FC2ブログ

2013'12.06 (Fri)

スパークの心臓…重要な報告




スパークが退院して5日。
再検査に行ってきました。






画像 004







あれからのスパークですが
瀕死の状態だったのと思えないほど回復し
見た目は本当に元気です。

元気といっても走り回るとか
まぁ、普通のはじけたスタンプーではないんですけどね


前にも記載したとおり
体すべてが絶好調で退院したわけではありません。

あちこちの内蔵などに炎症も残っているし
数値も正常値でもありません。

とりあえずは、命の危機は去った
食べれるようになった
便が出るようになった。

それだけでした。


でも、そう思わせないほど元気でした。


今回もまた腹部エコー、心エコー、血液検査などをしましたが

前回11とまだ高かったCRP(体全部の炎症度)が
2まで下がっていました!!








画像 002









しかし、退院時に気になっていた腸の炎症が
相変わらずあり、腸が腫れている、リンパも腫れている。

減少していたALB(アルブミン)もさほどあがってはいない。
タンパク質がまだ吸収されていないようです。

吸収されないので結局、体重も0.1キロしか増えていない。

その上、退院時には見られなかった腹水が…

腸に問題がある可能性もあります。
あげればいくつかありますが
腸の腫瘍、腸の免疫によるもの、etc…


しかしまだ今の段階では確定するのは難しく
どれが原因となているかはわかりません。

やはり考えればあの状態だったので
どれが原因かは時間を置きながら
一つずつ探っていくしかない状態です。









画像 009









なので来週また検査です。
腹水や腸の炎症ががどのように変化しているのか見ます

吸収しているかもしれないし
さらに溜まっているかもしれないし・・・

その際に、次の治療法が確定します。

飢餓状態だったし酷い状態だったし
そんなすぐに回復するとは思ってはいないけど
結果が出ない状態って・・・ホント心配で嫌やなぁ・・・


ただ、腹水が溜まる原因の一つとしてもうひとつあります。




前回、不安を仰ぎたくないので、まだ
話さなくてはいいのではないかと
完全に結論が出て、どんな状態かが分かった時に
話してもいいよね、と

みなさんには黙っていたことがありました。


ちらっとお話した心臓のことです。


実は、スパークは


「拡張型心筋症」でした


聞きなれない方もいると思います

私もそうでした。

だけど、重い病気だということはなんとなく分かりました



拡張型心筋症は
心臓の筋肉が弱くなり心機能が低下することで
全身に血液を送り出せなくなります。

初期には症状があらわれない事が多く
進行していくと、食欲が無くなったり、運動を嫌がったり
疲れやすくなったりします。

更に悪化すると激しい咳や呼吸困難等の症状がでます。
中には失神したり、心不全を引き起こしたり、突然死するケースもあります。

さらに、病気の進行によって次第に心臓は拡大し
心臓の中に血液がうっ滞していきます。

心機能の低下によって心臓内に血液がうっ滞すると
肺でガス交換した綺麗な血液を心臓に送る肺静脈にも
血液がうっ滞し、肺胞内に血中の水分が漏れ出します。

これが肺水腫です。肺の中に水が溜まっていると
呼吸をしても酸素を十分に取り込むことはできません。
この状態が長く続けば死に至ることもあります。

また、不整脈を伴う場合には突然死することがあるので
症状が軽くても安心はできません。


とりあえず拡張型心筋症の原因と言われている
「甲状腺機能低下症」の検査もしましたが
これに関しては以上はありませんでした。


そして収縮率ですが
スパークの心臓の収縮率が当初の数値は11%でした。

当初の状態では心筋の炎症によるものかも知れないので
様子を見ましたが、退院時は17%に上昇していましたが
やはり(その間強心剤などの薬も投与していました)

