私にとっては、Re:Startをするきっかけとなった子であり
私の人生初の犬だから、この子なくしてはRe:Startはない。
だから、シッカリ報告しとかないとね。


悟っちゃんがね、ここ1か月くらいでドンドンどんどん老化が進んでいます。
こんなに一気に来るんだね。

そりゃそうだ。
大型犬だから1年で5.6歳年取るとしたら、人間に換算すれば2か月で1歳は
年取るんやもんね。







IMG_6530







まぁ、耳はデッカイ声でないと聞こえなくなった。

歩くスピードもかなりご高齢の方でも一緒に歩ける程度になり
足をあまり上げられないので爪を常に引きずり

途中ナックリングにもなり

わずかな段差で、つまずいたりよろけたり・・・

あんなにボール追っかけて遊んでいたのに急激に来ました。


まず最初は内階段の昇りで落ちかけてから、それ以来怖がるようになり
その後外階段で、昇るのがに時間と勢いがないと上がれなくなり

ここ1週間前くらいからは、階段降りるのが、足が踏ん張れず落ちそうになるので
怖がるようになり完全に降りれなくなりました。

なので毎度抱っこで降りています。



っていうか、抱っこ~~♪って待ってるし(笑)






IMG_6751





抱くことはかろうじて何とかできるけど
持ち上げる瞬間が、腰に負担がかかる・・・

下りはなんとか行けるが、流石に上りは足にかなりの重力が~~~
なので、まだ自力で上がれるうちは上がってもらっている




それと、心臓もかなり弱っていて、あまり力強く動いていません
エコーで私も確認したけど、「これ動いてるの??」な風でビックリした。


3週間ほど薬を飲み続けたので、来週さらに追加で
甲状腺機能の検査と血液検査、エコーの再検査をする予定ですが…


8ヵ月前に受けたドッグドッグでは何もなく健康だったのに・・・

急に言われてもね~




検査の間違い?
手違い?
人によって違うって言うしね。

前日、ボール遊びにして疲れたから・・・数値が変わる?

といろいろ考え、なかなか実感できないと言うか受け止められないというか。


とりあえず今は安静。
大好きなボール遊び禁止。
でもね、ボール出すと追いかけようとする(ボールキチガイだから)^^


予後は非常に悪く診断されてから1年生存する可能性は20%程度です。って
ネットは色々書くからね~。(鵜呑みにはしないぞ)


アホか!
絶対ちゃうわ。

1年は生き延びて見せる!

と、ムカついた私(笑)



とりあえず再検査の結果次第・・・来週受けてきます。
また検査結果報告しますね







IMG_6507






そして、3週間前の同じ日に喜生ちゃんも検査をしました。



首のリンパ付近に大きな塊(しこり)が出来たので、検査したんです。

今度は表皮上ではなく皮下。

一度目の検査では悪いものは出なかったんですが
二度目の検査で、以前と同じような細胞が出ました。

http://labgasuki.blog121.fc2.com/blog-entry-2333.html


手術で取り除くしか・・・と言われましたが

3度の手術をして、もう手術はしたくない、そう思っていました。
いや、ちょっと待てよと考えたら・・・
実は4度もしてたんだった・・・


だから、もし今度も手術するとなると『5度目』


なんで、こんなにも喜生ばかり次から次へと試練を与える・・・

保護する前からもずっと耐えてきて
保護してからも、すっごい頑張って痛みも苦痛も耐えてきて

これから・・・って思ってたのに
また苦痛を与えるなんて可哀想すぎる


やっとやっと耳の汁もほとんどなくなり綺麗な体で清潔になれて
安心して眠っているのに。




IMG_6572




とりあえず、表皮内なので、どのような状態なのか
どこまで浸潤しているのか?など
手術は可能か?!なども含め
今の状態を把握するためにも後日CTを撮る事になったのですが・・・


先週の水曜日、病院へ預けてCTという時


獣医から麻酔も途中で中止・・・という連絡が入った


最初の麻酔の段階で血圧?脈?が不安定で一向に安定せず
これ以上次に進むと危険・・・と判断され、中止にしたそうです。


麻酔から覚めなかったら・・・と不安になりましたが
このままであれば目が覚めるはずだと言われ、無事よしをは帰ってきました。


でもね、それから2.3日はフラフラでした。
食事も飲み込めないほどでした。



結果・・・
手術は不可能


そりゃそうだ、何度麻酔したか知れない。

年齢も実はもっと高齢じゃないかと思うほど足の震えなども見えたりする


きっと喜生ちゃん自身がもう手術は嫌だと、拒否をしたのかもしれない。
今まで何の不満も文句も言わなかった喜生ちゃんだけど
初めての主張なのかも。


ただ・・・複雑。


今後どうするか?は
事が起きてからでないと対処できない。

薬はずっと飲んでいるけど
最悪、腫瘍が破裂し表皮に飛びだして来る可能性もあるし
喉の付近だから食事や他の問題も色々出てくる可能性もある。

この腫瘍をやっつける方法は切除しかないようです。


でも、考えたってなるようになってからでないと何もできない

受け止めるだけしかできない。ない



喜生ちゃんがなにしたって言うねんなぁ。

人の声も聞こえない、誰の顔を見れない

臭い、痛い、をずっと味わい、4度の手術を乗り越えてきたのになぁ。

菩薩ちゃうか、って思うほどこんな穏やかな子に。




13123150_495424060647679_2047694248648170467_o





それでもね、
よしをちゃんは今幸せですよ。

安心して眠れる場所があって、ご飯もちゃんと食べられて
遊びとかも一切知らない子だけど
唯一の鼻で色々な匂いを嗅げる散歩が大好き!!





13268090_502487413274677_4687470614845028430_o





だから、もうこの小さな小さな幸せを取り上げないでほしい。
このまま寿命を迎えられるようにしてあげたい。

もう少しもう少しだけでも今の状態が続きますように。



http://labgasuki.blog121.fc2.com/blog-category-165.html

IMG_6573




※U様から頂いた素敵な手作りベッドでスヤスヤ寝ています。
FBでメッセージ送っているのですが・・・



にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



お問い合わせ、希望はRe:Startまで

バナー




Re:Start BF








雑種子犬 推定3.4カ月 「雨」ちゃん 里親募集

出会いと別れ

comment iconコメント ( 3 )

道のり

ず~っと、リ・スタートの紆余曲折の道のりを影ながら、何も力になれなくても、一緒に時を刻んできたつもりの私は(読者皆?)初めは、ボランティアの形でブログに入っていっても、誰もが皆、チチさんの歩んできた道をブログを遡って保護に行き着くまでの道のりを判っています。そこには、被り物をしてる悟天さんからのスタートがあります。
チチさんが暫くブログを更新していないと、悟天さんに何かあったの?と感じるのは私だけではないのでは?
もはや、暫く登場していない悟天さん、紫音さん、春馬君を保護犬ちゃん達よりも気にしてる感じになってしまう。不思議な感覚ですね。

もはや、ここの皆は、ファミリーなんですね…
どんどん三人を登場させてね!
安心するから…

名前: よっこ [Edit] 2016-06-15 20:56

初めてコメントします

前から読ませて頂いています。
日々の保護活動、陰ながら感謝しております。
よしをちゃんの事、本当にもうそっとしておいてあげてと思います。
でも本当に幸せなお顔で寝ていて癒されますね。
穏やかな時間が長く続くように祈っています。

我が家には14歳の子がいます。
いくつか心配なことがあり、経過観察しているものや治療中のものなどあります。
悟っちゃん、心配ですね…。
でも十分目力あるので大丈夫と思います!
お互いに病気に負けず頑張りましょー♪

名前: りくママ [Edit] 2016-06-19 00:16

なるもまったく一緒の老化を辿っているから、気持ち本当に良くわかるよ。
感情表現も食べる事だけは、しっかりしてるから未だ大丈夫❗️って思ってます。
お互い頑張ろうね。身体に気をつけてね。

名前: なる母 [Edit] 2016-06-22 07:05

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)