少しの間、私の話を聞いてくださいね

今日はボランティアの事について書かせてください


「ボランティアって、すごく難しいんちゃう?!」とか「何したらいいか分からへん」 
「大変なんとちゃうの?!」  「仕事してたら出来へんのちゃうの?!」

とか今まで関った事がない人やったら、そう思ってる人も多いと思う

そして、「ボランティアするぞ!」とか「1匹でも救わなきゃ!」とか「預かりしなければ出来ない!」

そんな強い意志や強い思い預かり環境がないと出来ない!

って思ってる人も多いと思うけど


でもね~、それが 全然違うねんなぁ~


誰にでも、簡単に出来る事やねんなぁ~

それが今のあたし・・・(f´▽`)エヘヘ

そこで、少しだけ(ん?長いかも・・・)話させてくださいね


私は、唯一ラブラドールレスキュー団体ハッピーラブズにメンバー登録しています

(今現在していません)

実質メンバー登録だけですわ・・・(^-^;今まで何にもしてなかった時の方が長いねんから・・・(^▽^;)


最初は、預かりなどやれなかったので、ボランティア登録したら
即預かり依頼がきたらどうしよう、とか絶対に何か手伝わないといけないのではないか
とか不安でした

でも、ラブ飼ってラブラドールが好きになって、そういう不幸な犬達を知って
それをレスキューしてる団体がいてることも知って・・・

何か私でも手伝える事があったら…そういう思いで登録ボタン押しました
ボタンを押すのにさえ勇気が要りましたし、押すまでに時間もかかったよぉ(^-^;


ハッピーラブズのHPのボランティア登録はこちらを押してみると分かるように、

「出来る範囲で手伝える事があれば・・・」の参加内容項目があります

輸送なども出来そうかな?って思ってたけど
ボランティアに関った事がない者としたら不安で、ますは登録する事から。


とにかく登録だけして、MLでどんな様子なのか、どんな事を皆さんしてるのか
それよりまずMLって何やねん!ってな感じ?!(^▽^;)
少し分かってから、そして何かあれば手伝おう、と思い、そこの欄にチェックしました


ML(メーリングリスト)とは、メンバー登録した方全員に流れるメールです
そのMLで、レスキューする時の流れや情報など、預かり出来る人いてませんか?
など保護したワンちゃんがどんな様子だとかの情報が日々飛び交います


そうやってMLを見ていくうちに段々とレスキューから保護まで流れや預かりの様子を見て勉強していました。
何も知らなかった者にはすごく勉強になりました

ただ、ふと、疑問に思ったことがありました

それは、関東、東海でしか動きがない

知らなかった…ハピラブは、もともとは関東から始められた団体だったので、
そして、まだ出来て日も浅いハピラブには関西で活動できるメンバーがほとんど居なかったんです

そんなん、知らんやん~ヾ(-д-;)

私は、そろそろ流れも勉強できたので、輸送なら出来るとか環境チェックも出来るとか
引き出しも手伝えそうとか思ってたのに、手伝う事が出来ない~~~っていうか、
したくても出来ない~~~

でも、いつも、ただMLをじっと眺めてるだけの人で居る事が嫌になってきて・・・
何もしていないし、口も出せないし…


で、丁度1年毎の色々な担当の変更や交代の時に差し掛かり、ブログ更新の役目を申し出たんです。
教えてもらえたら出来るかもしれないと。

でも、その間に、関西地方で何かあれば手伝う気はマンマンでした
そうしてブログ更新のみで何もしないまま1年が過ぎた・・・。



そしてある日 私の出来る事がとうとうやってきた


それは、名古屋の子の預かりに手を上げた、大阪の人が居た
その人が、3日ほど留守をするので、その間は預かれないので誰かに頼みたい!って・・・。

*゚ρ゚)ノ~*.オオオォォォォォォ-3日!3日程度なら出来るかも

しかも、預かりをしようと思っている私にしたら、すっごい(≧∇≦)ъ ナイス!タイミング!



預かりの体験が出来る!長期なら不安やけど3日なら・・・って事で手を上げた


短期なら家族の反対にも合いにくいし、旦那の反応も見れる。今後長期もイケそうやとかね^^



その様子はこちらね→短期お預かり「花」

自分が出来る事も色々考え始め、預かりさん達の様子も見られ、

預かりってこんな感じなんやなぁ、っていうのがよく分かるようになって

私も、預かりがしたい!って思うようになったんです


でも、預かれない・・・遠くからの預かり手の募集があっても
なんか、ちょっと不安でね~
預かりのフォローとか難しそうだから・・・

誰か関西でしてくれへんかなぁ。って思うだけの日々・・・

で、とうとう、しびれ切らして、大阪の小さなボラさんの集まりの 
「Red-string」 に一時預かりボランティアの登録を…

そこで、初めてだとしたら不安もあるだろうからと、小型犬からしてみますか?と・・・・

そうどこでも、強制的ではないのです。

しかも、こんな子居るんですけど預かれますか?!って事前に聞いてくれます.
色々話して不安も解消されます

無理な場合は断れるんです


私はちゃんと事前に言いましたよ。


悟天がビビリなんでメスならOKですが、オスは強い子だとちょっと無理ですってね
どんな子でも預かれるわけじゃありません。苦手な犬種もありますし・・・って。
そんな風に考えるあたしでも出来たんやもん


そうです。ボランティアなんて無理したら出来ません!

だってボランティアやねんもん

前にも話したやろうけど、ボランティアは家庭があって自分の生活があってこそ出来るものやし
その合間にするものやって思ってます。


出来る事を出来る範囲で!!

これがボランティアの基本だって思ってます(あ、私はね~(^▽^;)




だから、今まで堅苦しく、難しすぎる!頑張らないと!な~んて考えてた人が居てたら

そんな事思わなくても出来るねんよって言いたい

だって、現にあたしが証拠や~ん!( ̄▽ ̄*)ゞエヘヘ



そして皆も知ってる通り、風太が来た訳で・・・




ボランティアなんて、ほんの少しの勇気さえあれば誰でも出来るもんなんです。

私が、一番初めに、勇気出して参加登録をしたみたいにねd(^-^)




ボランティアってちょっとやってみたい、やってみようかな?って
思う人が居れば、他にもたくさんあります


色々なボランティア団体があります

何かお手伝いしたいと思ったら、聞いてみてはどうでしょう?

私に聞いてもらっても構いません
私でよかったら、アドバイスしますよ。


みなさん、長い文章、読んでくれて本当にありがとう~

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

バナー

お疲れ様でした・・・``r(^^;)ポリポリ


平和な我が家

任務完了!~風太の旅立ち~

comment iconコメント ( 4 )

めっちゃ、説得力があったわ・・・

私も仕事しているし、家はマンションだし・・・無理やなぁ~なんて
たくさんの言い訳を並べていたけど、
私にだって出来る事が≪何か≫あるよなぁ~ってね。
刺激されちゃったので、すこしお勉強してみようと思います。

ハピラブで関西活動!!スンバラシイ~~!!

名前: ぐりこ [Edit] 2008-11-05 16:21

ぐりこさん


説得力あった?!(≧∇≦)
でもね、これはホンマの事やで。
何かしたい、少しでもしたい!って思ったら
出来る事なんて、なんぼでもあるねん。

仕事してる人もすっごく多いよ。
だから、日曜日の手の開いた時とか、晩の開いた時間とか。

もし、保護され預かりさんが近所の人やったら、
その人がブログとか出来ない人やったら
家に行って写真とってあげて状況とか聞いて
ブログに載せたりするお手伝いも立派なボランティア。
ちゃう?

出来るだけ近所の人が居れば、一人一人の負担って減るやン
もし、預かりさんが1日都合で家に居られない、なんて時でも
1日やったら・・・って言う人も居てるやろうし。

もし、実際普段手伝えなくても、緊急時には駆けつけたり出来るとかね。

後方支援・・・物資とか寄付とかも立派なボラやしね

ハピラブに今こんなん子居てるねん。いいよ~、どう?
って進めてみるのもボラやしねぇ

ね、簡単でしょ!

お勉強してみよう!その気持ちだけでも前進やよ~

名前: チチ [Edit] 2008-11-06 08:30

えらいっ!

チチさん、くみです。

ホント、ボランティアって、勇気いりますよね。
それに最初に言い出すって、ものすごい勇気いると思う。
できることをできる人がっていっても、
つい自分のキャパをかんがえてしまうし、
いつも、どこまで出来るか?と思っています。

けど、とにかく踏み出さなきゃね。

お互いがんばりましょー。

……ところで、ぐりこさんて、Yahoo!ブログ書いてるぐりこさん?
もしかして世間て狭い??



名前: くみ [Edit] 2008-11-07 10:36

くみさん

わざわざ、訪問書き込みありがとう~

ええ、本当に私の発言、あれはかなり勇気要ったんですよ~
キャパ、もちろん私も考えながらやってますよ
潰れてしまったら無理だからね
うんうん、そうそう
踏み出さないと、何も始まらないし、何も得られないしね

はい、お互いがんばろうね

そうです。ヤフーのぐりこさんですよ
ラブでしかも同じ名前の子が居るって、最近、紹介してもらいました
お友達ですか~?!

名前: チチ [Edit] 2008-11-10 00:04

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)