それでも結果は「拡張型心筋症」と断定されました。



診断されたらどうなるのか・・・



犬の拡張型心筋症は、予後に警戒を要する病気です。

治療に対して初期反応が良好であった場合
約25%~40%の患者さんが6ヶ月以上生存し
1年生存率は17.5%程度
2年生存率は7.5%とされています。

これは単純に逆に言うと、60~75%の患者さんは
半年生きられないということですが
もちろん心臓の機能や血流が悪化していく前に治療を開始すれば
よりよい治療反応が得られ、予後も期待することができると考えられます。




この結果を知ったとき
驚きを隠せませんでした

そして愕然としました


あんな地獄から生還したのに
なんで、さらにひどい仕打ちをするのかと…



やっと幸せになれる、そう思ったのに…


本当に本当に可哀想で仕方なかった




でも・・・
お薬で心臓の伸縮率が上がっていけば
治療開始が早かったならば、初期段階であるならば・・・

余命は伸びる。


祈るような気持ちで今日の再検査

検査での収縮率の数値は21%。

20%超えるか超えないか
これが要となりますが、一応は20%クリアしました。

ちょっと喜んでいたら
だからといっていい数値ではないからね・・・と言われたんだけどね。

それでも10%台に比べたらね。

強心剤と拡張剤は手放せません
薬を飲んでこの数値だけど

でも、血をいっぱい作り出しているようだし
少しはマシになってるし
心臓頑張って動いてくれている。

そして何より元気!!










画像 007














画像 008









スパークの場合は
今の所、咳などもありませんし
呼吸が上がったり、そういう所見はありません

昼間のあったかい時にリラックスタイムがてら
お散歩にも出ていて15分くらい歩いても
疲れが出たり呼吸が乱れたりもありません。

初期段階ではないだろうか?
そう思うんですよね。

だから今すぐどうのこうのって訳ではありません。










画像 010










だけど
だけど
よく考えたら

診断された時点とお薬が手放せなくなった時点で
スパークの命のカウントダウンは始まっているんですよね


でも、それでも治療開始が早い分
捨てたもんじゃないって思いたいです。


例え1年でも2年でも
少しでもスパークには幸せなひとときを与えてあげたい


その為には私は
今後も出来る限りの治療をしていきます。



スパークは今、スノウママのおうちにいます。

出来るだけ興奮せずに穏やかにいられる生活をするには
我が家ではやはり不向きで、
落ち着いた環境がいいと思ったことと
病院からも近いということでスノウママが引き受けてくれました









画像 001










スパークね、やはり狭いところに閉じ込められてたんでしょうね

もちろん外なんて見たことがない世界なんでしょうね。


家の中に入れた時もどうしたらいいのか
わからない様子だったようで落ち着きなかったみたいです。

歩くのにも、最初は壁をツタって歩いてたんですって。

これ進んでいいの?
進むのどうしたらいいの?そんな感じだったそうです。

男の子ですけどもちろん外ではおトイレできません。
シートでするようです。

散歩でも匂いさえ嗅がずに、ただスノウママから離れないように
一生懸命付いて行ってる、そんな感じだそうです。

おもちゃでの遊びの動画も見せてもらいました
どう遊んだらいいのかわからない様子だけど
まるで小さな子が遊んでいる、そんな感じで可愛かったです


またスノウママがブログでアップしてくれるそうです








画像 005









で、報告ですが
スパーク、8日のバザーに
ちょこっとだけお顔をを見せてくれます。

応援してくださった方たちに
少しでもスパークの元気な姿を見てもらいたい

スパークの可愛さ知ってもらいたい。

体調を考慮して30分だけのお顔出しです。


14時から14時半までです。


もし良かったらスパークに会いに来てあげてくださいね




にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村


まだまだスパークは生きる。

だから本当の家族だって持てる。


私はそう信じています。





人気ブログランキングへ





お問い合わせ、希望はRe:Startまで


バナー





テーマ : スタンダード・プードル - ジャンル : ペット

19:31  |  「スパーク」スタンダードプードル  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2013'12.02 (Mon)

