本日は、ヤマトに会ってきた~~!!

会うのが尼崎でのバザー以来。







IMG_7091
ヤマト久しぶり!









いや~、変わった~~!

まだアバラ見えるし痩せているけど
16キロ太ったんやで~~!

肉付きも良くなって、ちょっと段差でつまずいたりよろけたりしていた
あの子が、
もう、部屋中走り回るし、座卓テーブル普通に乗るし
(人が普段食事として利用していないのでテーブルなので本犬は段差としか思っていない)


元気な普通の犬やった~!




ヤマトから熱烈歓迎を受けた。

何度も飛びつき、(腕のツメ跡が痛痒いっちゅうねん)

頭で顔パンチされたし(唇噛んだ、痛いっちゅうねん)

甘噛みもしてきたし(手、痛いっちゅうねん)

いっぱい舐められた~~。(お、無臭や)笑


うちの悟っちゃん、歳いってきてから口クッサイ~
なのでちょっとご遠慮したいけど、さすが若い子だけあるわ




嬉しくて、そして遊んで欲しくてたまらない、そんな感じだった





出来る限り預かりさんも部屋を覗くようにしたり
一緒に居てくれるようには心掛けてくれてるんですが
やはり、寂しかったり、元気が有り余っているから

人が来たら、超嬉しい!!ってな感じになるんやと思います。


体いっぱい使って喜びを表現していました。

















こんなもんじゃなく、最初はもっとハードでした~



だって、髪食おうと?髪ゴム食おうとするから?
慌てて外したもん~





恐らくラブラドールを飼っている人だと分かってもらえると思うけど
ラブの若いころのようなそんな感じ♪


そういうのに慣れてない人はヤマトは無理かな~




私にしたら以前の姿を見ているので

活発で元気な姿、そして
自分を、嬉しさを表現できるようになったんだと、

驚きもあり、本当に嬉しかった





この子は若いドーベルマンなので飼いたいと思う人も多いはず。

でも、あの子はちょっと特殊。


性格はドーベルマンってすごくいいんや。
って思わせてくれたヤマト。


小さな犬にも大きな犬にも攻撃性も無く優しい。

そして人でも、大人や子供に対しても優しいが・・・





問題行動が一つ。

過去の飼育環境により飢え過ぎてしまったが為に
なんでも口に入れてしまう傾向があり

口に入れるだけではなく、食べてしまう。


特に布系は大好き。小さいものなら丸のみ(女性の靴下やスポンジ系やクイックルワイパーなどの紙)

散歩中には落ちているたばこの吸い殻など何でも口にするようです(汗)


大きな布ものだと、さすがにマルのみは出来ないけど、ちぎってから食べる。

保護当初、うちのベッドだけは唯一口にしなかったんやけど
預かりさんちでの布系ベッドはことごとく無理で
ベッドなしで過ごすしかなかった。


募集の詳細にも、環境を整えてくださる方でないとと書きましたが
よくある食い時を張った子みたいな(紫音ちゃん…笑)
感覚でいたら大間違いです。



もっと酷い・・・

目に付くもの食べる、そう思っていた方がいいかもしれません。

なのでこの環境を整える・・・とういうことが非常に難しい。


うちではダイニングでリード使用。

預かりさんちでは現在、普段使ってない部屋をヤマトに明け渡し
部屋に顔を出したり、一緒に過ごしたり、というスタイルです。






人が居ない時は
やはり用心の為長めのリードでテーブルの足に括り付けています










IMG_7099
口が寂しようでおもちゃガシガシ








今まで散歩も出来ないほどガレージで閉じ込められていたのと
当初、ベッドなども口にしたため、何も入れられないので

それじゃ、骨骨の体では痛いだろうと思ったので。


これはしつけや訓練で治りますか?と聞かれたことがありますが
飢えによるものなので、恐らく本能的な物だと思うんです。


生きるか死ぬかの瀬戸際だったからこそ
それがそうさせるのではないかと。


なのですぐに治るものではなく


毎日毎日お腹いっぱい食べられて、愛情も受け、ストレスも発散して
食べる物と遊ぶものの区別などは、普段からおもちゃで遊ぶことをしたり

まずはいろいろ満たされてからだと思います


その上で愛情を持ったしつけ方をしていく。




満たされ、信頼関係が出来れば、おのずと問題行動は収まると私は思っています

あ、ヤマトの場合はそれだけでは難しい難しい気がするが・・・(汗)



ただ犬それぞれに満たされ方は違うはずだから、それをちゃんと見てあげたり
その子を理解することが大切。

人が好きな子と野良の子のように人が怖いと思うような子では
満たされ方は違うでしょ。
それと一緒。



ってことは、お勉強するのは犬ではなく
人間側が飼い主側がちゃんと飼い主となる勉強をすることが大切。

まずは、飼い主が犬の事を理解することからだと私は思ってます。

犬を知り、そして愛犬を知る。



簡単に言うなよ~、って思いますよね。



私だって、始めはド素人。
でも、犬からすべて教わってきた。

犬が教えてくれたし、犬が先生になった。
一番身近で的確に教えてくれる。


正解なら正解!
間違っていたら、間違い!って教えてくれるんやから、すっごくない?


