うちの家にこんな子が滞在して居る事はご存じだろうか?

イケメンな柴犬、名前は小次郎
通称コジ、もしくはコジコジ^^




IMG_4608





皆に忘れられてたのではないだろうか?


コジコジの様子をあまりお伝えして無かったけれど
だって普段、ほとんどベッドから動かないし

お、動いた!って思って近くに寄ったり、目を見たりすると逃げられるし・・・


写真も、撮るとすると逃げるし・・・
なのでベッドの出の写真しかなく・・・


なかなかブログでアピールするのが難しかった


大して変化のない毎日だったが
ここ最近少しずつ変化が見られるようになってきた。(ほんの少しだけど)


24日にはふれあい会もあるって事で、ようやくコジを公の場所で披露できる。

しかし・・・
小次郎と言う子を知ってもらうためにも
今一度コジの保護してからこれまで様子を徹底解剖していきます
(2部構成です)



コジを保護したのは10/10
すでに半年が過ぎた



コジは自分の居場所が決まって居る


日常は、ほとんどココ。



ダイニングの一角。





IMG_5291




ほとんどがこの上で過ごす。






コジコジは繁殖犬として生まれ?糞尿まみれの汚い小屋
汚物まみれのゲージの中のみで生活してきた。

人も、もちろん外の世界も知らずに。


そんな子だから保護するときさえパニック状態。
人が怖くてたまらない。

もちろんすぐに懐くはずもなく、ほとんど野良っこ状態・・・。
子犬の野良ならまだしも、成犬なので時間がかかる。


お前は「つくしか?!」と何度突っ込んだことか。(笑)


もちろん触れる事も出来ない。
近づけば逃げる。


近寄っても来ない


コジの中で人間は怖いもの。

まずは家の中に慣れてもらう。
だから何もしない。
そんでもって待つしかない。


人の手から食べ物を食べ事がないので、オヤツをあげるのさえままならない。

それでも、犬は好きなようで、犬に釣られ、少しだけ私に近寄るようになり
その際に、オヤツを手からではなく

放り投げる(笑)


「私は美味しいものくれる人!」と少しずつ認識させて

そんでもって、その成果で、へっぴり腰ではあるけれど
少しずつ手から食べられるようになってきた。




IMG_4723






ただ、わが家の犬達が寄ってくればの話。

1頭だけでオヤツでさえも近寄っては来ない。

オヤツを知らずに育ったので。食べない物も多々あり
魚系は無理なのか?小麦粉系も無理か・・・と
いろいろチャレンジしてみた。

あ、これも付け加えておく。

手からと言っても手のひらでは無理。
手のひらまでの距離が遠いから・・・(汗)


指先につまんでじゃないと食べないのだ。

しかも目一杯手を伸ばして(汗)




それでも、オヤツの時は近寄ってきていたし
1か月経った頃には、いつものコジのベッドではなく
時には私が居るリビングにも進出して
コジが動いた~~!なんて喜んだこともあった。





しかし・・


同窓会に連れて行った事により逆戻り・・・


そりゃそうだ、散歩だってほとんど出来なかったのに
まだ早いとは思ってけど
長時間一匹にするのが不安で連れて行ったことがあだとなった。

しかも、追い詰めて抱き上げて連れ出したからね)
そうでないと捕まえられないし・・・



行き帰りの車内での人の密着度や何度か抱っこしたことが
あの子にとっては人の接触がいきなりすぎて、その直後から

オヤツにさえ躊躇し距離を開けるようになってしまった・・・


そう、今までしてきた仲良くなろう作戦がすべてゼロになった(汗)

というより、マイナスになったか?!ってなほど。


ちょっと目が合っても、話しかけたり、もちろん名前を呼んだだけでも警戒し
逃げる逃げる・・・(汗)






IMG_5469






コジが見てない時に隠し撮りした(カメラ向けると逃げるので)












ここまで酷いとは・・・

なので、しばらくは一旦前の記憶などを消し去るために
あえて少しずつ慣らすという作戦も一旦置いといて、とにかく距離を保つ。

もちろん、嫌がることはしないのは当たり前。
近寄ることもしない、何もしない。


本来なら、名前を早く覚えてもらうためにたくさん呼びかけたりするけれど
とりあえず、安心してもらう環境に努めようと

ゆっくりでええわ~、と開き直り

名前を呼ぶこともやめた。
目を合わす事もやめた。


存在するんだけど、幽霊のように、居てないようにふるまった。





家の中は安全地帯、私は無害
だという事を理解してもらうようにだけ努めた。


それでも中々変化は見えないし、つくし以上だった。


常に色々な物に警戒、そしてビクビク。
音、人が動いた瞬間、全ての物にビクビクで
安心して眠れているのかと思うほどだった。

そこからさらにおよそ2か月。




1/1の事。



同窓会以来、久々にリビングに来てくれた!
すっごい嬉しかった。




ただ・・・
この日限定となった・・・(泣)





IMG_4999






そんでもって1週間後の1/6
またちょっとだけ私の居るソファーまで来た。






IMG_5017
リビングに来たーー!!