退院しました




2日前から緊張型頭痛やら胃痛やら胃のむかつき
もう体調最悪・・・


まぁ、そんな状況をワンコ達はまってはくれない


体調から、精神的から
いろいろな事からの現実逃避にはやはりアルコール。
昨日はワイン1本を一人で空けた(汗)

最悪な悪循環





じつは昨日途中まで書き上げていたんだけれど
またもや眼精疲労のため途中で断念



昨日スパークをお迎えにい行ってきました。

そうです、スパーク退院しました。







画像 152









検査では、まだ炎症度(CPR)は11もあり
貧血の数値もあり、内蔵も膵臓や腸などの炎症反応もあり
お股も穴があいているけれど


それでも、足取りも軽快で
わんこに近寄りたがったりして
見ている分にはすっごく元気にしています。








画像 150









まぁね、保護時が体温35度で炎症数値も
30オーバーで振り切ってた程で・・・

本当に棺桶に片足突っ込んでいる状態だったので
そう思うのかもしれないね



そんな状態だったから
検査結果も現時点では
こうです!と断定できない物が多く

疑わしき・・・というものが多い。

退院間際に急に膵炎の数値が上がってきたり

たんぱく質の数値が落ちてきたり・・・

毎日少しでも増えていた体重が
急に増えなくなったり・・・

まだまだ疑惑や謎も多く

とりあえずは5日後に再度血液検査、そしてエコーなども
撮り、また診断してもらいます。


しかし
ひとつだけは断定されたことがありました。


それが私が心配していた結果の部分。


心臓です
(和来レベルではない)


しかし、薬を飲み始め5日後にはどんな風に変わっているか
今後の対応やいろいろな事も変わってくるので

今はまだ病状がハッキリとは言いにくく
みなさんにも不安を仰ぐこともしたくないので

なので、5日後
5日後には正確にお伝えします。









画像 151









フードの支援などのお声も頂いていますが
その経過によりフードが確定します。

今はまずゆるゆるの便(腸の炎症)を治すのに
消化器サポートを3キロだけ購入しました

5日後の金曜日の再検査の結果 心臓サポートとなるか
引き続き消化器サポートとなるか
普通のフード(塩分控えめ、油分少なめ)になるか

状況に応じて対応していきたいと思いますので
もうしばらく見守っていてください



で、和来とスパークだけで
バザーの売上全部吹っ飛んでいったやん~~(泣)

ていうか心臓の薬ってむっちゃ高いやん~!(ビックリ)








画像 149













次から次へと病気の子で
少々、いや結構凹んでおりますが・・・(汗)


でもね、見ている限りでは非常に元気です。

その姿を見れたので、ちょっぴりは安心しました




今は肉体的にも精神的にもちょっと辛いかな・・・という状態だけど
とりあえず、今は目の前の行事のバザーを
乗り切ることだけを目標に頑張ります!




で、スパークの記事で
またいろいろな報告が遅くなっていますので

うちのリスっ子はスパークだけではないので
ほかの子達もどんどん載せていきますね




にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村




とりあえず退院出来て、ひとまずは安心…




人気ブログランキングへ





お問い合わせ、希望はRe:Startまで


バナー






テーマ : スタンダード・プードル - ジャンル : ペット

10:52  |  「スパーク」スタンダードプードル  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.29 (Fri)

元気になってきたよ~!





スパークのあまりの反響の大きさに
少々戸惑い気味のチチです・・・


スパークと一緒に保護した子の紹介もまだだし
他にも記事を書く事があるのだけれど
皆さんやはり心配していると思うので

スパークの事から書きますね。



まいまいと和来を連れて病院へ行ってきました

スパークの病状を心配してくれた
すがちゃんと、うめきちさんと、スノウママ3人の同行付き♪

なんかこころ強い。



で、今日はいい報告です!



最初は寝転んでたんだけど
毛布を取り替える時に私たちが体を起こしたら
そのままたってくれた!






