にありがとうございました。
ゆずのチケットや悟天君の長寿はそんなチチさんへのご褒美だと思います。
リスっこたちのおかあちゃん、チチさんがんばれ!

名前: ヨキ [Edit] 2016-02-10 16:40

よしおちゃんも頑張れ〜(^-^)/

チチさんが目に留めて救い出してあげたからこそ、なつめちゃんは楽しい思い出を作って犬生を閉じる事が出来たという事がどんなに素晴らしい事か。ただただ、レスキューの最前線にいらっしゃるチチさんの勇気に頭が下がります。(≧∇≦)

名前: リチャードソン [Edit] 2016-02-11 16:35

私はなつめちゃんのことをチチさんが穏やかに語ってくれたことで、逆に安心しました。
最愛の子の死は 身を切られるようにつらいけど、その中でも、「できることはやった。」と思える死はまだ受け入れることができるものです。
グズル母さんとご家族ができる限りのことをし、それに答えるようになつめちゃんは頑張って生き抜いた。
そして、苦しんだけどこっちが覚悟ができるのを待つように静かに逝った。
なんというか、究極の信頼関係のような気がします。
もし「あの時こうしといたらよかった。」ということがあったらチチさんはもっと苦しんでいたと思います。
 
この寒空でコンクリートの上でひとりぼっちで逝くなんて考えただけで苦しいです。
暖かいところでやさしさに包まれてなつめちゃんは逝きました。
幸せだったと思います。ありがとうございます。
私は今までに6わんこ看取りました。それでもわんこ生活をやめれない私。
何かお役にたてればと思っています。いつでも声をかけてくださいね。

名前: ユウスケママ [Edit] 2016-02-12 23:36

ブログが止まっているのが心配です

名前: もと [Edit] 2016-02-28 22:11

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)