IMG_5020





手を伸ばすと触れた~~!!!

と、超喜んだのもつかの間
やっぱりこの日限定となった・・・





手を伸ばすと触れた~~!!!






でも、やっぱりこの日限定となった・・・




いいねん、ゆっくりでええわ。と思って気長に待つことにしました。
焦ることないし~~


ただ、丁度この時コジの毛の生え変わる時期やってね
もう、すごいのなんのって・・・

家中コジ家満載(泣)



ブラッシングしたい!
でも、怖がる・・・

耐えきれずチャレンジ。


可愛そうなくらいずっと震えっぱなしなので1分くらいで切り上げ・・・



ただ人がダメでも、おもちゃでも何でもいいから
何か好きな事でもあれば・・・

せめて外でも好きになってくれれば・・・

と1月過ぎからようやく散歩の練習を始めることにした。



もちろん「散歩行くよ~」で来るはずもなく
近寄ると逃げるので、リード付けられないので
追い詰めて捕まえる事になる。

散歩に行く時は、コジの通り道にイスなど置き
行き止まりを作って追い込む・・・(汗)

多少は強攻手段も使わないと、受け身ばかりだと成長できないからね



もちろんコジが安心できるように、うちの犬も一緒。

コジにとってはまだ人よりも犬がよく、ホント野良っこみたい・・・



コジの場合はリードを付けられるより、抱かれることが一番怖いようで
外へ出るまで抱っこしてるけど、体カッチコチ。
最初なんて肛門腺も出しやがるし…(汗)(ジャンバーに付いたっての~)




散歩時の玄関にて













首輪を引っ張ってしまうと、怖くて飛び上がり倒れてしまうので
長いリードでゆるゆる状態で歩く。

でも、歩き出すとなんと、後方からちゃ~んとついてくるではないか!?




IMG_5117






IMG_5111








コジの場合面白い特徴があり
家の中でもそうだけど、前向いてこっちから向かっていくと逃げるが
背中を向けて歩くと、ついてくる。という特徴がある。














道の途中でに人が集まってたり、前から歩いて来たり、自分の近くに人が来ると
怖くて立ち止まり戻ろうとするので
そこはこちらが上手く対処してあげないといけないけれど






公園に着くと、すぐにするのが・・・砂ペロ。

コンクリートでは一切舐めないのに、土だとすぐに舐める

でも、それも回を重ねるごとに減ってきた。(緊張感が随分取れてきたみたいだ)




しかし、近寄って話しかけて体を撫でていると
こうなる






超換毛期の時期で~す











追い詰められて捕まえる動作や
散歩が大きなストレスになるとまた逆効果になるので

最初は5日置き、そして3日、といきなりではなく徐々にして少しずつ慣れさせていった。





1か月経ち




何度か散歩に行くことで、道を歩くのは平気になった。
尻尾も上がってるでしょ。











ただ散歩は随分慣れてくれたようだけど
人に抱かれることは相変わらずアカン・・・





でもね、最近、ほんの少しだけど微妙な変化も見えてきている

相変わらず自分から寄ってくることもなく
触らせてはもらえないけれど

ベッドでリラックスして居る時に限るけど、近寄っても逃げずに触れるようになった。

初めて、それが出来たのが1月過ぎた頃。(保護して3か月)



体を触るとガチガチになるので
そっと近づき、頭をそっと少しだけ撫でてあげる

そしてすぐに離れてあげる。

本当はね、触れた~~!!って感激してるんやけど
心の中で、そ~っと味わって(笑)

もっと触っていたいのもぐっと我慢して、すぐに離れてあげる。


近寄ってもないもしないっていうことを教えて行った


そうするとね、少しはマシになてきた。
(ただ・・・ビビルけど)




・・・続く





にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



お問い合わせ、希望はRe:Startまで

バナー




コジ、そしてみんなに会いに来てね

カレンダーでみんなに会える

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)