私の場合、チチさんは特殊。
ちょっと他の人とは違うからね、って言われることもあるけど
そんなに変わりないって思う


私はただ、犬の事が知りたいだけ。
知りたくて理解したくて、犬になりたくて~~(笑)

だから私は犬だと思うことにした


そうすれば、犬の気持ちや心が分かってくるよ。

あと、犬の事を信じている。


もちろん全て信用するというのではないけれど

犬の持つ力、そして可能性、悪の無い心、そして人間には無い純粋で一途な心。



だからって全ての犬種が好きとかそんなんじゃないねん(汗)
(保護ボラやのに、よう言うたな)


ハッキリ言うと上辺だけの可愛いや好きではなく
本当の意味で本能で犬が好きだって事。
動物が好きって事かな。


でも、私でも分からんこといっぱいあるよ~。
失敗もあるし、でも、そこから学ぼうとしてるし

未だ勉強の最中やよ


















でも、自分ではどうしてもわからない
一人じゃ難しいって時は、人の力を借りることも大切です。

もちろん私に相談してきたら、出来る限りの知恵を絞りますし相談には乗ります。


プロにお願いしたいと思う方がいれば
出来れば、リーダー論を振りかざすやり方ではない訓練士やトレーナーさん

上下関係だとか支配する関係だとか、そんな昔のおかしな方法論でしつけている
訓練士は保護犬には本当に不向きです。

唯一お勧めするトレーナーさんはチャーリーママさん


私には感じるだけだけど、それを理論的な言葉で教えてくれるから





保護犬と仲良くするには、まずは多い位の愛情でもいいって思ってる。
普通の暮らしぬくぬくと育ってきた子には無いものを持っています。

春馬はもううちの子になって7年半ですが未だ私の近くから離れられない。
ストーカー。


保護犬には多少なりとも傷ついたりトラウマがあります。


だからこそ、必要なのは絶対服従で従う相手が欲しいのではなく
愛情深いお母さん的な存在なのかな?って思う


格好よく言うなら、パートナーって言いたい所やけど・・・
それが理想かもしれんのかな?

でも、私はそうなられへん自分がおるし
パートナーは対等やけど、現実そうやないと思うから。


これって母親に似てるなぁって気がする。



環境を整える。
愛情深く、そして見守る。

時に厳しく、そしていざとなれば我が子を命をかけて守る


多く干渉しない。
どっしり構え動じない心がある




犬は子供に似ている


親に褒めてもらいたい。
優しくされたい。

でも、自分と言うものを尊重し認めてほしい。
個性を受け止めてほしい。




まぁ、私の話は私の価値観であり感じたままやからね。




気を取り直し


ヤマトは今
子犬の時期をやり直している感じです。


幼児期など人の愛情や遊び、色々な事をしてこなかったせいなのか
子犬みたいです。


実際は4歳やけどねぇ~

でも、見てると本当に子供みたいにはしゃいだりしてる


もちろん散歩できる脚力も体力もなかった子ですが
しっかりお肉が付いて来て、散歩時には
多少の引っ張りも見られるようになってきました



このままの良い状態で、普通の子として家庭犬として暮らしていってほしい

しつけも大切だけど今やれなかった子犬時代をやっているヤマトを見ると
この子の寂しさや甘えを受け止めてあげる方が

今は先ではないかと思っています。



まだまだ出来の悪いヤマトですが
ヤマトが気になる方が居れば、いつでも連絡待っています。

よろしくお願いします!



ヤマトの本当の飼い主になってくれる人はどんな人だろうね


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



ちょっとお願い♪
大型犬の硬い~おもちゃがあればヤマトに頂けませんか?

とにかく何か噛みたい、暇を持て余しているようで
おもちゃを与えてあげたいと思っていますが
木だとすぐボロボロにしてしまう。


すぐには破壊できないような物、食べても安全な物だと嬉しいですが・・・


もし使用済みのおもちゃがあれば是非連絡お願いします




Re:StartFB




お問い合わせ、希望はRe:Startまで

バナー









愛用ハーネスとリード

生地選びって楽しい~

comment iconコメント ( 1 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2016-07-18 23:20

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)