しかもその直後、お水をガブガブ飲み
出てきてくれた。










画像 098














画像 100













画像 102













画像 105











思った以上にスパークの回復力の速さに驚いた!





完全に命の危機は脱したと思われます!!









画像 106















画像 109











あすが2回目の血液検査だけど
先生曰く、かなりいい結果が出るだろうとのこと。




そしてちゃんと食べられているし水も飲んでいるので
検査の結果がよければ

早ければ日曜日には退院できそうだって!!




おおーーーー!



もっともっと掛かると思ったけれど

先生曰く命の危機を脱して
食事さえ出来るようになれば入院の必要なく

あとは、お薬や通院で徐々に直していけばいいそうです。




ただ…

ひとつだけ気がかりなことを言われています。

それも明日の検査で分かります


それによりスパークのその後の運命も変わってきます

いい結果となるか、悪い結果となるか・・・





いや、きっといい方向になる気がする!

そうポジティブ思考な脳みそが言ってるし、うん(笑)










画像 110







迎えに来るからね~~











なんか今日の姿見て、かなりホッとして、ドッと疲れた(笑)


頑張ってたのはスパークなのに
私、肩も背中もコリコリ・・・(汗)



今日は和っくんの目の抜糸や経過観察だったけど
それは完全にホッとした・・・ではなかったけど

(和っくんの事全然報告出来ていないので、それもちゃんとお伝えします)





それでも一段階はクリアーできて
少しは肩の荷が降りたような気がする(笑)








で、スパークの記事ですっかり忘れ去られているけれど
スパークと一緒に保護した子がいるんです


その子もお披露目したいんです



その子は…
この記事後すぐに続く…







にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ





お問い合わせ、希望はRe:Startまで


バナー





テーマ : スタンダード・プードル - ジャンル : ペット

19:21  |  「スパーク」スタンダードプードル  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.28 (Thu)

スパークその後







スパークへのたくさんの応援、そして励ましをありがとうございます



ご報告が遅れ、やきもきしたでしょうね。

ホントすみません。



まず

スパーク


生きてます!!





朝に無事を確認し、そして夕方に会いに行きました










画像 080














画像 066
















画像 068
















画像 069














昨日とは全然目が違います





でも、まだ完全に大丈夫とは言い切れなようです。


3日、これを過ぎれば・・・という状態です


ただ、体温は38度と平熱に戻っていました

(これは大きな収穫!)

しかし、まだ黒褐色便だし、油断はできません





でもね、立てたようです。


私が面会したときは立たなかったけど
ご飯は食べたようです。


これって生命が復活してきた証拠??だと思うんですよね。


(まぁ、獣医さんは楽観しはしてませんでしたが…)




昨日お伝えした病名というか診断ですが、私もとりあえず
「生きるようにしてください」とお願いしたので

いろいろ言われてもあまりわからなかったのですが

今日はちゃんと聞けました。



全身感染症と言うのはなんだろうかと?

肺、腎臓、心臓、胃腸、内蔵すべてが炎症で犯されてて
感染している状態だそうです。



でも、私もスガちゃんも
あの子は生きる。

なぜか、そう思ったんです。


だから、きっと復活してくれる。

そう信じてるんです











何故かうちの次男が付いてきました
何故かうちの次男が付いてきました















画像 076











明日は、和来とまいまいの診察もあり
(和来は目のばっ糸です)


その歳も面会してきます。









明日、また来るからね
明日、また来るからね













みなさんの思いは私にも、そしてスパークにも伝わっています

そして、スパークを迎えたいと言ってくださった方もいますが
お気持ちは十分分かりましたが
もう少しだけ、もう少しだけ見守ってはいただけないでしょうか


今は生きるかどうかの最中です。

今後のことは回復してから決めていきますので
どうぞ見守って頂けますよう、よろしくお願いいたします。




そして、この場で非常に申し訳ないですが
メールいただいた方、希望アンケート書かれた方
お返事が遅れて申し訳ありません

少しばかりお時間いただけないでしょうか?

いつもは三日以内にお返事と言っていますが
出来れば5日ほど待っていただけたら助かります。




どうぞよろしくお願いします






にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ





お問い合わせ、希望はRe:Startまで


バナー









テーマ : スタンダード・プードル - ジャンル : ペット

22:33  |  「スパーク」スタンダードプードル  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.27 (Wed)

どうか生きて!





※保護したこの名前が違ってたようです。
スパンキーと記してしまいましたが
正しくは「スパーク」です。

すみませんでした




今日は、今の和来の状態を知ってもらおうと
昨日から下書きをしていました。

今日は保護があり、それが終わったら仕上げて
アップする予定でしたが・・・




急遽変更して・・・


どうしても、すぐにでも
この子の存在を知ってもらいたい。

こういう子がいる。
今頑張っている子がいることを

と思い載せることにしました。



今日は2頭保護してきました



しかし、1頭の子が・・・


とにかく状態が悪く

聞くと

ぐったりして歩くこともできない。
餌も食べていない。
吐いている。

いつから食べなくなったのか?いつからぐったりしてるのか?
いつから吐いてるのか?



病院へ直行したいのは山々だったんですが
とてもじゃないけど、この状態では診察もできない。


皮膚が見えていない。

毛は水を含んでびしょびしょ。

近寄ったら、それはそれは酷い悪臭。

この匂い私は覚えてます。


そう、ピノの時に嗅いだ匂いと同じ。


生ゴミのような腐った臭い。



毛が腐っているはず。




私が今まで携わった子の中で、一番酷い状態の子です。

ピノも相当ひどかったです。
ウジも住み着いてたしね。

でも、何が救いだったというと、まだ栄養状態が良かったんです。

丸々としている子だったから。
最悪な環境下だったけど、食べる事はできていた。

皮膚もまだマシだった。




しかし、この子は・・・




(現実をありのままお伝えしますが
ここからは汚い画像などもありますので
自己判断でみるようにてください)




とにかく一刻も早く病院へ連れて行きたい
少しでも皮膚をみえる状態に・・・
と思ってすがちゃんと2人で刈りだしたので
カメラ撮るの忘れて途中からです









画像 011















画像 013

















画像 012















もちろんニュルニュルの毛は腐っており
ウジもいました


嗚咽しながらの作業。







タマタマも炎症起こしてて
肛門周りなど、他も多々炎症起してはいますが
酷かったのが・・・股。

化膿して穴も開いていました…











画像 018















画像 014















画像 017















画像 019











こんな鎧をかぶってました・・・










画像 027















画像 028













もう絶句としか言いようがなく
本当に酷すぎます。











画像 029













画像 030









今までもいろいろな子を見てきましたが
目を見れば分かります。

全く生気がありません。


しかも体や口の中も冷たい…



本当に危険な状態だって私でも分かります





もちろん入院。

ひどい脱水状態、そして飢餓。










画像 056














画像 058















画像 060









体重は11キロ

言っておきますが

この子はスタンプーです。



診察台に乗せると、褐色の便・・・。


体温は35度


腸はもちろん
内蔵も全身が感染に犯されているらしく

白血球も高すぎるし
CRPも24。






今、この子は戦っています。


2.3日これをすぎれば・・・
今、その戦いに打ち勝てるかどうかの瀬戸際だそうです






名前は預りさんに決めてもらいました



「スパーク」(名前間違えていました、すみません)




スパーク、頑張れ!

負けるな。

生還せなアカンで。

そしてとびきりの幸せを掴まなアカンねん。




だから、だから




生きて!









明日また様子を見にいってきてまた報告します






にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村




和来といい、スパークといい
心配な子が続き
私自身も心が折れそうです…



人気ブログランキングへ





お問い合わせ、希望はRe:Startまで


バナー





22:11  |  「スパーク」スタンダードプードル  |  TB(0)  |  CM(24)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |