2018'06.11 (Mon)

山を越えそう?!超えた?!

2.3日が山・・だったはずの紫音

それが希望の光が見えてきました。


お薬を中断した翌日、の晩、紫音の声が聞きたいとアニマルコミニケーターの方にセッションをお願いし
電話を切って、しばらくし悟天と春馬のご飯時の音を聞き

むくっと状態を起こし、目を見開いている。
ん??欲しそう??

慌てて缶詰や、フードを与えるがそっぽ向く
やはり匂いがキツイのはダメか、それなら・・と冷蔵庫の中身を物色し
シュークリームを見つけ、ちぎってあげると


食べた!!!!



クリームの味がしつこかったのか、途中で飽きて
次は何かないかと探したら「ハム」があり与えてみたら・・・



食べた!!!



もう、嬉しくて嬉しくて


病気を告げられてから一度も泣かなかった私だったのに
泣いた。
ウォンウォン泣いた。


もしかしたら私が願ったから無理をしているのではないかと思ったけど
アニマルコミニケーターの人曰く、
そうではなく、自分が本当なら食べたい
そして食べて頑張ってみるって言ってると言ってると。

紫音は生きる事を諦めていない。
食べようとすることは生きようとしているという事。

それが嬉しかった。

ただ、不安だったのは下痢やおう吐をしないかという事だった。


その後、初めての輸液点滴。
緊張してるし、段取りも悪く、手際も悪く、正しいのかどうか不安だったが
なんとか無事終了?

そして就寝。
横に寝て居るので紫音の異変にはすぐ察知できる

早朝、息の荒い紫音。
立ち上がろうと必死で動いている。

少しだけウンチが漏れている。
シートを敷いているので「そこでしてもいいよ」と促すも
やはり汚れるのは嫌なようで、慌てて抱き上げトイレに移動しようとすると、
既に抱き上げた傍から漏れ、移動中も漏れ。。。
いや、飛び散りながら、シートに。

またもや私は泣いてしまった


生きようと頑張ってる紫音に残酷な仕打ちをするな!
この子の望みや希望を打ち砕くな!

やり場のない悔しさと、紫音の気持ちを考えると可哀想で涙があふれた
泣きながら、紫音の体やあちこちに飛び散った下痢を掃除した


ただ、その後、またもや悟天と春馬のご飯時に欲しそうにする。


今は食べて体力や栄養を付けないといけない。
悲観している場合じゃない!!


紫音はまだ頑張っている

下痢をするかもしれないけれど、食欲が出てきたのはとにかく良い事だ。
食べたがっているなら食べさせたげよう。
いろいろ与えてみたら、翌日の残りの伸びきったうどんを食べた!

実は、昨夜、うどんならのど越しもいいしあっさりしてるしと作っていた物だったけど
先生曰く、水分も含んでて良いとのことでよかった^^

あまりいきなりたくさん与えるのも怖いし、出来るだけ消化の良いモノを与えたいので
少しずつ、時間を置きながら。
もちろん下痢をしない事を願って・・・

ただ、一つ不安材料があった。
今日で3日目になるが、丸二日おしっこが出ていない

それだけ出ないって事になるといろいろ恐ろしい事になる可能性も・・・


体重を計って増えているかどうかの確認と
膀胱チェック。

膀胱に溜まっていればまず安心だけど、肺やお腹や他に行ってしまうと恐ろしい

二日間よりも1.5キロの増加
おしっこはどこに??

どうしても気になる。
病人には見えないほど、目力も出てきて、呼吸も穏やか
もし危ない状態なら、そんな状態なわけがないと先生も言う。
だけど三日目になるのはちょっと・・・と。

病院へは行きたくないし、行かないと言ってたのに、様態が急変しても怖いので
連れていく。
病院へ着くなり呼吸が荒くなる。
待合室でも治まらない。

見てられない~~って事で、帰ってきた。(汗)
車に乗せ帰る途中、呼吸は穏やかでスヤスヤ・・・

やっぱり、病院が相当ストレスになるようです。


午後、友人が紫音に会いに来てくれた

頂いた卵サンドをあげると、それはもうパクパク食べた。
食いつきがすごかった




サンドイッチちょうだい♪
サンドイッチちょうだい♪





リンゴも小さめにしてあげた。
食べた、

夕方まで終始穏やかで、友人たちも終わりが近づいているようには見えない。
まだまだ余力もある。
だから諦めずに、もう一度病院へ行けと言われ、夕方に病院へ行くことにした

幸いにも、紫音の大好きな友人も一緒に言ってくれるという事で
そうする事で、紫音の不安も少しは取り除けるかもしれないと思ったら、やっぱり的中

今回はエコー台には乗せず、我が家のカートに乗ったままエコー。
膀胱に1Lくらい溜まってる。まずは膀胱で安心。
呼吸も心臓の音も異常なし。
圧迫排尿を試みるも、やはり我慢しているようで出ない。

でも、ひとまず安心という事と、食べられるようになり
しかも、下痢状のうんちはあるものの、固形に近くなってきている。
と嬉しい言葉。

紫音には薬の副作用が大きすぎたようだ

なので、今後は薬を変えもう一度治療していこうと。

紫音も食べてくれたことで、少しだけでも希望の光が見え始めてきたし
まだあきらめるには早い、紫音と一緒にもう少し頑張ろう!って思えた


家に帰ってきて、夜、消化器サポートをリキッド対応のを混ぜ強制餌食

これはどうやら食べたくはないみたいだけど、下痢にならないために。

その後、呼吸が荒くなりだし必死で布団から這い出ようと移動しているので
その場でするよう促すも決してしない。
トイレに担ぎ、支えながら立たしてあげると、少しだけ前へ進み、しゃがみおしっこ。

依然おしっこした後、後ろ足の踏ん張りが効かず倒れ込んだので、体を支えし終わったらすぐに寝かせた

おしっこの色、もうオレンジどころではなく、紅茶?むちゃくちゃ濃い色で
最初血尿かと思ったけど、そうではなかった。





今までで一番濃い尿
今までで一番濃い尿





夜中、またもや呼吸が荒く動きたそうだったのと、臭いおならの匂いがしてたので
恐らくうんち・・・
促すもやっぱり、そのまましたくないようで、再びトイレ。

すぐにした。
下痢は下痢だが、水下痢ではなく、泥状。

下痢してるのにも関わらず、それだけで嬉しかった。
安心できた。


おしっこも出た。
食欲も出た。
食べてる。
下痢も治りつつある

希望が出てきたーーー!


っていうか、紫音は山を乗り越えた!!!


紫音は今瀕死ではない。
ただ、今はまだ輸血をしないと生きていけないのも事実です

前回の検査結果により、明日には数値がギリギリで輸血が必要になるだろうと思われます

以前より状態がひどくなっていたら、輸血をするのはどうしたものか、と、思ってましたが

今なら、まだ可能性が残されていると思えるし、薬を変えてのチャンレンジをしたい
諦めたくない!って思いました


3度目の輸血となると、クロスマッチが合わなくなってくる可能性がさらに大きくなってきます
前回はこちらの都合で申し訳ないのですが
一頭ずつマッチさせる検査をしてダメだった場合時間もないので
3頭の子に来てもらい、全員にクロスマッチをお願いしました

また、今回も何頭かにお願いしたいのですが、
同じ子からは輸血できませんし、前回来てくれた2頭の子に血液サンプルを保管して
クロスマッチしますが、前回が良くても今度は合わなくなっている可能性もあります

出来ればやはり一番安心できる血が固まらない子の血液を使わせて頂きたいので
また何頭かお申し出頂けると助かります

協力するよと思ってくださる方が居ましたら、是非とも直接私にまでご連絡お願いします

メールはこちら


電話はこちら 090-5125-0287


メールの方の場合、携帯番号を記載してくださると助かります
輸血時は緊急の場合が多いので早急に連絡を取らないといけないので。

20キロ以上なら輸血は可能ですが
紫音の場合大型犬ですので、多くの血液が必要になりますので、出来れば25キロ以上の子だと安心ですし助かります。


何度もお願いばかりで心苦しいのですが、是非とも是非とも、まだ少しだけお力を
貸してください!
よろしくお願い致します。





最初はゲージがあったが
最初はゲージがあったが






邪魔なので撤去
邪魔なので撤去



IMG_0616




今日は、昨日よりも上手に点滴出来ました!






輸液点滴中
輸液点滴中







途中でビタミン注入
途中でビタミン注入





IMG_0632









今、スヤスヤと静かに横になってる紫音です

毎日毎日何かが起き一日をゆっくり過ごせなかったけれど
今日は久々にゆっくりと過ごせそうです





IMG_0635






にほんブログ村



12:24  |  病院、病気  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★紫音ちゃーん

頑張ってくれてありがとう、少し安心しました。
まだ心労が続くとは思いますがチチさんもご自愛下さいね。
毎日特大の元気玉送るからね紫音ちゃん、ガンバだよ。
2ワンまま | 2018年06月11日(月) 16:51 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://labgasuki.blog121.fc2.com/tb.php/2453-702b9a7d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |