ダックスのバロン、正式譲渡になりました!!

お見合いの前から、すでに心に決めていてくれた希望者さん
バロンに会ってもそのお気持ちは変わることはありませんでした

シニアの子がいいと言ってくれて、体の大きさも、前飼っていた子を思い出す・・・と
大きい事に喜んでくれて
ダックスは吠える物と吠えやトイレを失敗しても気にしないと、言ってくれる素敵な人達でした

初七日が過ぎ次の子を探している時に、よく似たバロンを見つけたと
すごく縁を感じてくれていました


バロンには預かりさんが何度も変わってしまい、さらに1年近く里親さんが見つからず
長い間待たせてしまいましたが
ようやく、本当の家族を幸せを手に入れることが出来ました

これからはゆっくりと愛情いっぱいにあふれた毎日を送ってほしいと思います


ご協力してくださった方々、本当にありがとうございました!!

バロン幸せになります!!

バロンの希望がありました

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)